image_print
2HDN糖尿病ニュース3月23日配信2

テレビやスマホ依存で子どもの糖尿病リスクが増加する

  • By

テレビやスマートフォン、パソコンの画面をみる時間が長いほど、子どもが2型糖尿病を発症するリスクが高まることが、英国の研究で報告された。1日3時間以上をテレビの視聴やパソコン、ビデオゲームに費やす子どもは体脂肪量が多く、イ […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース3月23日配信1

生活習慣改善+薬物治療の強化介入で2型糖尿病が寛解する可能性

  • By

経口血糖降下薬とインスリン治療、食事療法、運動療法を併用する強化療法により、2型糖尿病患者の一部は数カ月間ではあるが寛解に至る可能性があることが、小規模な予備研究で示された。この研究によると、こうした強化療法により2型糖 […]

Read More
4HDN国内ニュース3月21日配信2

ビールの苦み成分がアルツハイマー病の予防に有効 ――Aβ脳内沈着を抑制し、認知機能改善に働く

  • By

ホップ由来のビール苦み成分「イソα酸」がアルツハイマー病の予防に有効である可能性が、マウスを用いた実験で判明した。イソα酸はアルツハイマー病の原因物質であるAβの脳内沈着を抑制し、認知機能の改善に働く可能性があるという。 […]

Read More
4HDN国内ニュース3月21日配信1

身体活動量が糖尿病網膜症リスクと関連 ――日本人2型糖尿病患者1,814人を解析

  • By

運動量が多い人ほど糖尿病の3大合併症の1つである糖尿病網膜症の発症リスクが低下することが、奈良県立医科大学糖尿病学講座の石井均氏らの研究グループの調べでわかった。日本人の2型糖尿病患者を対象とした大規模研究でこれらの関連 […]

Read More

身体活動量が糖尿病網膜症リスクと関連 ――日本人2型糖尿病患者約1,800人を前向きに解析

  • By

運動量が多い人ほど糖尿病網膜症の発症リスクが低下することが、奈良県立医科大学糖尿病学講座の石井均氏らの研究グループの調べでわかった。「PLOS ONE」3月3日電子版に掲載の論文。

Read More
Woman taking blood sample for measuring sugar level

経口血糖降下薬の適切な併用開始で2型糖尿病患者の転帰が改善される――米研究

  • By

経口血糖降下薬の併用療法を適切に開始すると2型糖尿病患者のHbA1c値が大きく低下し、転帰が改善されるとの研究結果が、「Diabetes, Obesity and Metabolism」2月17日電子版に掲載された。

Read More
4.1.1

健康によい食品の消費を増やし、不健康な食品の消費を減らす鍵は「価格」――米調査

  • By

健康によい食品の価格を下げると消費量が増える一方で、加糖飲料やファストフードに課税するとその消費量は減少するとの調査結果が、「PLOS ONE」3月1日電子版に掲載された。

Read More
4.1.1

グルテンの摂取制限で2型糖尿病リスクが増加する――米研究

  • By

食事からのグルテン摂取を制限すると2型糖尿病の発症リスクが増加するとの研究結果が、米ポートランドで3月7~10日に開かれたAHA Epidemiology and Prevention/Lifestyle and Car […]

Read More
œp

肥満でも心血管代謝系リスク因子を必ずもつとは限らない――米研究

  • By

肥満者のうち約1割は心血管代謝系のリスク因子を保有していないとする調査結果が、米国疾病予防管理センター(CDC)が発行する「Preventing Chronic Disease」3月9日号に掲載された。

Read More
o-170309

食事因子が心血管代謝疾患による死亡と大きく関連する――米研究

  • By

米国では心臓病、脳卒中および2型糖尿病による死亡の約半数が、野菜不足や過剰な塩分などの食事因子と関連するとの研究結果が、「Journal of the American Medical Association(JAMA) […]

Read More

Search

記事カテゴリ