image_print
dramatic portrait of a homeless boy

子ども時代の家庭の経済力が、成人後のメタボや2型糖尿病リスクに影響する(2016.11.2配信)

小児期の家庭の経済力が、成人後にメタボリック症候群や2型糖尿病を発症するリスクと関連することを、トゥルク大学(フィンランド)のPuolakka氏らが「Diabetes Care」10月18日電子版に掲載の論文で発表した。

Read More
o-161103

スタチンが、2型糖尿病患者のインスリン関連がんリスクを低減する ――オーストラリアの患者184万人以上のデータを解析(2016.11.1配信)

2型糖尿病患者では、スタチンを使用すると、性や年齢とは独立してインスリン治療に関連したがんリスクが低減するとの研究結果が、「Journal of Internal Medicine」10月21日電子版に掲載された。

Read More
ÿÿÿÿ

思春期の重度肥満者では減量手術の費用対効果が高い――米研究(2016.11.1配信)

思春期の重度肥満者に対する減量手術は、減量に有効であるだけでなく、長期にわたる医療費の抑制にも有用な可能性が、「JAMA Surgery」10月26日電子版に掲載の論文で報告された。

Read More
o-161101

レスベラトロールはインスリン感受性を改善しない ――オランダの小規模研究から(2016.11.1配信)

レスベラトロールの補充療法は、2型糖尿病患者の肝臓や末梢のインスリン感受性を改善しないとの研究結果が、「Diabetes Care」10月7日電子版に掲載された。

Read More
LS003211

糖尿病網膜症検査の受診を妨げる要因は、患者と医療従事者で異なる ――米調査(2016.10.26配信)

糖尿病網膜症検査の受診を妨げる要因は、患者と医療従事者の間で大きく異なるとする研究結果が、米国疾病管理予防センター(CDC)が発行する「Preventing Chronic Disease」10月6日号に掲載された。

Read More
LS001854

2型糖尿病患者の血糖値を下げるには、食後すぐの運動が効果的? ――食後5分以内に10分間のウォーキングで効果(2016.10.26配信)

2型糖尿病患者の血糖値を下げるには、他の時間帯に比べて食後すぐにウォーキングを短時間行うとよいことが、オタゴ大学(ニュージーランド)のReynolds氏らにより報告された。「Diabetologia」10月17日電子版に […]

Read More
o-161016

SHBGと総エストラジオールが女性の2型糖尿病リスクと関連(2016.10.24配信)

性ホルモン結合グロブリン(SHBG)と総エストラジオール(TE)は女性の2型糖尿病発症の独立したリスク因子であるとの研究結果が、「Diabetes」10月10日電子版に掲載された。

Read More
Annoyed young teen with folded arms

思春期のBMIがその後の糖尿病による死亡リスクを予測 -イスラエルの若年者約230万人を追跡(2016.10.21配信)

思春期のBMIから中年期の糖尿病による死亡リスクを予測できるとの研究結果が、「Diabetes Care」10月12日電子版に掲載された。

Read More
human liver on a white background, 3d render

肥満と2型糖尿病患者は肝臓がんになりやすい? ――2型糖尿病患者ではリスクが倍増する(2016.10.20配信)

ウエスト周囲長の増加とBMI高値、2型糖尿病は肝臓がんの発症リスクを高めるとの研究結果が、「Cancer Research」10月号に掲載された。

Read More
o-161013

高たんぱく質食はインスリン抵抗性を改善しない -閉経後の肥満女性で検討、米研究(2016.10.19配信)

閉経後の肥満女性では、高たんぱく質の食事で減量してもインスリン抵抗性は改善しないとの研究結果が、「Cell Reports」10月11日号に掲載された。

Read More