プロ版

テプリズマブは1型糖尿病の発症を遅延させる

Teplizumab(テプリズマブ)が1型糖尿病の発症高リスク状態にある人の膵β細胞機能を改善し、1型糖尿病発症を遅延させることを示したデータが報告された。同薬を14日間投与するという1コースの治療で、その効果が認められたという。米インディアナ大学のEmily K. Sims氏らの研究によるもので、詳細は「Science Translational Medicine」に3月3日掲載された。 Sims氏らは、近親者に1型糖尿病患者がいてハイリスクであるものの1型糖尿病未発症の被験者を対象とする、プラセボ対照ランダム化比較試験を実施。テプリズマブまたはプラセボを14日間投与し、その後の膵β細胞機能の変化、および1型糖尿病の発症率を比較検討した。本報告は、923日(中央値)追跡した時点の結果をまとめたもの。 本報告における追跡終了時点まで1型糖尿病未発症だったのは、プラセボ群22%、テプリズマブ群50%であり、発症ハザード比は0.457(P=0.01)とリスクが半減していた。また、テプリズマブまたはプラセボの投与から1型糖尿病発症までの期間の中央値は、プラセボ群の27.1カ月に対し、テプリズマブ群は59.6カ月だった。 テプリズマブ群では膵β細胞機能の改善も認められた。具体的には、研究登録時点のインスリン分泌能はテプリズマブ群の方が低かったが、追跡期間中に逆転。その後もプラセボ群では分泌能の低下が続いたのに対し、テプリズマブ群では安定していた。C-ペプチドの曲線下面積(AUC)の平均値は、プラセボ群の1.72pmol/mLに対してテプリズマブ群は1.94pmol/mLであり、年齢とベースライン時の値で調整後も両群間に有意差が認められた(P=0.006)。なお、テプリズマブまたはプラセボ投与後のプロインスリン/C-ペプチド比は、両群間に有意差がなかった。 著者らは、「1型糖尿病を発症する可能性の高い子どもたちが、未発症のまま成長していくことは、非常に重要なことだ」と述べている。 なお、一部の著者は、テプリズマブを開発中のProvention Bio社との利益相反(COI)に関する情報を明らかにしている。(HealthDay News 2021年3月12日) https://consumer.healthday.com/teplizumab-can-dela... Abstract/Full Text Copyright ©...

COVID-19パンデミックにより心臓手術が減り転帰は悪化

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、米国での心臓外科手術数が大幅に減少し、患者の転帰が悪いことが、米国胸部外科医学会(STS)年次集会(1月29~31日、バーチャル開催)で報告された。 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のTom C. Nguyen氏らは、STS成人心臓外科手術データベース(2018年1月1日~2020年6月30日)を照会し、国および地域レベルで手術数、傾向、転帰を調べた。COVID-19の流行については、米ジョンズ・ホプキンス大学のCOVID-19データベースを用いた(2020年2月1日~2021年1月1日)。 71万7,103人の成人心臓外科患者と2000万人強のCOVID-19患者のデータを調べた結果、成人心臓外科手術数は2019年に比べ全米で53%減少、待機的(選択的)手術は65%減少したことが判明。COVID-19の影響は、中部大西洋岸とニューイングランドで最も大きく、心臓手術全体で71%減少、待機的手術は75%減少した。COVID-19前のベースラインと比較すると、中部大西洋岸およびニューイングランドでは、単独冠動脈バイパス術でのO/E比(2020年2月1日~2021年1月1日)は最大1.48だった。 「COVID期間中に心臓手術を受けた場合、罹患率・死亡率のリスクが高まる。COVIDの我々への影響が大きいことは疑いない」とNguyen氏は述べている。(HealthDay News 2021年2月10日) https://consumer.healthday.com/pandemic-tied-to-dr... Press Release More Information Copyright © 2021 HealthDay. All...

