image_print

家族歴があると遺伝子変異なしでも乳癌(がん)リスクが高い(2006.11.09掲

近親に乳癌(がん)患者のいる女性は、乳癌の原因とされる遺伝子の突然変異がみられなくても、依然として乳癌発症リスクが高いという知見が、医学誌「Journal of Medical Genetics」オンライン版に11月1日 […]

Read More

診断に迷った医師もGoogleの恩恵(2006.11.09掲載)

インターネット検索エンジンで最も人気があるGoogle(グーグル)。英医師会誌「British Medical Journal」11月11日号掲載の研究によると、診断が困難なケースで医師がGoogle検索に助けられること […]

Read More
Image

負担を軽減(2006.11.08掲載)

早期乳がんに短期間の高線量放射線治療が有効 早期乳がんの治療は、一般的にはまず腫瘍を摘出し、再発リスクを軽減するために術後に放射線治療が行われるが、放射線照射は通常、週5日6~7週間にわ たって外部から乳房全体に行うため […]

Read More
Image

“へビー”な反応(2006.11.08掲載)

喫煙は受精卵の子宮着床にも悪影響 重度の喫煙が卵巣に悪影響を与え、不妊をもたらす原因となることはすでに知られているが、今回新しく子宮にも影響を及ぼして不妊率をさらに高めることが、ポルトガルの研究で明らかになった。 研 究 […]

Read More

糖尿病患者を心臓移植の適応から除外すべきではない(2006.11.08掲載)

ただし臓器障害が不適応要因に 合併症のない糖尿病患者では、糖尿病のために心臓移植を躊躇(ちゅうちょ)する必要はないことが、米コロンビア大学国際保健科学研究センター(ニューヨーク)のMark Russo博士らによる研究で明 […]

Read More
Image

細胞移植によりマウスの視覚が回復(2006.11.08掲載)

網膜に細胞を移植することで、失明したマウスの視覚の回復に成功したという報告が、科学誌「Nature」11月9日号に掲載された。移植に用いられた 「光受容器前駆細胞」は、未分化の幹細胞ではなく、細胞発生が進み、既に特定の種 […]

Read More
Image

低炭水化物食は女性の心臓によい(2006.11.08掲載)

低炭水化物食で女性の心疾患リスクの上昇が抑えられることが、米国での女性を対象とした大規模研究で明らかになった。ただし、これは動物性脂肪の摂取を勧める低炭水化物食として知られる「アトキンソン・ダイエット」のことではない。 […]

Read More

湿疹の発生を防ぐ(2006.11.08掲載)

湿疹は、皮膚が部分的に赤くなり、刺激および痒みを生じる疾患である。気候、ストレスまたは洗剤のような特定の物質が引き金となって突発的に発生する。 米プリンストン大学(ニュージャージー州)ヘルスサービスは、湿疹の発生を予防す […]

Read More
Image

幹細胞移植で将来的に糖尿病を完治できる可能性(2006.11.07掲載)

マウス実験では腎障害も修復 幹細胞移植によって、将来的に糖尿病を根治できる可能性が、米チューレン大学健康科学センター(ニューオーリンズ)遺伝子治療センター長のDarwin Prockop氏らの研究結果で示された。米科学ア […]

Read More
Image

抗マラリア薬がメタボリックシンドロームに有効(2006.11.07掲載)

数十年前からマラリア治療に利用されている薬剤クロロキンで、メタボリックシンドロームの症状が改善されるという報告が、医学誌「Cell Metabolism」11月号に掲載された。 米 国で成人の4人に1人が罹患しているメタ […]

Read More