image_print

赤ワインは体によい(2006.10.02掲載)

赤ワインは、食事とともに楽しめる味わい深い飲み物というだけでなく、フラボノイドと呼ばれる抗酸化物質を豊富に含んでおり、心臓を保護する働きをもつ。 最近の研究で、赤ワインを飲むと(ただし1日にグラス1杯[4オンス、約120 […]

Read More
Image

男性も“強迫性買物”に陥る(2006.10.01掲載)

米国成人の20人に1人が買物を止められない、いわゆる“買物依存症”的状況にあるといわれるが、これは女性に限られたものではなく男性もこの「強迫性買 物 (購入)compulsive buying」を […]

Read More

若年肥満者に憩室炎リスク(2006.10.01掲載)

これまで50歳以上の疾患とされていた結腸疾患の急性憩室炎が、今では若年肥満者にも見られることが、米メリーランド大学医療センターの研究で明らかになった。 急性憩室炎には共通して低繊維食が関与している。これが原因で結腸への圧 […]

Read More
Image

正常体重でも注意が必要(2006.09.29掲載)

初妊娠後の体重増加は次回妊娠時に合併症を招く 初めての妊娠後の体重増加は、2回目の妊娠時や出産時に合併症をもたらすことが、スウェーデンのデータを基にした研究で明らかになった。医学的に過体重(肥満指数として用いられるBMI […]

Read More
Image

兄弟に関節リウマチ患者がいる女性はリウマチの重症化リスク大(2006.09.29)

兄弟が関節リウマチ(RA)に罹患している女性は、重度のRAを発症する確率が高いことが新しい研究によって示され、米医学誌「Arthritis & Rheumatism」10月号に掲載された。RAは関節に極度の痛みを […]

Read More

バレット食道(2006.09.29掲載)

バレットBarrett's食道は、慢性胃食道逆流性疾患(GERD)や炎症性食道などで食道を覆う細胞が損傷し、細胞異常を来す疾患で、食道癌(がん)に進展する可能性がある。 米オハイオ州立大学医療センターによると、バ […]

Read More
Image

1型糖尿病治療に用いられる膵島細胞移植はまだ不完全(2006.09.28掲載)

免疫抑制の技術向上が鍵握る 1型糖尿病患者への膵島細胞移植では、移植を受けた患者の半数近くがおよそ1年間のインスリン離脱に成功するが、2年目が過ぎるころにはその率は16%に低下してしまうことが、「New England […]

Read More
Image

脳卒中後のうつ病を見過ごす(2006.09.28掲載)

脳卒中後にうつ病を発症する患者が17%に及びながら、抗うつ薬治療を受けている人が5分の1に過ぎないことがオーストラリアの研究で明らかになった。米サウスカロライナ医科大学疫学教授で米国心臓協会(AHA)スポークスマンのDa […]

Read More

肝臓移植後の生存状況は女性のほうが良好(2006.09.28掲載)

肝臓移植後の生存状況は、男性より女性で良好なことが英クイーンエリザベス病院(バーミンガム)の研究で明らかになった。 英医学誌「Gut」9月28日オンライン版掲載の同研究は、1985~2003年に肝臓移植術を受けた約2,7 […]

Read More

レプチン強化の遺伝子操作マウスでインスリン過剰分泌を抑制(2006.09.27掲

2型糖尿病の付加的治療になる可能性 食欲をつかさどるホルモンであるレプチンの産生を遺伝子操作で強化することによって、インスリンの過剰分泌を抑制で きることが、米フロリダ大学(フロリダ州ゲインズビル)などが行った動物実験の […]

Read More