image_print

監視下運動療法後も妊娠糖尿病の再発率は低下しない(2016.9.20配信)

専門家の監視下で妊娠13週から在宅運動療法を行っても、妊娠糖尿病(GDM)の再発率は低下しないとの研究結果が、「Obstetrics & Gynecology」10月号に掲載された。

Read More

中年期糖尿病患者の5人に2人がスタチンを処方されていない-米調査(2016.9.20配信)

中年期の糖尿病患者では、スタチン投与が推奨されているにもかかわらず、5人に2人が処方されていないとする研究結果が、「Journal of the American College of Cardiology」9月20日号 […]

Read More

大気汚染への長期曝露でインスリン抵抗性が増大する(2016.9.15配信)

大気汚染に長期間曝露すると、一般集団、とくに糖尿病前症患者でインスリン抵抗性が増大するとの研究結果が、「Diabetes」9月7日電子版に掲載された。

Read More

高GI食の継続摂取が肝脂肪蓄積とグリコーゲン貯蔵をもたらす(2016.9.14配信)

健康な成人が高グリセミック指数(GI)食を1週間摂取し続けると、低GI食に比べて肝脂肪蓄積とグリコーゲン貯蔵が増加するとの研究結果が、「Diabetes, Obesity and Metabolism」9月4日電子版に掲 […]

Read More

「グリセミック指数」は食後高血糖の指標として適切か?(2016.9.13配信)

グリセミック指数(GI)は同じ摂取量の同じ食べ物でも測定ごとに変動が大きく、食後血糖値の指標としては信頼性が低い可能性が、「American Journal of Clinical Nutrition」9月7日電子版に掲 […]

Read More

減量手術後には早期にインスリン感受性が改善する(2016.9.8配信)

糖尿病をもたない肥満患者では、減量手術後早期にインスリン感受性が改善するとの研究結果が、「Diabetes Care」8月29日電子版に掲載された。

Read More

2型糖尿病リスクは調理方法でかわる? -糖尿病予防には「茹でる・蒸す」調理を(2016.9.8配信)

焼く・揚げるといった乾式加熱(dry-heat)調理では終末糖化産物(AGE)が発生しやすく、2型糖尿病の発症リスクが増加する可能性のあることが、「Diabetologia」7月29日電子版に掲載の論文で報告された。糖尿 […]

Read More

肥満手術の減量効果は10年以上維持される-米研究(2016.9.7配信)

肥満手術による減量効果は10年間以上維持されるとの研究結果が、「JAMA Surgery」8月31日電子版に掲載された。

Read More

2型糖尿病の血糖管理にΔ9-テトラヒドロカンナビバリンが有効な可能性(2016.9.6配信)

インスリン未治療の2型糖尿病患者では、Δ9-テトラヒドロカンナビバリン(THCV)投与で空腹時血糖値(FPG)や膵β細胞機能などが改善するとの研究結果が、「Diabetes Care」8月29日電子版に掲載された。

Read More

長期にわたる体重維持が2型糖尿病の医療費削減に寄与(2016.9.5配信)

2型糖尿病の医療費は、患者が長期にわたり体重を維持管理すると減少し、体重が増えると血糖管理状況に応じて増加するとの研究結果が、「Diabetes Care」8月25日電子版に掲載された。

Read More