image_print
o-180807

たった2週間の運動不足で高齢者の糖尿病リスク増――カナダの研究

  • By

2型糖尿病リスクが高い高齢者は、運動不足の状態がたった2週間続いただけでも糖尿病に進行しやすいとする研究結果が「The Journals of Gerontology」7月9日号に掲載された。

Read More
o-180806

2013~2016年には成人の半数が減量に挑戦――米CDC調査

  • By

2013~2016年に米国成人のほぼ半数が減量を試みたとする調査結果を、米疾病対策センター(CDC)の国立衛生統計センター(NCHS)のCrescent B. Martin氏らが7月に発表した。

Read More
o-180805

高齢糖尿病患者の4人に1人に過剰治療の恐れ――米研究

  • By

米国では、75歳以上の高齢糖尿病患者の4人に1人が過剰治療を受けている可能性のあることが、「Journal of the American Geriatrics Society」6月号に掲載の論文で報告された。

Read More
o-180804

ナッツ類の摂取で2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善――カナダの研究

  • By

2型糖尿病患者は、炭水化物の摂取をナッツ類に置き換えると血糖コントロールが改善する可能性を示す研究結果が「Diabetologia」8月号に掲載された。

Read More
o-180803

高齢糖尿病患者の4人に1人が補完代替医療を利用か――米研究

  • By

米国では、高齢糖尿病患者の4人に1人が補完代替医療(CAM)を利用しているとする調査結果が「Diabetes Care」6月号に掲載された。

Read More
o-180802

「血糖値スパイク」は健康な人でも危険?――米研究

  • By

糖尿病患者だけでなく、健康な人でも食後に血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」がみられ、血糖変動の大きさは2型糖尿病リスクの指標になり得ることが、「PLOS Biology」7月24日オンライン版に掲載の論文で報告された。

Read More
o-180801

無症候性左室収縮機能不全を伴う糖尿病患者で心不全リスク増――英研究

  • By

無症候性左室収縮機能不全(ALVSD)を合併した糖尿病患者では、心不全の発症と心不全による入院のリスクが増加する可能性のあることが、「Diabetes Care」6月号に掲載の論文で報告された。

Read More
Close-up Of Hand Holding Device For Measuring Blood Sugar

重症低血糖リスクが高い2型糖尿病患者の特徴とは?――米研究

  • By

重症低血糖リスクが高い2型糖尿病患者の臨床的特徴には、軽度から中等度の低血糖の既往とHbA1c値が6%未満であることが挙げられるとする研究結果が「Diabetes Care」6月号に掲載された。

Read More
o-180713

血糖管理不良な2型糖尿病患者の薬物治療、強化開始に遅れ――米研究

  • By

米国では2型糖尿病患者のHbA1c値が7.0%以上であることが判明後も、6カ月以内に薬物治療の強化を開始する患者の割合は低い可能性を示す研究結果が「Diabetes Care」7月号に掲載された。

Read More
Industry with smoke

世界的な糖尿病の蔓延にPM2.5による大気汚染が関連か――米研究

  • By

世界的な糖尿病の蔓延には、微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染が関連している可能性を示す研究結果が「The Lancet Planetary Health」7月号に掲載された。

Read More