image_print
33058

前向きな心理や社会とのつながりが糖尿病腎症リスクに影響 ――阪大の研究グループ

  • By

幸福感が高く、心理的ストレスをあまり感じず、社会とのつながりも強いことは、2型糖尿病患者において細小血管合併症である糖尿病腎症のリスク低下と関連する可能性のあることが、大阪大学大学院内分泌・代謝内科の片上直人氏と二宮浩世 […]

Read More
33011

「第三の脂肪」の蓄積が高齢者のサルコペニアと関連 ――筋肉内の脂肪蓄積に悪影響、名大研究グループ

  • By

高齢者では筋肉内に脂肪が蓄積すると、筋肉量や筋力が低下するサルコペニアと強く関連し、運動機能にも悪影響を及ぼすことが、名古屋大学総合保健体育科学センターの秋間広氏らの研究グループによる検討でわかった。

Read More

前向きな心理や社会とのつながりが糖尿病腎症リスクに影響 ――阪大の研究グループ

  • By

幸福感が高く、心理的ストレスをあまり感じず、社会とのつながりも強いことは、2型糖尿病患者において細小血管合併症である糖尿病腎症になるリスクが低下する可能性のあることが、大阪大学大学院内分泌・代謝内科の片上直人氏らの研究グ […]

Read More

筋肉内の脂肪蓄積が高齢者のサルコペニアと関連――名大の研究グループ

  • By

高齢者では筋肉内に脂肪が蓄積すると、筋肉量や筋力が低下するサルコペニアと強く関連し、運動機能にも悪影響を及ぼすことが、名古屋大学総合保健体育科学センターの秋間広氏らの研究グループによる検討でわかった。心臓や肝臓、筋肉とい […]

Read More

糖尿病細小血管障害の合併数は歯周炎の重症度と関連――東京医科歯科大らの研究グループ

  • By

細小血管障害の合併数や血糖コントロール不良は、2型糖尿病患者の歯周炎の重症度と関連するとの研究結果が、「Journal of Diabetes Investigation」1月27日電子版に掲載された。

Read More

思春期小児でインスリン分泌能に性差――東京慈恵医大の研究グループ

  • By

日本人の思春期の小児では、インスリン抵抗性の割合は男児に比べて女児で有意に高い一方で、インスリン分泌不全の割合は男児で有意に高いことが、東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科の西村理明氏らの研究グループの調査でわかっ […]

Read More

サルコペニアを伴う2型糖尿病患者でアルブミン尿リスクが増加 ――東京医科歯科大の研究グループ

  • By

2型糖尿病患者が、加齢に伴い筋力や筋肉量が低下する「サルコペニア」を伴うとアルブミン尿のリスクが増加することが、東京医科歯科大学糖尿病・内分泌・代謝内科の坊内良太郎氏らの研究グループの検討でわかった。糖尿病患者では早期に […]

Read More

AIで糖尿病患者の「受診中断」を予測――東大とNTT

  • By

東京大学大学院医療情報学分野の大江和彦氏らの研究グループは、NTT(日本電信電話株式会社)と共同で、人工知能(AI)を活用して患者が自分の判断で通院をやめてしまう「受診中断」を予測するモデルを開発した。2011~2014 […]

Read More
Kidneys

慢性腎臓病患者では看護師主導の専門ケアへの満足度が高い――オーストラリアからの報告

  • By

慢性腎臓病(CKD)患者では、看護師が主導となって患者をサポートする専門クリニックに対する満足度が高いとの研究結果が、「Journal of Renal Care」2月3日電子版に掲載された。

Read More
Bunch of swedish snus closeup

無煙タバコが2型糖尿病リスクの増加と関連――スウェーデンの研究

  • By

無煙タバコ(スヌース)の使用は2型糖尿病リスクの増加と関連するとの研究結果が、「Journal of Internal Medicine」2月6日電子版に掲載された。

Read More

Search

記事カテゴリ