image_print
Image

バランスの良い食事を心がける(2006.09.01掲載)

妊娠中のビタミンE不足が赤ちゃんの喘息(ぜんそく)を招く 妊娠中に極端なビタミンE不足に陥ると、赤ちゃんが5歳までに喘息(ぜんそく)になるリスクが高まることが、スコットランドの研究で明らかになった。 研 究は、1997年 […]

Read More
Image

分かっちゃいるけど・・・(2006.09.01掲載)

米国人の多くは果物と野菜の摂取不足 十分な果物と野菜の摂取が健康維持に重要なことは広く伝えられているが、米国で実際に推奨されている量を摂取している人は少ないことが、新しい研究で明らかになった。 研 究者らは、1999~2 […]

Read More
Image

医療関係者への警鐘(2006.08.31掲載)

危険性の少ない妊娠でも帝王切開で新生児の死亡率増加 正常な妊娠でも帝王切開で出産すると、通常の経膣分娩による出産に比べて新生児(生後28日以内)の死亡率が高いことが、米国の調査で明らかになった。 米 国で2004年に帝王 […]

Read More
Image

妊婦のカウンセリングに有益(2006.08

出産前検査に伴う流産率は低い 出産前に行う一般的な検査のうち、羊水穿刺(せんし)検査と絨毛(じゅうもう)膜絨毛検査(CVS)によって起こる流産の確率は低いことが、米国の調査で明らかになった。 羊 水穿刺検査は、胎児の染色 […]

Read More
Image

ジュースでアルツハイマー病のリスク軽減(2006.08.31掲載)

フルーツジュースや野菜ジュースをよく飲む人は、アルツハイマー病の発症リスクが大幅に低いことが示された。ジュースを週1回未満しか飲まない人に比べ、週3回以上飲む人ではアルツハイマー病の発症率が76%低く、週1~2回飲む人で […]

Read More
Image

高脂肪食の悪影響を運動で回避(2006.08.31掲載)

高脂肪食を摂取しても、その1~2時間後に運動をすれば動脈への潜在的なダメージが回避できることが、医学誌「European Journal of Applied Physiology」9月号掲載の研究で報告された。研究著者 […]

Read More
Image

怒りは肺機能を低下させる(2006.08.31掲載)

長期にわたる敵意や怒りの感情が肺機能に損傷を与え、加齢に伴う肺活量の低下を加速させることが、米ハーバード大学(ボストン)医学部の研究で明らかにさ れた。高齢者において、敵意や怒りは心疾患や喘息などを含む他の多くの健康障害 […]

Read More

癌(がん)の遺伝子治療に成功(2006.08.31掲載)

遺伝子治療によって実際に癌(がん)を食い止めることができることが初めて示された。メラノーマ(黒色腫)の患者2人で18カ月にわたる寛解がみられたという米国立癌研究所(NCI)のSteven Rosenberg博士らの報告が […]

Read More

慢性腎疾患が心臓の負担に(2006.08.31掲載)

慢性腎疾患は、腎臓が体内のミネラルと水分のバランスを正常にコントロールできなくなることで発症する。その際、腎臓は体内の老廃物を効率的に排出する能力も失ってしまう。 米国腎臓財団(NKF)は、腎疾患を治療せずに放置しておく […]

Read More
Image

全米31州で成人肥満が増加(2006.08.29掲載)

米国人の3分の2に糖尿病などのリスク 全米の州ごとの肥満率を集計しているNPO組織 「Trust for America's Health(TFAH)」はこのほど、2004年の年次報告を発表、連邦政府や州を挙げた […]

Read More