肥満者は35歳から糖尿病スクリーニングを――米国予防医学専門委員会

米国予防医学専門委員会(USPSTF)は3月16日、過体重または肥満者に対し行っている前糖尿病および糖尿病のスクリーニングの対象年齢を、35~70歳とする勧告案を発表した。スクリーニング開始年齢が2015年勧告の40歳から引き下げられ、より若い人が対象に含まれることになる。 米ノースカロライナ大学チャペルヒル校のDaniel E. Jonas氏らは、2型糖尿病および前糖尿病状態をスクリーニングする際の適切な血糖判定値を探索するため、89件の報告を対象とするシステマティックレビューを実施。そのうち糖尿病の診断確定後に介入を行った研究報告では、5~10年の追跡期間中の死亡率、およびその他のアウトカムに有意な改善が認められないと結論していた。 一方、糖代謝異常をより早い段階で検出し早期介入を行った研究からは、その後10~20年にわたってアウトカムが改善するというエビデンスが得られた。その介入効果は、主として過体重または肥満で前糖尿病状態にある人の糖尿病発症率低下、および血圧やBMIの低下として認められた。 これらの知見に基づきUSPSTFは、前糖尿病と2型糖尿病のスクリーニング、および、前糖尿病状態の人へ血糖以外の心血管疾患リスク因子の管理も含めた効果的な予防介入を、より若年から実施することにメリットが存在すると判断。結論として、過体重または肥満の糖尿病未発症者に対して、プライマリケアによる糖代謝異常のスクリーニング対象を、35~70歳の成人に適用すべきとし、その勧告案を発表した。USPSTFはこの勧告案を、グレードB(中程度の効果があるという確実性のある推奨)としている。 USPSTFのメンバーの一人で、米マサチューセッツ総合病院のMichael Barry氏は、USPSTF発行のニュースリリースの中で、「スクリーニングにより糖代謝異常を早期発見することは、前糖尿病が糖尿病へと進行して、他の健康問題につながるのを防ぐのに役立つ」と述べている。 USPSTFは現在、この勧告案に対するパブリックコメントを受付中で、期限は4月12日までとなっている。(HealthDay News 2021年3月16日) https://consumer.healthday.com/uspstf-recommends-p... Abstract/Full Text Copyright © 2021 HealthDay....

統合失調症がパーキンソン病の高リスクに関連

統合失調症患者は、その後の人生でパーキンソン病(PD)を発症するリスクが高いことが、「Movement Disorders」1月6日に掲載の研究で示唆された。 トゥルク大学(フィンランド)のTomi Kuusimäki氏らは、統合失調症スペクトラム障害と診断された後のPDリスクを調査。地域データとしてフィンランド南西部で2004~2019年にPDの治療を受けた3,045人を、全国データとして1996~2015年にPDと確定診断された患者2万2,189人を対象とした。 その結果、PD診断前に統合失調症スペクトラム障害と診断されていた患者は、地域データでは0.76%、全国データでは1.50%だったが、年齢を一致させた対照群では、それぞれ0.16%、1.31%だった。統合失調症スペクトラム障害の診断後のPD発症のオッズ比は、地域データで4.63、全国データで1.17だった。 「PDと統合失調症では、脳のドパミン系の正反対の変化が関連していることから、1人の患者で両疾患が生じるのは稀だと思われていた。今回の研究は、その一般的概念を変えるものだ」とKuusimäki氏は述べている。(HealthDay News 2021年2月1日) https://consumer.healthday.com/schizophrenia-tied-... Abstract/Full Text Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

「太っていても運動をすれば健康になる」という説に異議あり

運動しても、過体重や肥満による心血管疾患(CVD)リスクは相殺されないとする研究論文が、「European Journal of Preventive Cardiology」に1月26日掲載された。 アルカラ大学(スペイン)のPedro L. Valenzuela氏らは、「太っていても運動をすれば健康になる」という理論が正しいかどうかを確かめるべく、BMIのカテゴリー、運動量および主要なCVDリスク因子の保有率が、互いにどのように関連しているかを評価する観察研究を行った。BMIのカテゴリーは、正常体重(BMI 20.0~24.9)、過体重(同25.0~29.9)および肥満(同30.0以上)の3つとした。主要なCVDリスク因子は、高コレステロール血症、高血圧および糖尿病の3因子とした。民間保険に加入している52万7,662例(女性32%、平均年齢42.3±9.4歳、平均BMI 26.2±4.3)を解析の対象者とした。 余暇の運動量を、自己申告に基づき、「運動習慣なし」(中強度または強度の運動をしない)、「推奨基準未満の運動習慣あり」(中強度の運動を週150分未満または強度の運動を週75分未満)、および「推奨基準以上の運動習慣あり」(中強度の運動を週150分以上および/または強度の運動を週75分以上)に分類した。ロジスティック回帰を用いて、診察日、参加者の自宅住所、年齢、性別、喫煙などの変数を調整し、BMI、運動量およびCVDリスク因子の保有率が互いにどのように関連しているかを評価した。 BMIカテゴリー別の対象者の割合は、正常体重群が約42%、過体重群が約41%、肥満群が約18%であった。運動量別の割合は、「運動習慣なし」63.5%、「推奨基準未満の運動習慣あり」12.3%、「推奨基準以上の運動習慣あり」24.2%であった。CVDリスク因子の保有率は、高コレステロール血症30%、高血圧15%、糖尿病3%であった。 3つのBMIカテゴリーそれぞれの中において、「推奨基準以上の運動習慣あり」または「推奨基準未満の運動習慣あり」と「運動習慣なし」を比較したところ、全てのCVDリスク因子について、運動による予防効果が確認された。特に糖尿病と高血圧の予防効果は顕著であり、運動量が多いほど効果が大きくなっていた。ところが、今度はBMIカテゴリーの間で比較を行ったところ、過体重群・肥満群では、運動量の程度がどうであろうと、CVDリスクは正常体重群より高かった。つまり、過体重または肥満であれば、運動量が推奨基準未満であっても以上であっても、CVDリスクを相殺することはできない、という結果となった。これらの結果は男女別に解析しても同様であった。 共著者の一人は、「運動を生活習慣に組み入れると過体重や肥満による悪影響は完全に消し去ることができるという考え方があるが、われわれとしては、本研究の結果から、これに異議を唱えたい」と述べている。(HealthDay News 2021年2月2日) https://consumer.healthday.com/study-refutes-fat-b... Abstract/Full...

