image_print
o-161205

炭水化物の制限でインスリン抵抗性が改善する? ――健康な閉経後女性で検討(2016.12.8配信)

炭水化物を制限した食事により、食後のインスリン抵抗性やインスリン値が改善するとの研究結果が、「PLOS ONE」10月31日電子版に掲載された。

Read More
o-161204

適度な運動で透析患者の身体機能やQOLが改善する――イタリアからの報告(2016.12.7配信)

短時間のウォーキングなど、自宅でできる簡単な運動でも透析患者の身体機能やQOLが改善するとの研究結果が、「Journal of the American Society of Nephrology」12月1日電子版に掲載 […]

Read More
o-161203

座りっぱなしを解消すると2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善 ――オランダの研究(2016.12.6配信)

2型糖尿病患者では、座位時間を少し減らすだけでも血糖コントロールが改善するとの研究結果が、「Diabetologia」12月1日電子版に掲載された。

Read More
o-161202

「高血圧・糖尿病・肥満」が心不全発症の重要な3因子――米研究(2016.12.5配信)

中年期に肥満、高血圧、糖尿病を発症しなかった人では、その後に心不全を発症するリスクが著しく低いとの研究結果が「JACC: Heart Failure」12月1日号に掲載された。

Read More
o-161201

糖尿病患者は喫煙で早期死亡リスクが約2倍に――RSNAで発表(2016.12.1配信)

喫煙はそれだけで十分に健康に悪いが、糖尿病が加わると早期死亡リスクが約2倍になるとの研究結果が、北米放射線学会(米シカゴ、RSNA、11月27日~12月2日)で29日に発表される。

Read More
Senior woman sitting on the table and talking by phone.

電話フォローアップで2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善 ――米研究(2016.11.25配信)

毎月の定期受診後に電話フォローアップによる介入を行うと、2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善するとの研究結果が、「Journal of Clinical Nursing」11月13日電子版に掲載された。

Read More
ÙÌóì

喫煙でCKD薬物治療の効果が減弱するおそれ――ASNで発表の米研究(2016.11.25配信)

軽症の慢性腎臓病(CKD)患者が喫煙すると、一部の薬物治療の効果が減弱するおそれがあるとの研究結果が、11月15~20日に米シカゴで開催された米国腎臓学会(ASN)腎臓週間で発表された。

Read More
o-161116

たんぱく質とプロバイオティクスの摂取で血糖管理が改善 ――AHAでの発表(2016.11.24配信)

普段の食事にたんぱく質やプロバイオティクスを豊富に含む食品を加えると、血糖コントロールが改善することが、米国心臓協会(AHA、11月12~16日、ニューオーリンズ)年次集会で発表された2つの研究で示唆された。

Read More
Insulin, Pump, Infusion Set and Reservoir

皮下埋め込み型の連続血糖センサーは安全かつ正確 ――オランダの研究グループ(2016.11.22配信)

新しく開発された皮下埋め込み型の連続血糖測定(CGM)システムは安全かつ正確とする研究結果が、「Diabetes Care」11月4日電子版に掲載された。

Read More
Kidneys

便秘が腎臓病の進行に関連か? ――便秘の治療が腎障害の予防につながる可能性(2016.11.18配信)

腎臓病の一部は、便秘を解消することで予防、治療できる可能性が、「Journal of the American Society of Nephrology」11月10日電子版に掲載の論文で報告された。

Read More