image_print
Image

重度の前立腺肥大症を早期発見できる新しい検査法(2007.2.26掲載)

重度の前立腺肥大症(BPH)を検出する血液検査法が、米国の研究者らによって開発された。BPHの症状には、切迫した尿意や頻尿が挙げられるが、これらは、重症BPHでより顕著になる。重症BPHは、治療せずに放置すると膀胱に合併 […]

Read More
Image

妊娠中の魚摂取が児の精神機能発達の助けに(2007.2.26掲載)

妊娠中、1週間に3食以上魚を摂取する母親から生まれた児は、精神機能テストで高得点をマークすることが、米英共同の研究で明らかにされた。これは、妊婦の魚摂取にして米国環境保護庁(EPA)と米国食品医薬品局(FDA)が行ってい […]

Read More
Image

小児のスポーツ傷害が急増(2007.2.26掲載)

小児のスポーツは、少なくとも傷害に関しては、プロスポーツと肩を並べる状況になっていることが、先ごろサンディエゴで開催された米国整形外科学会(AAOS)で発表された研究で明らかになった。深刻な傷害が小さなアスリートに多数発 […]

Read More

血糖値の変動がインスリン産生細胞の増大に影響(2007.2.1掲載)

マウス実験で糖尿病発症機序の一部が明らかに血糖値の変動がインスリン産生細胞の増大に影響 血糖値の変動によって2 型糖尿病の発症を予防できる可能性が、東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授の門脇孝氏らの研究で明らか […]

Read More

マンモグラフィー受診にあたっての心得(2007.2.5掲載)

40歳以上の女性は、乳癌(がん)検査のために1~2年に1度マンモグラフィー(乳房撮影)を受けるよう勧められている。

Read More

健康な65歳以上の女性での骨密度再測定は不要(2007.2.5掲載)

健康な閉経後高齢女性の骨塩量(BMD)測定は、初回の検査から8年後に再測定を行っても、骨折の予測能力が向上するものではないことが、米医学誌「Archives of Internal Medicine」1月22日号掲載の研 […]

Read More

指圧が認知症患者の激越軽減に効果(2007.2.5掲載)

定期的な指圧療法は、認知症患者の激越性(興奮した)の行動を軽減させることが、米医学誌「Journal of Clinical Nursing」2月号掲載の、台湾の小規模研究で明らかにされた。

Read More
Image

一度に大量の飲酒が最も大きな脅威(2007.2.5掲載)

アルコールを過剰摂取する米国人の多くは、完全なアルコール依存症ではなく、「大量飲酒者」であることが、米ニューメキシコ州の調査で明らかにされた。短時間に一気に度を過ごした飲み方をするこれら大量飲酒者は、アルコール関連の障害 […]

Read More
Image

適量のコーヒーは早産リスクを高めない(2007.2.5掲載)

妊娠中でも、適量のカフェイン摂取であれば、早産や低体重児出産のリスクを大きく上昇させないことが、英医師会誌「British Medical Journal」1月27日号掲載の研究で明らかにされた。ただし、コーヒーが妊娠女 […]

Read More
Image

腹腔鏡による子宮摘出術が可能(2007.2.5掲載)

子宮摘出術は、子宮がんのほか重症の子宮筋腫や子宮内膜症の治療でも行われる。従来は下腹部を切開して摘出していたが、その後、膣から子宮を取り出す膣式手術が開発され、最近では技術の進歩により、腹腔鏡を用いる子宮摘出術も急速に普 […]

Read More