image_print
Beautiful young female patient is having a medical attendance at the optometrist.

若年の糖尿病患者の多くは眼科検診を受けていない――米研究

  • By

米国では、若年の糖尿病患者の多くが糖尿病と診断されてから6年以内に糖尿病網膜症の検診を受けていないことが、「JAMA Ophthalmology」3月23日電子版に掲載の論文で報告された。

Read More
field of grass and sunset

世界的な糖尿病増加には地球温暖化が影響か? ――米研究

  • By

世界的な糖尿病患者の増加には地球温暖化による気温の上昇が影響し、褐色脂肪細胞の活性低下が関与している可能性が、「BMJ Open Diabetes Research & Care」3月20日電子版に掲載の論文で報 […]

Read More
o-170317

テレビやスマホ依存で子どもの糖尿病リスクが増加する――英研究

  • By

1日3時間以上をテレビの視聴やパソコン、ビデオゲームに費やす子どもは2型糖尿病の発症リスクが高まるとの研究結果が、「Archives of Disease in Childhood」3月13日電子版に掲載された。

Read More
Items for daily monitoring of blood glucose

ADAが糖尿病薬物治療の指針を改訂――2型糖尿病治療の第一選択にメトホルミンを推奨

  • By

米国糖尿病学会(ADA)による2017年版の糖尿病診療指針“Standards of Medical Care in Diabetes”が「Annals of Internal Medicine」電子版に3月14日掲載さ […]

Read More
o-170315

重症低血糖はたった1度でも2型糖尿病患者の死亡リスクを増加させる――米研究

  • By

2型糖尿病患者では、重症低血糖を1度でも起こすと心血管疾患や死亡リスクが高まるとの研究結果が、米ポートランドで3月7~10日に開かれたAHA Epidemiology and Prevention/Lifestyle a […]

Read More
ÉÍÊÊ

抗炎症作用を有する食事で過体重者の疼痛が軽減する可能性――米研究

  • By

魚類、果物、野菜、ナッツや豆類が豊富な抗炎症作用を有する食事を摂取すると過体重者の慢性疼痛が軽減するとの研究結果が「Pain」2月号に掲載された。

Read More
Woman taking blood sample for measuring sugar level

経口血糖降下薬の適切な併用開始で2型糖尿病患者の転帰が改善される――米研究

  • By

経口血糖降下薬の併用療法を適切に開始すると2型糖尿病患者のHbA1c値が大きく低下し、転帰が改善されるとの研究結果が、「Diabetes, Obesity and Metabolism」2月17日電子版に掲載された。

Read More
4.1.1

健康によい食品の消費を増やし、不健康な食品の消費を減らす鍵は「価格」――米調査

  • By

健康によい食品の価格を下げると消費量が増える一方で、加糖飲料やファストフードに課税するとその消費量は減少するとの調査結果が、「PLOS ONE」3月1日電子版に掲載された。

Read More
4.1.1

グルテンの摂取制限で2型糖尿病リスクが増加する――米研究

  • By

食事からのグルテン摂取を制限すると2型糖尿病の発症リスクが増加するとの研究結果が、米ポートランドで3月7~10日に開かれたAHA Epidemiology and Prevention/Lifestyle and Car […]

Read More
œp

肥満でも心血管代謝系リスク因子を必ずもつとは限らない――米研究

  • By

肥満者のうち約1割は心血管代謝系のリスク因子を保有していないとする調査結果が、米国疾病予防管理センター(CDC)が発行する「Preventing Chronic Disease」3月9日号に掲載された。

Read More