image_print
œp

代謝異常がなくても肥満者は心血管イベントリスクが高まる――英研究

  • By

たとえ代謝異常がなくても肥満の人は適正体重の人に比べて心血管疾患や心不全の発症リスクが高いとする研究結果が「Journal of American College of Cardiology」9月19日号に掲載された。

Read More
4.1.1

2型糖尿病患者の急激な腎機能低下を予測する血清バイオマーカーを同定――オーストラリアの研究

  • By

2型糖尿病患の急激な腎機能低下の予測能を向上させる血清バイオマーカーを同定したと、西オーストラリア大学のKirsten E. Peters氏らが「Diabetes Care」8月29日電子版に発表した。

Read More
o-170910

睡眠時無呼吸の治療中断で血糖値が上昇――米研究

  • By

閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA)の治療を数日間中断すると、血糖値やストレスホルモンの血中濃度、血圧が上昇するとの研究結果が「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolis […]

Read More
o-170909

強化降圧治療で慢性腎臓病(CKD)リスクが高まる? ――米研究

  • By

収縮期血圧(SBP)の降圧目標を120mmHg未満とする強化降圧治療により慢性腎臓病(CKD)の発症リスクは増加する一方で、心血管イベントや全死亡のリスクは低減するとの研究結果が「Annals of Internal M […]

Read More
4.1.1

精神的ストレスが睡眠障害、食欲増進をもたらし肥満リスクを高める――デンマークの研究

  • By

精神的なストレスは睡眠障害をもたらし、高カロリーの食べ物への欲求が増え、結果的に肥満リスクを高めることが、コペンハーゲン大学病院(デンマーク)のNina R.W. Geiker氏らのレビュー論文で報告された。「Obesi […]

Read More
4.1.1

若い慢性疾患患者で自殺リスクが高まる――カナダの研究

  • By

20歳代までに糖尿病や喘息などの慢性疾患にかかると、同世代の健康な若者に比べて自殺を図るリスクが4倍以上に高まるとする研究結果が「Canadian Journal of Psychiatry」8月17日電子版に掲載された […]

Read More
o-170906

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者では2型糖尿病の発症率が高まる――デンマークの研究

  • By

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者では2型糖尿病の発症率が高く、診断時の年齢も低いとする研究結果が「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」8月29日電子版に […]

Read More
ààß

2型糖尿病リスク低下と関連する新たなIGF2遺伝子変異を同定――米研究

  • By

ラテン系人種において2型糖尿病の発症リスク低下(約20%)と関連する新たなIGF2遺伝子変異を同定したとの研究結果が、「Diabetes」8月24日電子版に掲載された。

Read More
Stomach

減量手術後の2型糖尿病寛解例における脂肪酸リモデリングを観察――カナダの研究

  • By

胆膵路バイパス・十二指腸スイッチ術(DS)による減量手術後の2型糖尿病寛解は、主に血中からのトリグリセライド(TG)消失の増加と脂質過負荷時のアシルカルニチン生合成の増加と関連することが、「Diabetes」8月23日電 […]

Read More
Senior happy woman using ipad isolated on white background

待合室の雑誌をタブレットに替えると糖尿病患者教育に役立つ――米研究

  • By

米サン・バーナディーノ医療グループ(カリフォルニア州)が系列病院の待合室の雑誌をタブレット型端末に替えた結果、患者の糖尿病教育や疾患予防策の実践に役立つことが、米国医師会(AMA)により8月16日に報告された。

Read More