image_print
1002905

2型糖尿病と骨粗鬆症を合併した患者の最適なケアとは? ――ギリシャからの報告

  • By

2型糖尿病と骨粗鬆症を合併した患者を最適に管理するには、科学的なエビデンスを考慮すべきであることが「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」6月21日電子版に […]

Read More
Üß®é

末期腎不全患者の大腿骨近位部骨折発生率、2003~2011年にかけて低下――米研究

  • By

米国では、2003~2011年にかけて末期腎不全(ESRD)患者における大腿骨近位部骨折の発生率が低下したとの研究結果が、「Journal of Bone and Mineral Research」6月22日電子版に掲載 […]

Read More
o-170618

CADを有さない患者では糖尿病の有無で有害心イベントリスクに差なし――デンマーク研究

  • By

冠動脈造影(CAG)で冠動脈疾患(CAD)が認められない患者では、糖尿病の有無で死亡や有害心イベントのリスクに差はみられないとする研究結果が、「Diabetes Care」6月8日電子版に掲載された。

Read More
Preteen girl (12 years) lying on bed in pajamas, watching TV.

米国の若年者の多くが運動不足、19歳と60歳の運動量は同程度――米研究

  • By

米国では19歳と60歳の運動量は同程度であり、小児~思春期の若年者の多くはWHOが推奨する運動量(中強度~高強度の運動を1日60分以上)を満たしていないとする研究結果が「Preventive Medicine」8月号に掲 […]

Read More
o-170616

ブロッコリー新芽の成分が2型糖尿病の血糖管理に有望?――スウェーデン研究

  • By

ブロッコリーの新芽(スプラウト)に多く含まれる成分「スルフォラファン」が肥満を伴う2型糖尿病患者の血糖コントロールに有益とする研究結果が「Science Translational Medicine」6月14日号に掲載さ […]

Read More
4.1.1

2型糖尿病患者の睡眠時無呼吸が糖尿病網膜症と関連――英研究

  • By

2型糖尿病患者では、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)が失明の恐れのある糖尿病網膜症(STDR)の発症や増殖前/増殖DRへの進行と関連するとの研究結果が「American Journal of Respiratory and […]

Read More
obese woman

長期のカロリー制限で肥満者の「特定の食べ物への強い要求」が低下する――米研究

  • By

長期のカロリー制限により、肥満者の「特定の食べ物への強い欲求(food craving)」は低下するとの研究結果が「Obesity Reviews」5月30日電子版に掲載された。

Read More
Kidneys

米国成人の7人に1人が慢性腎臓病(CKD)――CDC調査

  • By

米国成人の7人に1人(約3000万人)が慢性腎臓病(CKD)に罹患しているが、多くはそのことを認識していないことが、米国疾病管理予防センター(CDC)の調べで分かった。「National Chronic Kidney D […]

Read More
metabolic syndrome

肥満の有病率、70カ国以上で1980年に比べて倍増――大規模国際調査

  • By

肥満の有病率は1980年に比べて2015年には70カ国以上で倍増しているとの調査報告が、EAT Stockholm Food Forum(6月12~13日、スウェーデン・ストックホルム)で発表され、「New Englan […]

Read More
o-170611

インスリンを使用しない2型糖尿病患者の血糖自己測定は不要? ――ADA 2017

  • By

インスリン療法を受けていない2型糖尿病患者では、血糖自己測定(SMBG)を行っても行わなくても1年後の血糖コントロールや健康関連QOLスコアに差はみられないとする研究結果が、第77回米国糖尿病学会(ADA 2017、6月 […]

Read More