image_print

血栓と塞栓の違い(2006.11.16掲載)

血液が凝固してできる塊を血餅(けっぺい、clot)という。この血餅には、形成される部位や形成のされ方によって異なる呼び名がある。 米国立医学図書館(NML)によると、血管または心臓内で形成され、他の部位に移動しないものを […]

Read More
Image

男性で片頭痛が心疾患リスクに関連(2006.11.15掲載)

片頭痛のある男性では、心臓発作のリスクがより高いことが、医療従事者を対象とした米国の研究で明らかになった。先ごろシカゴで開かれた米国心臓協会 (AHA)年次集会で、米ブリガム&ウィメンズ病院(BWH、ボストン)医学助教授 […]

Read More
Image

心のケアが大事(2006.11.14掲載)

乳がん告知は精神的ダメージが大きい 乳がんと診断されたばかりの女性の半数近くが、ひどく悩んだり、うつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神的不調を訴えていることが、米国の研究で明らかになった。 多くの場合、こう […]

Read More
Image

チョコレートで血液凝固リスクが軽減(2006.11.14掲載)

「チョコレート中毒」の人の血小板は、血液凝固を起こしにくいという報告が、シカゴで開催された米国心臓病協会(AHA)年次集会で発表された。この知見は、米ジョンズ・ホプキンス大学(ボルチモア)医学部のDiane Becker […]

Read More

まれに存在する精液アレルギー(2006.11.14掲載)

性交後に性器のかゆみ、灼熱(しゃくねつ)感などを生じる女性は、精液アレルギーの可能性があるという。症状は、単なる刺激感からアナフィラキシー (過敏性)ショックまで幅広い。死亡例は報告されていないものの、ハチ毒やピーナッツ […]

Read More

腕の運動が末梢性動脈疾患患者の足を動かす(2006.11.14掲載)

有酸素(エアロビック)の腕運動により、末梢性動脈疾患(PAD)患者の脚の痛みが軽減し、より楽に歩けるようになることが米国の研究で明らかに なった。PDAでは、四肢(通常は脚)の動脈が、プラークの形成、血管狭窄などで、筋肉 […]

Read More
Image

ピオグリタゾンが動脈肥厚を遅延(2006.11.13掲載)

心疾患リスク低減への新しい戦略となる可能性も 広範に用いられている糖尿病治療薬ピオグリタゾン (商品名:アクトス)に、動脈壁の肥厚を遅延させる可能性があることを示す研究結果が、米シカゴで開かれた米国心臓病協会(AHA)年 […]

Read More
Image

赤身の肉が乳癌(がん)リスクを上昇させる(2006.11.13掲載)

ステーキやハンバーガーをはじめ赤身の肉が、若年女性のエストロゲン受容体陽性乳癌(がん)リスクを上昇させることが米国の研究で明らかになった。「エス トロゲン受容体陽性(+)」乳癌は、体内を循環するエストロゲンやプロゲステロ […]

Read More
Image

気分転換を図る(2006.11.10掲載)

薬以外の方法でうつ症状を改善 毎年、何百万人もの米国人がうつ病と診断され、多くの場合専門家による心理療法や薬物療法が行われる。治療薬として、SSRI(選択的セロトニン再取り込 み阻害薬)が一般的に幅広く使用されている一方 […]

Read More

年間300万人が高血糖で死亡(2006.11.10掲載)

高血糖に起因する糖尿病、心疾患および脳卒中によって、世界で年間約300万人が死亡していることが判明し、医学誌「The Lancet」11月11日号で報告された。研究を率いた米ハーバード大学(ボストン)公衆衛生学部のMaj […]

Read More