image_print

貧しい性生活が出生率低下の原因に(2007.3.26掲載)

多くの日本人の性生活が不活発な理由のひとつに、仕事の忙しさがもたらすストレスがあり、そのことが原因で出生率が低下していることが、先ごろ発表された日本家族計画協会(JFPA、東京)の調査で明らかにされた。 16~49歳の男 […]

Read More
Image

中年女性を襲う摂食障害の危険性(2007.3.26掲載)

空腹に耐えてやせ細ることが、気分よくて止められない。食べたいだけ食べ、後で家族に知られないようにこっそり下剤を飲む。こうした拒食症や過食症は、かつては10代の少女の健康問題と考えられていたが、最近では、中年女性で増加して […]

Read More
Image

買物リストでは健康食は選択できない(2007.3.26掲載)

スーパーマーケットへ行く前に買物リストを書き出す行為は、衝動買いの入り込む隙を作り出す。さまざまな食品を思い出す過程が、クッキーやポテトチップなど、非健康的な食品をリストに載せてしまうきっかけになるようだ。

Read More

肥満と心臓病の関係解明にはまだ研究が必要(2007.3.26掲載)

肥満と心疾患はともに関連し合っているとされているが、その結びつきは複合的であり、まだ十分には解明されていないことが、医学誌「Journal of Investigative Medicine」3月号掲載の報告で指摘されて […]

Read More

一時的なダイエット法には要注意(2007.3.26掲載)

一時的なダイエット法とは、素早く劇的に体重を落とす減量プラン。米国家庭医学会(AAFP)は、こうしたダイエット法は、長期的に減量効果が出ることはまれで、逆に有害な結果をもたらす可能性があると忠告している。 AAFPによる […]

Read More
Image

米食品医薬品局が睡眠薬に対する警告を強化(2007.3.22掲載)

一般的に使用されている処方睡眠薬に、危険を伴う副作用を引き起こす可能性のあるとの警告を、先ごろ米国食品医薬品局(FDA)が発表した。この副作用には、重篤なアレルギー反応のほか、完全に目覚めていない状態で車を運転し、そのこ […]

Read More
Image

降圧薬のACE阻害薬に肺癌(がん)縮小効果(2007.3.22掲載)

高血圧の治療に広く使用されているアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬に、肺癌(がん)を縮小させる効果のあることがマウスの研究で示された。ヒトでの研究も近く予定されており、有害性の少ない治療効果が得られることになれば、 […]

Read More

学生の飲酒を減らすオンラインツール(2007.3.22掲載)

e-CHUG (electronic Check-Up to Go)と呼ばれるオンラインプログラムが、米国の大学生の飲酒に対する認識を改めさせ、アルコール摂取を減らすのに有用であることが明らかになった。 米テキサス大学公 […]

Read More

心臓発作患者には人工呼吸をしないほうがよい(2007.3.22掲載)

心停止を来たした患者の蘇生を行う際に、胸部圧迫に加えてマウスツーマウスの人工呼吸をすると、胸部圧迫のみの場合よりも効果が低くなることが、駿河台日本大学病院救急医学助教授の長尾建氏らの研究によって明らかにされた。この知見は […]

Read More

家庭内でのストレスが強い小児は発熱しやすい(2007.3.19掲載)

家庭のストレスが原因で、小児の発熱リスクが高まることが、米医学誌「Archives of Pediatric and Adolescent Medicine」3月5日号掲載の研究で明らかにされた。研究者は、今回の研究結果 […]

Read More