image_print
Stomach

ルーワイ胃バイパス術による減量術後には腸内細菌叢の多様性が増す――米研究

腹腔鏡下ルーワイ胃バイパス術(RYGB)による減量術は腸内細菌叢に大きな変化をもたらすとの研究結果が、「ISME Journal」5月26日電子版に掲載された。

Read More
Woman exercising with dumbbells.

長時間座位で過ごす肥満者、腕運動で血糖値が改善――英研究

長時間座位で過ごす肥満者では、座位のまま腕アルゴメーターで上肢の運動を行うと血糖やインスリンの値が改善するとの研究結果が、「Diabetes, Obesity and Metabolism」5月23日電子版に掲載された。

Read More
o-170602

起立性低血圧を伴う2型糖尿病患者で死亡率や脳心血管イベントリスクが増加――中国からの報告

起立性低血圧を伴う2型糖尿病患者では、夜間の血圧が上昇するriser型の血圧日内変動パターンを示す患者の割合が高く、また、死亡率や主要な有害脳心イベントの発生率が高いことが、「Journal of Diabetes In […]

Read More
o-170601

睡眠不足でメタボ患者の心臓病や脳卒中死亡リスク高まる――米研究

メタボリック症候群患者では、1晩の睡眠時間が6時間未満だと心臓病や脳卒中による死亡リスクが倍増することが、「Journal of the American Heart Association」5月17日電子版に掲載の論文 […]

Read More
Kidneys

BMIやウエスト周囲長で高齢者の腎機能低下が予測できる可能性――メキシコからの報告

BMIやウエスト周囲長(WC)といった身体計測による体脂肪測定で高齢者の腎機能低下を予測できるとの研究結果が、「Clinical Journal of the American Society of Nephrology […]

Read More
o-170517

食後高血糖は糖尿病患者の認知機能低下や認知症と関連する――米研究

食後高血糖は糖尿病患者の認知機能低下や認知症のリスク因子とする研究結果が、「Diabetes Care」5月12日電子版に掲載された。

Read More
Items for daily monitoring of blood glucose

全米規模の生活介入プログラムで減量や運動時間の増加に成果――米研究

全米規模の糖尿病予防プログラム(DPP)を4年間行った結果、参加者の3~4割が体重減少率(5%)や運動時間(週150分)の目標を達成したことが、「Diabetes Care」5月12日電子版に掲載の論文で報告された。

Read More
Cholesterol plaque in artery

野菜や果物をよく食べる人は末梢動脈疾患リスクが低い――米研究

野菜や果物の摂取量が多い人では末梢動脈疾患(PAD)の発症リスクが低い可能性を示す研究結果が、「Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology」5月18日電子版に掲載さ […]

Read More
o-170514

遠隔診療による生活習慣介入で2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善――ドイツの研究

遠隔診療による生活習慣改善への介入で進行した2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善するとの研究結果が、「Diabetes Care」5月12日電子版に掲載された。

Read More
metabolic syndrome

代謝的に健康な肥満でも心血管疾患リスクは高まる――英研究

代謝異常のない肥満者では適正体重者に比べて心血管疾患(CVD)の発症リスクが高まるとの研究結果が、第24回欧州肥満学会議(ECO 2017、5月17~20日、ポルトガル)で報告された。

Read More