image_print
4.1.1

診療ガイドラインを遵守せず第2選択薬からの処方例が多い――米研究

  • By

米国では診療ガイドラインの推奨にもかかわらず、第1選択薬(メトホルミン)を使用せずに第2選択薬から処方するケースが多いことが、「Diabetes Care」9月15日電子版に掲載の論文で報告された。

Read More
Items for daily monitoring of blood glucose

高齢糖尿病患者の10人に1人が過剰治療の疑い――米研究

  • By

高齢の糖尿病患者の10人に1人が過剰治療を受けており、このうち減薬や休薬をする患者はわずかに過ぎないとの研究結果が「Journal of General Internal Medicine」9月13日電子版に掲載された。

Read More
ÿÿÿÿ

ルーワイ胃バイパス術で減量体重と2型糖尿病寛解を長期に維持――米研究

  • By

重度肥満患者がルーワイ胃バイパス術(RYGB)を受けると、減量体重と2型糖尿病の寛解を長期にわたり維持できる可能性があるとの研究結果が「New England Journal of Medicine」9月21日号に掲載さ […]

Read More
o-170916

塩分の取り過ぎで糖尿病の発症リスクが高まる可能性――EASD 2017

  • By

食塩の摂取量が多い成人は糖尿病を発症するリスクが高い可能性があるとの研究結果が、第53回欧州糖尿病学会議(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で発表された。

Read More
Kidneys

睡眠不足や睡眠の質の低下が慢性腎臓病の進行に影響する――米研究

  • By

睡眠不足と睡眠の質の低下は慢性腎臓病(CKD)の進行をもたらすとの研究結果が「Journal of the American Society of Nephrology」9月14日電子版に掲載された。

Read More
o-170914

2型糖尿病患者は大動脈瘤や大動脈解離になりにくい?――EASD 2017

  • By

2型糖尿病があると、ない場合に比べて大動脈瘤と大動脈解離の長期的なリスクが有意に低く、大動脈瘤破裂後の死亡リスクも低いとする研究結果が第53回欧州糖尿病学会議(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で報告された […]

Read More
4.1.1

カフェイン摂取量が多いほど女性の糖尿病患者で全死亡リスクが低下――NHANESデータの解析から

  • By

女性の糖尿病患者では、カフェイン摂取量が多いほど全死亡リスクが低下するとの研究結果が第53回欧州糖尿病学会議(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で発表された。

Read More
œp

代謝異常がなくても肥満者は心血管イベントリスクが高まる――英研究

  • By

たとえ代謝異常がなくても肥満の人は適正体重の人に比べて心血管疾患や心不全の発症リスクが高いとする研究結果が「Journal of American College of Cardiology」9月19日号に掲載された。

Read More
4.1.1

2型糖尿病患者の急激な腎機能低下を予測する血清バイオマーカーを同定――オーストラリアの研究

  • By

2型糖尿病患の急激な腎機能低下の予測能を向上させる血清バイオマーカーを同定したと、西オーストラリア大学のKirsten E. Peters氏らが「Diabetes Care」8月29日電子版に発表した。

Read More
o-170910

睡眠時無呼吸の治療中断で血糖値が上昇――米研究

  • By

閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA)の治療を数日間中断すると、血糖値やストレスホルモンの血中濃度、血圧が上昇するとの研究結果が「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolis […]

Read More