ペグインターフェロンλがCOVID-19のウイルス量低下を加速

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の外来患者で、ペグインターフェロンλ(ラムダ)の投与がウイルス量低下を加速することが、「The Lancet Respiratory Medicine」2月5日に報告された。 トロント肝疾患センタ―(カナダ)のJordan J. Feld氏らは、検査でCOVID-19と確定された外来患者を対象に、二重盲検プラセボ対照第2相試験を実施。参加者は、ペグインターフェロンλの単回皮下注射を受ける群と、プラセボ(偽薬)群に1対1に割り付けられた(各群30名)。 その結果、3日目以降、ペグインターフェロンλ群ではプラセボ群に比べ、COVID-19の原因ウイルスである重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2(SARS-CoV-2)のRNAの減少が大きいことが判明。7日目でその差は、2.42 log copies/mLだった。7日目までに、ペグインターフェロンλ群の80%、プラセボ群の63%でウイルス量が検出されなくなった。ベースラインのウイルス量の調整後は、ペグインターフェロンλ群では、7日目までにウイルスが検出されなくなる率が有意に高かった(オッズ比4.12)。ベースラインでのウイルス量が106 copies/mLより多かった患者では、7日目にウイルスが検出されなくなったのはペグインターフェロンλ群の79%、プラセボ群の38%だった(オッズ比6.25)。 「この治療法により臨床的悪化を回避でき、感染性の期間を短縮し、隔離期間を短くできる。これは公衆衛生および社会に大きく影響する」と著者らは述べている。 著者らのうち数名は、本研究用の薬剤を提供したEiger BioPharmaceuticals社ほかのバイオ製薬業界との利益相反(COI)を開示している。(HealthDay News 2021年2月9日) https://consumer.healthday.com/peginterferon-lambd... Abstract/Full...

多発性硬化症の女性は待機的帝王切開および誘発分娩を選択する場合が多い

多発性硬化症(MS)の女性では、一般集団と比較して、周産期に重度の有害事象が発生するリスクの差はないが、待機的帝王切開、誘発分娩および在胎不当過小(small-for-gestational-age;SGA)となるリスクが高いことが、「Neurology: Clinical Practice」に2月3日掲載された論文で明らかにされた。 コペンハーゲン大学(デンマーク)のJohanna Balslev Andersen氏らは、妊娠関連のアウトカムおよび周産期のアウトカムを、女性MS患者と一般集団との間で比較する横断的研究を行った。Danish Multiple Sclerosis Registryに登録された女性MS患者をMS患者群とし、1997年1月1日から2016年12月31日までのMS患者群の妊娠を抽出した。対照群は、一般集団からランダムに選択した。MS患者群の妊娠2,930件および対照群の妊娠5万6,958件を解析の対象とした。ロジスティック回帰を用いて潜在的交絡因子を調整し、妊娠関連のアウトカムおよび周産期のアウトカムを両群間で比較した。 その結果、妊娠関連の合併症(妊娠高血圧腎症、妊娠糖尿病または胎盤異常)、緊急帝王切開、器械分娩、低いアプガースコア、死産、早産、または先天奇形のリスクには群間差がなかった。一方、MS患者群の各項目のオッズ比をみたところ、待機的帝王切開が1.89(95%信頼区間1.65~2.16)、誘発分娩が1.15(同1.01~1.31)およびSGAが1.29(同1.04~1.60)と有意に高く、逆に無呼吸を示唆する所見のオッズ比は0.87(同0.78~0.97)と有意に低かった。 共著者の一人は、「待機的帝王切開や誘発分娩によって出産する女性MS患者が多くなる理由は、筋力低下、痙縮、疲労などのMS関連の症状が出産に影響を与える可能性があることを考慮したことによるものと思われる。このようなMS関連の症状は、母体にさらなる負担をかけ、ひいては分娩の合併症を引き起こす可能性がある。臨床医および患者自身が、このような合併症を回避するために特別な予防策を講じる必要があると考えているのではないか」と述べている。 なお、数名の著者が、ある製薬企業との利益相反(COI)に関する情報を明らかにしている。(HealthDay News 2021年2月4日) https://consumer.healthday.com/prevalence-of-elect... Abstract/Full Text (subscription...

