image_print

「全国糖尿病週間」に各地で啓発活動――今年は11月13日から1週間

  • By

日本糖尿病協会によると、今年も11月14日(火)の世界糖尿病デーを含めた1週間(11月13日~19日)を『全国糖尿病週間』とし、全国各地で糖尿病の発症と重症化予防に向けた啓発運動が展開される。

Read More

太っても食欲が止まらない・・・原因酵素を同定――基礎生物学研

  • By

太っても食欲が止まらない原因となる酵素を突き止めたと、基礎生物学研究所(愛知県)統合神経生物学研究部門の野田昌晴氏らの研究グループが発表した。食欲は脂肪細胞から分泌されるホルモン(レプチン)が制御しているが、肥満になると […]

Read More

AI活用で2型糖尿病悪化の予測モデルを開発――藤田保健衛生大ら

  • By

藤田保健衛生大学と第一生命保険(株)、日本IBMの共同研究グループは、人工知能(AI)を活用して2型糖尿病の悪化を予測するモデルの開発に成功したと発表した。

Read More

糖尿病患者1000万人の大台に、予備軍含め2000万人と推計――厚労省「国民健康・栄養調査」

  • By

糖尿病患者とその予備軍は、2016年にはいずれも約1000万人に上ることが厚生労働省の国民健康・栄養調査で分かった。糖尿病患者は前回(2012年)調査の950万人を上回り、初めて1000万人の大台を記録した。厚労省は高齢 […]

Read More

血糖・血圧・脂質の同時強化介入が大血管合併症を抑制――J-DOIT3、EASD 2017で発表

  • By

約2,500人の糖尿病患者を対象とした大規模臨床試験(J-DOIT3研究)で、血糖・血圧・脂質の管理指標を現行よりも厳格に設定すると、2型糖尿病患者の心筋梗塞や脳卒中などの大血管合併症リスクの低減につながる可能性があるこ […]

Read More

低出生体重の女性は糖尿病になりやすい? ――日本人看護師調査(JNHS)データを分析

  • By

低出生体重で生まれた女性は、成人後の肥満度(BMI)にかかわらず糖尿病になりやすい可能性があることが、国立がん研究センターがん対策情報センターの片野田耕太氏らの検討で分かった。たとえ成人後のBMIが低めの正常値(18.5 […]

Read More

糖尿病腎症の重症化予防を目指し、青森県と対策会議などが連携協定

  • By

青森県は9月14日、糖尿病腎症の重症化予防を目指した施策を強化するため、県医師会と糖尿病対策推進会議と連携する協定を結んだと発表した。

Read More

血中アディポネクチン濃度の上昇が骨折の予測因子に――日本人糖尿病患者を解析

  • By

閉経後女性を含む2型糖尿病患者では、血中アディポネクチン濃度の上昇に伴い、骨折全体のリスクだけでなく骨粗鬆症性骨折を来すリスクも高まる可能性があることを、白十字病院(福岡県)副院長・糖尿病センター長の岩瀬正典氏らの研究グ […]

Read More

肥満に関わる112カ所の遺伝的変異を新たに同定――理研ら

  • By

理化学研究所などの共同研究グループは、約17万人の日本人のゲノム解析により、肥満に影響する遺伝的変異を193カ所同定し、そのうち112カ所は新たなものだと発表した。「Nature Genetics」9月11日電子版に掲載 […]

Read More

第4回「糖尿病レシピコンテスト」、最終選考進出校が決定

  • By

日本糖尿病協会が主催する「第4回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」の最終選考に参加するチームが決定した。

Read More