image_print

スタチン系薬剤が白内障リスクを軽減(2006.06.20掲載)

コレステロール低下薬のスタチン系薬剤を服用している高齢患者では、服用していない患者に比べ、水晶体の中央部分に濁りを生じる最も一般的な核性白 内障の発症率が40%低いことが、ある地域の人口集団を対象に行われた観察研究で明ら […]

Read More
Image

若年層では要注意(2006.06.19掲載)

抗うつ薬が睡眠行動障害を助長 抗うつ薬を服用している人に、レム睡眠行動障害(RBD)の症状が多くみられることが、米国の研究で明らかになった。 レム睡眠の間は、脳は覚醒に近い状態で夢をよく見るが、筋肉は麻痺(まひ)している […]

Read More
Image

野菜は心臓を健康にする(2006.06.19掲載)

「自分の動脈をいとおしく思うなら、野菜を食べよう」。マウスの研究で、野菜を豊富に含む食餌を摂取したグループでは、動脈が硬くなるアテローム性動脈硬 化症のリスクを38%低下させることを明らかにした、米ウェイク・フォレスト大 […]

Read More

小児用咳止めパッチ剤をメーカーが自主回収(2006.06.19掲載)

咳止め用パッチ剤をかんだ小児が痙攣(けいれん)を起こしたという報告を受け、メーカーがこの製品を回収したことをAP通信が報じた。 問題のパッチ剤は、Triaminic Vapor Patch(編集注=日本では未発売だが、個 […]

Read More

カフェインの摂り過ぎに要注意(2006.06.19掲載)

朝のコーヒーやお茶から、ランチタイムの炭酸飲料、おやつのチョコレートまで、カフェインは多くのものに含まれている。頭痛薬などの鎮痛薬にも含まれる。 米国立医学図書館(NLM)によると、カフェインは中枢神経系を刺激する物質で […]

Read More
Image

歯と舌のケアを十分に(2006.06.18掲載)

口臭予防の簡単なテクニック 他人の口臭は気になっても、自分では気づきにくいもの。口臭は、口に残った食べかす、口腔内の乾燥、ある種の疾患などから起こるが、周りの人を不快にさせる前に、ちょっとした注意で防止が可能。米メイヨー […]

Read More
Image

“男のさが”(2006.06.16掲載)

男性は女性を性的対象として見がち 男女間のコミュニケーションギャップを表す、興味深い結果が、米国の研究で明らかになった。男性は、5分間話しただけの初対面の女性を、性的な視点で評価し、相手も自分に性的魅力を感じていると勘違 […]

Read More

西洋風生活は清潔すぎて病気に弱い(2006.06.16掲載)

研究室で飼育されたマウスおよびラットを野生のものと比較した研究から、免疫系が自然の病原菌に曝露することによって疾患に対する防御力が形成される、という考えを裏付ける結果が示された。 米 デューク大学(ノースカロライナ州)実 […]

Read More

股関節骨折が世界的に大発生の兆し(2006.06.16掲載)

加齢による骨粗鬆(しょう)症の増加に伴い、世界的に股関節骨折がまん延する危機が迫っているという見解が英医学誌「Lancet」6月17日号に 掲載された。オーストラリア王立ノースショア病院のPhilip Sambrook博 […]

Read More

かんきつ類果汁が骨折予防に有効(2006.06.16掲載)

オレンジやグレープフルーツなどのかんきつ類果汁を毎日グラス2杯摂取すると、骨粗鬆(しょう)症による骨折を防げることが、米テキサス A&M大学キングスビル校でのラットの研究で明らかにされた。骨粗鬆症は、加齢とともに […]

Read More