image_print
o-170302

過体重の2糖尿病患者では10%の減量維持が転帰改善に有効――オーストラリアからの報告

過体重だが肥満ではない2型糖尿病患者では、10%減量した体重を維持することで心血管代謝に臨床上有意な変化がもたらされるとの研究結果が、「Diabetes Care」2月19日電子版に掲載された。

Read More
œp

ACS合併2型糖尿病患者ではアディポネクチン濃度が心血管転帰と関連――米研究

急性冠症候群(ACS)を合併した2型糖尿病患者では、アディポネクチン濃度が一部の心血管転帰と関連するとの研究結果が、「Diabetes, Obesity and Metabolism」2月14日電子版に掲載された。

Read More
o-170218

腹部肥満で心疾患や2型糖尿病リスクが高まる――米研究

お腹周りに脂肪がたまる「リンゴ型」の体型になりやすい遺伝子変異をもつ人では心疾患や2型糖尿病リスクが高まるとの研究結果が、「Journal of the American Medical Association(JAMA […]

Read More
ààß

血中細胞外RNAはインスリン抵抗性に関連する――米研究

血液中を循環する細胞外RNA(ex-RNA)はインスリン抵抗性と関連するとの研究結果が、「Diabetes Care」2月9日電子版に掲載された。

Read More
o-170216

アルブミン尿は認知機能障害や認知症と関連する――ギリシャの研究

アルブミン尿は認知機能障害や認知症、認知機能の低下と関連するとの研究結果が、「Journal of the American Geriatrics Society」2月2日電子版に掲載された。

Read More
4.1.1

動物性または植物性たんぱく質食による2型糖尿病患者の代謝への効果は同程度――ドイツの研究

動物性たんぱく質(AP)または植物性たんぱく質(PP)の等カロリー食はいずれも、2型糖尿病患者の代謝および心血管リスク因子に同程度の改善をもたらすとの研究結果が、「Diabetes, Obesity and Metabo […]

Read More
Kidneys

慢性腎臓病患者では看護師主導の専門ケアへの満足度が高い――オーストラリアからの報告

慢性腎臓病(CKD)患者では、看護師が主導となって患者をサポートする専門クリニックに対する満足度が高いとの研究結果が、「Journal of Renal Care」2月3日電子版に掲載された。

Read More
Bunch of swedish snus closeup

無煙タバコが2型糖尿病リスクの増加と関連――スウェーデンの研究

無煙タバコ(スヌース)の使用は2型糖尿病リスクの増加と関連するとの研究結果が、「Journal of Internal Medicine」2月6日電子版に掲載された。

Read More
man on scale

肥満者の多くは終末期ケアを十分に受けていない――米研究

肥満者の多くは在宅でホスピスケアを十分に受けておらず、自宅以外で死亡する確率が高いとの研究結果が、「Annals of Internal Medicine」2月7日電子版に掲載された。

Read More
o-170211

糖尿病をもたない人でもHbA1c値は大動脈スティフネスの進行と関連する ――英研究

糖尿病をもたない人でもHbA1c値は大動脈スティフネス(動脈壁硬化)の進行と関連するとの研究結果が、「Diabetes Care」1月25日電子版に掲載された。

Read More