image_print
Liver, Gallbladder, and Pancreas Anatomy

糖尿病の発症や悪化は隠れた膵臓がんのサイン? ――オランダの研究

2型糖尿病の発症や悪化は、膵臓がんの初期の徴候である可能性が、1月27~30日にオランダ、アムステルダムで開催された欧州癌学会議(ECCO 2017)で発表された。

Read More
Close-up Of Patient Hands Measuring Glucose Level Blood Test With Glucometer

腰部脊椎管狭窄症手術の成功で2型糖尿病患者の血糖値が改善――韓国の研究

腰部脊柱管狭窄症(LSS)を合併した2型糖尿病患者では、腰部の外科手術が成功すると、身体活動量が増えることで血糖コントロールの改善につながるとの研究結果が、「The Spine Journal」2月号に掲載された。

Read More
4.1.1

減量介入で日中の眠気が改善する――オーストラリアの研究

過体重や肥満の成人では、計画的な減量介入を行うと日中の眠気が改善するとの研究結果が、「Obesity Reviews」1月24日電子版に掲載された。

Read More
A young adult watching TV.

太っていなくても「座りがちな生活」は糖尿病のリスク因子――米研究

たとえ適正体重であっても、座りがちな生活を送ると糖尿病前症や糖尿病を発症するリスクが高まるとの研究結果が、「American Journal of Preventive Medicine」1月19日電子版に掲載された。

Read More
o-170205

2型糖尿病患者の脂質低下療法、スタチン+TG低下療法で経済効果が高い――米研究

2型糖尿病患者では、スタチンと中性脂肪(トリグリセライド;TG)低下療法の併用は、スタチン単独または薬物治療を行わない場合に比べて経済的ベネフィットが大きいとの研究結果が、「American Journal of Car […]

Read More
Kidneys

透析患者は積極的なうつ病治療を希望しない――米研究

透析患者では、積極的なうつ病治療を希望する患者は少なく、治療を受けていない患者が多いとの研究結果が、「Clinical Journal of the American Society of Nephrology」1月26 […]

Read More
o-170203

糖尿病の死亡への寄与度は予測を上回る――米調査

糖尿病で死亡する米国人は、これまで考えられていたよりも多いことが、「PLOS ONE」1月25日電子版に掲載の論文で報告された。糖尿病は心疾患、がんに次いで死因の第3位に位置するという。

Read More
Close-up of Women's running shoes on a paved trail.

医師の具体的な指示で歩数が増加、血糖値も改善――カナダの研究

1日の歩数目標を達成する個別プログラムを医師が指導すると、指導しなかった場合に比べて歩数が増えるとの研究結果が、「Diabetes, Obesity and Metabolism」1月11日電子版に掲載された。

Read More
Cropped view of italian 7 months pregnant woman massaging her back. Horizontal shape, side view, copy space

うつ病既往がある妊娠糖尿病患者では産後うつリスクが高い――米研究

妊娠糖尿病患者では初産後のうつ病リスクが高いが、うつ病の既往があると、既往がない女性に比べて産後うつリスクが20倍以上であるとの研究結果が、「Depression and Anxiety」1月18日電子版に掲載された。

Read More
o-170118

医師免許試験で「肥満」は重視されていない――米研究

米国の医師免許試験(USMLE)では、肥満の予防や治療の取り上げ方が不十分だとする研究結果が、「Teaching and Learning in Medicine」12月29日電子版に掲載された。米ノースウェスタン大学フ […]

Read More