image_print
o-161008

活動量計の効果に疑問 -短期的なインセンティブでは運動量は増えない可能性も(2016.10.13配信)

活動量計はインセンティブが得られても、健康転帰の改善に十分な運動量の増加にはつながらないとの研究結果が、「Lancet Diabetes & Endocrinology」10月4日電子版に掲載された。

Read More
Close-up Of Hand Holding Device For Measuring Blood Sugar

ビタミンD補充は、糖尿病高リスク者の血糖値を改善しない -カナダの研究グループ(2016.10.13配信)

糖尿病リスクが高い人がビタミンDを補充しても、血糖値やインスリン感受性、膵β細胞機能は改善しないとの研究結果が、「Diabetes, Obesity and Metabolism」9月26日電子版に掲載された。

Read More
o-161006

足背動脈や後脛骨動脈の拍動消失が2型糖尿病患者の転帰不良と関連(2016.10.11配信)

2型糖尿病患者では、足背動脈や後脛骨動脈の拍動の消失が、主要な心血管イベントや死亡リスクの増加と関連するとの研究結果が、「Diabetes Care」9月27日電子版に掲載された。

Read More
o-161005

糖尿病前症リスクの簡易自己診断で過剰受診の疑い-米調査(2016.10.7配信)

年齢や性別、糖尿病の家族歴などの7つの質問にWeb上で回答し、糖尿病前症リスクを自己診断する簡易テストにより、不必要な医療機関への受診が増えていることが、「JAMA Internal Medicine」10月3日電子版に […]

Read More
o-161004

2006~2013年の血糖降下薬の使用状況に変化 -血糖コントロール状況には改善みられず 米調査(2016.10.5配信)

米国では、2006~2013年にかけて2型糖尿病患者への血糖降下薬の使用状況に変化がみられるが、血糖コントロール状況は改善していないとの研究結果が、「Diabetes Care」9月22日電子版に掲載された。

Read More
o-161003

2型糖尿病は心不全患者の死亡の予測因子 -虚血性心疾患との併存で死亡率はさらに高まる(2016.10.4配信)

心不全患者では、虚血性心疾患(IHD)の有無にかかわらず、2型糖尿病は死亡の予測因子になるとの研究結果が、「Journal of the American College of Cardiology」9月27日号に掲載さ […]

Read More
Sehr dicker Mann mit erheblichem Übergewicht präsentiert sich der Kamera
Fat man isolated on white

腹部脂肪の量と密度が心血管への悪影響に関連する -米で新たなエビデンス(2016.10.3配信)

腹部の脂肪組織、とくに内臓脂肪は心血管疾患のリスクを高めるが、脂肪密度の減少によってもリスクが上昇する可能性が、「Journal of the American College of Cardiology」10月4日号に […]

Read More
Kidneys

進行した慢性腎臓病患者の多くが透析療法を開始する-米調査(2016.10.3配信)

米国では進行した慢性腎臓病(CKD)患者の多くは腎機能代替療法(RRT)を受けていることが、「Clinical Journal of the American Society of Nephrology」9月22日電子版 […]

Read More
o-160918

魚油由来の脂肪酸が女性の糖尿病リスクを高める可能性 -EASD(2016.9.28配信)

脂肪酸を豊富に含む肉や魚、卵などの摂取量が多いほど、女性の2型糖尿病発症リスクが増加する可能性が、ドイツ、ミュンヘンで開かれた第52回欧州糖尿病学会議(EASD)年次集会で報告された。

Read More
o-160917

食生活の質が2型糖尿病リスクと関連する -関連の一部は体重の変化が影響、米コホート研究(2016.9.27配信)

食事の質スコアの変化はその後の2型糖尿病の発症リスクと関連するが、この関連の一部はBMIではなく体重の変化で説明されるとの研究結果が、「Diabetes Care」9月15日電子版に掲載された。

Read More