image_print

少量の運動でも定期的に行うことで健康増進効果(2006.06.12掲載)

太り過ぎのいわゆる“カウチポテト族”にとって、「エクササイズ」という言葉は、気忙しいエアロビッククラスやランニング、ジムでの長時間のトレーニングを連想させ、試みる気持ちをくじかせてしまいがちになる […]

Read More
Image

2型糖尿病高リスク者では抗うつ薬により発症リスクが増大(2006.06.10掲載)

治療薬群では服用よるリスク低い 2型糖尿病高リスク者では抗うつ薬の服用により糖尿病の発症リスクが高まることが、米ワシントンDCで開かれた米国糖尿病学会(ADA)で報告された。 2002年に報告された糖尿病予防プログラム( […]

Read More
Image

台所の食料品棚は“薬”の宝庫(2006.06.09掲載)

病気の予防や治療によい飲食物 医師が薬の代わりに、「チョコレート2口、赤ワイン1口、魚1切れの飲食」を処方することも、あながち現実離れした話ではなくなってきた。最近の研究で、一部の飲食物に病気を予防するだけでなく治癒力も […]

Read More
Image

新生児の泣きぐずりは親の抱きパターンと関連(2006.06.09掲載)

新生児が過剰に泣いたり、夜寝なかったりするのは、親の抱く時間が影響することが、英ロンドン大学研究者のIan St. James-Roberts氏らの研究で明らかになった 今 回の研究でSt. James-Roberts氏 […]

Read More
Image

喘息吸入薬で死亡リスクが増大(2006.06.08掲載)

一部の喘息吸入薬に関する議論が以前から続いているが、新たなデータの見直しにより、この吸入薬が喘息による死亡リスクを3倍以上に増大させるという結果 が報告された。問題の薬剤は、長時間作用性β(ベータ)刺激気管支拡 […]

Read More
Image

音楽療法が健康や治癒を促進(2006.06.07掲載)

医療器具には突き刺したり刺激したりするものが多いが、それが顔をしかめずに済む、弦や太鼓と知れば患者は大いに安心するだろう。 音楽療法とは、音楽を利用して治療効果を得ようとする手法だが、ここでの音楽は、ストレスを軽減し、痛 […]

Read More

ハーブサプリメントの摂取は慎重に(2006.06.07掲載)

ハーブサプリメント(栄養補助食品)製造者は、関節炎、頭痛、風邪などの疾患や症状の治療や予防にサプリメントが役立つと宣伝するが、米国家庭医学会(AAFR)は、摂取するならば、自分の病気について事前にしっかり調べるべきだと忠 […]

Read More
Image

(2007.1.11) 減量薬は本当に有益か?

減量薬は本当に有益か? 米国では何百万人もの人が体重を減らすための薬剤を使用しているが、その長期的なリスクと利益は不明確であるとのカナダ研究者による見解が、英医学誌「The Lancet」1月6日号に掲載された。 この研 […]

Read More