image_print

癌(がん)の遺伝子治療に成功(2006.08.31掲載)

遺伝子治療によって実際に癌(がん)を食い止めることができることが初めて示された。メラノーマ(黒色腫)の患者2人で18カ月にわたる寛解がみられたという米国立癌研究所(NCI)のSteven Rosenberg博士らの報告が […]

Read More

慢性腎疾患が心臓の負担に(2006.08.31掲載)

慢性腎疾患は、腎臓が体内のミネラルと水分のバランスを正常にコントロールできなくなることで発症する。その際、腎臓は体内の老廃物を効率的に排出する能力も失ってしまう。 米国腎臓財団(NKF)は、腎疾患を治療せずに放置しておく […]

Read More
Image

全米31州で成人肥満が増加(2006.08.29掲載)

米国人の3分の2に糖尿病などのリスク 全米の州ごとの肥満率を集計しているNPO組織 「Trust for America's Health(TFAH)」はこのほど、2004年の年次報告を発表、連邦政府や州を挙げた […]

Read More

ニコチン離脱症状は30分で始まる(2006.08.29掲載)

ニコチン離脱(禁断)症状の最初の徴候は、最後に喫煙してから約30分で現れることがわかった。米H. Lee. Moffitt癌(がん)センター(フロリダ州)のThomas H. Brandon氏らの研究で、医学誌「Psyc […]

Read More

10代を対象とした新コレステロールガイドライン(2006.08.29掲載)

10代のコレステロール値で、成人後の心疾患の高リスク者を特定するよりよい手法を考案したことを、カナダの研究者らが米医学誌「Circulation」オンライン版8月28日(出版は9月5日号)に報告した。 ク イーンズ大学( […]

Read More

十分な食物繊維の摂取を(2006.08.29掲載)

食物繊維には、コレステロールの低下を助ける作用や、心疾患および糖尿病のリスクを軽減させる働きがあることがわかっている。 健康的な食生活に欠かせない食物繊維は、さまざまな食材に含まれているほか、サプリメント(栄養補助食品) […]

Read More
Image

肥満とがんとの関係(2006.08.28掲載)

肥満は卵巣がんを悪化させる 米国では毎年約2万人が新たに卵巣がんと診断され、約1万5,000人が死亡している。肥満が卵巣がんの生存率や病気の進行に影響していることが、米国の研究で明らかになった。 卵巣がんは自覚症状が乏し […]

Read More
Image

長時間労働が高血圧の原因に(2006.08.28掲載)

長時間の労働が高血圧のリスクを増大させる可能性があることが、医学誌「Hypertension」9月号に掲載された。米カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)労働環境衛生センター長Dean Baker博士らは、2001年に […]

Read More
Image

小児アレルギーが世界的に拡大(2006.08.25掲載)

アレルギーや喘息をもつ小児、中でも年少児の数が世界的に増加していることが、英医学誌「The Lancet」8月26日号掲載のニュージーランドの研究で明らかになった。1991年に「小児期の喘息とアレルギーに関する国際調査( […]

Read More

喫煙が乳癌(がん)をもたらす機序が明らかに(2006.08.25掲載)

喫煙が正常な乳房細胞が持つ、損傷したDNAの修復能力を阻害することにより、癌(がん)化を引き起こすことが米フロリダ大学の研究者らによって明らかにされた。 研究者らは、実験室で乳房上皮細胞にたばこの煙に含まれる凝縮物(人工 […]

Read More