eGFRとACR追加でASCVDイベント予測能が大幅に向上

アテローム性動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)のリスクをスコア化して評価する際、従来から使われている因子に推算糸球体濾過量(eGFR)と尿アルブミン/クレアチニン比(ACR)を加えると、イベント予測能が大幅に向上することを示す研究結果が報告された。上海交通大学(中国)のYu Xu氏らの研究によるもので、詳細は「Journal of the American Society of Nephrology」に3月4日掲載された。 ASCVDリスクは、年齢や性別、喫煙、血清脂質、血圧、糖代謝レベルなどの古典的リスク因子をスコア化して評価することが多い。一方、腎疾患ガイドラインに関する国際機関であるKDIGOのガイドラインでは、慢性腎臓病(CKD)のリスク分類にeGFRとACRを用いている。またCKDステージの進行が、ASCVDリスクと関連することも示されている。このことから、eGFRとACRを追加してASCVDリスクをスコア化することで、イベント予測能が向上すると考えられる。しかし、この点に関して、これまで十分な検討は行われていない。 Xu氏らは、中国での心血管代謝疾患とがんのコホート研究の参加者のデータを用い、ASCVDリスクスコアにeGFRと、対数変換したACR(logACR)を加えた場合のイベント予測能への影響を前向きに解析した。参加者はベースライン時点で年齢が40歳以上であり、心血管疾患の既往のない11万5,366人。エンドポイントは、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、および心血管死などで定義される主要心血管イベント(MACE)とした。 41万5,111人年の追跡で、2,866件のMACEが発生した。ASCVDリスクスコアにeGFRとlogACRを追加した場合のMACEの予測能は、追加する前に比較して、評価した項目のほぼ全てのP値が0.01未満であり、有意に上昇していた。C統計量で見ると、eGFRとlogACRの追加により、研究対象全体で0.0116増加、糖尿病患者では0.0254増加した。CVDリスクの再分類能は、4.78%(95%信頼区間3.03~6.41)改善した。 著者らは、「古典的リスク因子に新しいリスク因子を追加しASCVDリスクスコアを算出することで、CVDイベントリスクの予測精度を向上できる可能性がある」と述べている。 なお、数名の著者が製薬企業との利益相反(COI)に関する情報を明らかにしている。(HealthDay News 2021年3月9日) https://consumer.healthday.com/adding-measures-of-... Abstract/Full Text...

