image_print

乳児期の鉄欠乏が10代での認知力に影響(2006.11.06掲載)

乳児期に鉄分が欠乏していた10代の子供は、同年代の他の子供と比較して、思考力、学習力、記憶力を測定した認知テストの点数が低く、特に貧困層でその差が顕著なことが米国の研究で明らかにされた。研究結果は、米医学誌「Archiv […]

Read More
Image

大切な心身のバランス(2006.11.04掲載)

健全な肉体は健康な精神から作られる きちんと食べ、十分な睡眠を取り、必要な時は医師に診てもらう。これらはすべて体のために良いことだが、本当に健康な体は、刺激があり満たされた心から作られるという研究結果もある。 専門家によ […]

Read More
Image

子宮頸がん検診(2006.11.03掲載)

40歳以上の女性ではHPV検査が有効 ヒトパピロマウイルス(HPV)は子宮頸がんの主な原因として知られ、今年(2006年)6月にはこの感染症を予防するためのワクチンが米国で承認された が、子宮内膜にHPVが存在するか否か […]

Read More
Image

癒(いや)し?それともまやかし?(2006.11.02掲載)

アロマセラピー論争 アロマセラピーは、関節炎から嘔吐感、眠気までさまざまな健康問題の緩和につながる、手ごろで利用しやすい自然な方法だと賛成派は主張する。一方、反対派 は、花や草木から取れた精油が健康を促進するといういかな […]

Read More

新しい検査法で認知症を早期に発見(2006.11.02掲載)

標準検査(テスト)で見落とされがちな高齢者の早期の軽度認知障害が、新しい手法で検出可能なことが米国の研究で明らかになった。検査法を開発した米セントルイス大学(ミズーリ州)の研究結果は、米医学誌「American Jour […]

Read More
Image

早期かつ定期的なケアが必要(2006.11.01掲載)

妊娠中の歯周病治療は早産を予防しない 妊娠中の歯周病の治療は、早産や低体重児の発生率を改善しないことが、米国の研究で明らかになった。米国では、新生児の10人に1人以上が妊娠37週未満 の早産で、その割合はここ15年間増加 […]

Read More
Image

大腸癌(がん)リスクは男性の方が高い(2006.11.01掲載)

大腸癌(がん)の原因となるポリープは、女性よりも男性に多くみられることを示したポーランドのグループによる研究が、「New England Journal of Medicine」11月2日号に掲載された。大腸癌検診ガイド […]

Read More
Image

運動で加齢性の眼疾患リスクが軽減(2006.11.01掲載)

よく運動をする人は、加齢(性)黄斑変性(AMD)と呼ばれる眼疾患の重症型発症リスクが低いという報告が、医学誌「British Journal of Ophthalmology」オンライン版に10月31日掲載された。AMD […]

Read More
Image

大手たばこ会社のアンチ喫煙広告が10代の喫煙をあおる(2006.11.01掲載)

大手たばこメーカー制作の、親を対象とした喫煙反対(anti-smoking)テレビコマーシャルが、子供の喫煙のきっかけとなっていることが、オーストラリアのビクトリア癌(がん)協議会(The Cancer Council […]

Read More
Image

医師と患者のチームワークでうつ病を打ち負かす(2006.11.01掲載)

医師と協力して多様な治療法を試み、自分に最適な方法を見出すことで大うつ病患者の3分の2以上で症状がなくなることが、米国の研究で明らかにされた。治療法には、抗うつ薬治療や認知療法などが含まれる。同研究の最終結果は、米医学誌 […]

Read More