ST上昇型心筋梗塞の症状発現からバルーン治療までの時間は梗塞サイズと関連

初回経皮的冠動脈インターベンション(pPCI)を受けたST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者の梗塞サイズおよび微小血管閉塞(MVO)の大きさは、症状発現からバルーン治療実施までの時間(SBT)と関連していたが、病院到着からバルーン治療実施までの時間(DBT)とは関連していなかったことが、「Circulation: Cardiovascular Interventions」に1月14日掲載された論文で明らかにされた。 米Clinical Trials Center at the Cardiovascular Research FoundationのBjörn Redfors氏らは、pPCIを受けたSTEMI患者を対象とした10件のランダム化試験の参加者3,115例の統合データを用いて、pPCI後の梗塞サイズおよびMVOの大きさと、SBTまたはDBTとの間の関連を調べる研究を行った。梗塞サイズは、99mTc-セスタミビ心筋SPECTあるいは心臓MRIで評価した。MVOの大きさは心臓MRIで評価した。 SBTのカテゴリーを、短いSBT(2時間以下)、中間SBT(2~4時間)および長いSBT(4時間超)に分類し、DBTのカテゴリーを、短いDBT(45分以下)、中間DBT(45~90分)および長いDBT(90分超)に分類して、患者をSBTおよびDBTの長さによって層別化した。多変量Cox比例ハザード回帰モデルを用いて、年齢、性別、高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙状態などの共変量で調整し、患者の登録開始時から追跡調査終了時までの臨床アウトカムに対するSBTまたはDBTの影響を評価した。 SBTの中央値は185分〔四分位範囲(IQR)130~269〕、DBTの中央値は46分(同28~83)であった。pPCI実施から梗塞サイズ評価までの期間中央値(IQR)は5日(3~12)であった。梗塞サイズはSBTが長いカテゴリーになるほど段階的に増加した。短いSBTの患者の梗塞サイズを基準とした場合、多変量で調整後の梗塞サイズの差〔95%信頼区間(CI)〕は、中間SBTの患者で2.0%(0.4~3.5)、長いSBTの患者で4.4%(2.7~6.1)であった。しかし、DBTの長さによる梗塞サイズへの影響は認められず、短いDBTの患者の梗塞サイズを基準とした場合、多変量で調整後の梗塞サイズの差(95%CI)は、中間DBTの患者で0.4%(-1.2~1.9)、長いDBTの患者で-0.1%(-1.0~3.0)であった。MVOの大きさは、短いSBTの患者と比較して長いSBTの患者で大きかったが(多変量調整後の差0.9%、95%CI 0.3~1.4)、短いSBTの患者と中間SBTの患者間では有意差がなかった(同0.1、-0.4~0.6)。DBTによるMVOの大きさの違いは認められなかった。SBTとDBTを連続変数とした多変量解析でも、同様の結果が得られた。 共著者の一人は、「われわれは、一般の人たちが心臓発作の症状に対する理解を深められるように努力するとともに、症状発現から救急医療へのアクセスまでにかかる時間が短くなるように尽力する必要がある」と述べている。 なお、数名の著者が、あるバイオ医薬品企業との利益相反(COI)に関する情報を明らかにしている。(HealthDay News...

COVID-19感染DKA患者は院内死亡率が高い

糖尿病ケトアシドーシス(DKA)による入院患者のうち、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患していた患者の院内死亡率は、COVID-19非感染患者に比べて顕著に高いことを示すデータが報告された。米エモリー大学のFrancisco J. Pasquel氏らの研究によるもので、「JAMA Network Open」に3月10日にレターとして掲載された。 報告された研究は、米国の17州、175カ所の病院の入院患者対象コホート研究のデータを解析したもの。2020年2月1日~9月15日に入院したDKA患者5,029人(平均年齢47±17.8歳、男性が53%)を対象とした。DKA治療のためのインスリン投与は、同一のコンピューターアルゴリズムによる連続インスリン注入(CII)によって行われていた。 対象患者のうち、210人(4%)が新型コロナウイルス検査陽性であり、4,819人(96%)は陰性だった。COVID-19非感染患者に比較して感染患者は、高齢(47±18対56±17歳、P<0.001)で、BMIが高かった(28±8対31±9、P<0.001)。入院時点の血糖値、HbA1c、カリウム、ナトリウム、重炭酸塩、アニオンギャップは、両群同等だった。 COVID-19感染患者群内での年齢層別の比較では、高齢者(65歳以上)は若年者(45歳未満)よりも、心血管疾患(16±22対1±2%、P<0.001)や糖尿病合併症(10±14対1±2%、P=0.02)を有する割合が高かった。 COVID-19の有無で臨床転帰を比較すると、院内死亡はCOVID-19非感染患者4,819人中262人(5%)、COVID-19感染患者210人中64人(30%)だった。院内死亡率はCOVID-19の有無にかかわらず高齢であるほど高く、65歳以上ではCOVID-19感染患者45%、非感染患者13%だった。このようなCOVID-19による院内死亡率の増加は45歳未満の若年者でも観察され、COVID-19感染患者19%、非感染患者2%だった。 急性腎障害(AKI)はCOVID-19感染患者の30%、非感染患者の10%で発生していた。また、COVID-19感染患者は非感染患者より、血糖管理のためのインスリン必要量が多く、CII施行期間とDKA治療に要した期間が長かった。低カリウム血症、高浸透圧、低血糖を呈した患者の割合は、両群同等だった。 著者らは、「COVID-19パンデミックにより患者の受診回数が減り、治療状態に変化が生じている。COVID-19に感染しているDKA患者の死亡リスクが高いことの原因は不明だが、肥満や強いストレス負荷などが関与している可能性がある。引き続き注視が必要だ」と述べている。 なお、著者2人が製薬企業との利益相反(COI)に関する情報を明らかにし、数名の著者がインスリン投与の管理ソフトウエア企業に勤務していることを明らかにしている。(HealthDay News 2021年3月16日) https://consumer.healthday.com/mortality-higher-fo... Abstract/Full Text Copyright...