image_print
2HDN糖尿病ニュース9月20日配信2

全粒穀物の摂取量が多いほど2型糖尿病予防に有効か

  • By

精製されていない全粒穀物の摂取量が多いほど、2型糖尿病の発症リスクは低減する可能性があることが、デンマークがん学会研究センターのCecilie Kyrø氏らの研究から示唆された。1日1サービング(一食当たりの標準摂取量) […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース9月20日配信1

妊娠糖尿病は出産から10年後も母児の健康リスクを高める

  • By

妊娠糖尿病の女性は出産から10年が過ぎても2型糖尿病を発症するリスクが高い可能性のあることが、新たな研究で示された。こうした妊娠糖尿病による健康リスクは、妊娠糖尿病の女性から生まれた子どもにも及び、過体重や肥満になる頻度 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース9月13日配信2

たった一晩の睡眠不足が肥満の原因に?

  • By

たった一晩でも睡眠不足になると肥満につながるメカニズムの一端を解明したと、米ノースウェスタン大学のJonathan Cedernaes氏らが「Science Advances」8月22日オンライン版に発表した。健康な男性 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース9月13日配信1

血中アルドステロン高値で2型糖尿病リスク増

  • By

2型糖尿病と高血圧が併存する患者は多いが、血圧調節に重要な役割を果たすホルモンであるアルドステロンが、これらの疾患を関連づけている可能性のあることが新たな研究で示された。血中のアルドステロン値が高い人は2型糖尿病になりや […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース9月6日配信2

SGLT2阻害薬にフルニエ壊疽リスク、米FDAが警告

  • By

米食品医薬品局(FDA)は8月29日、糖尿病治療薬であるSGLT2阻害薬のまれではあるが重篤な性器感染症について警告を発出した。SGLT2阻害薬を服用している患者で、会陰部に生じた壊死性筋膜炎(フルニエ壊疽とも呼ばれる) […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース9月6日配信1

妊娠初期の血液検査で妊娠糖尿病リスクは予測可能か

  • By

妊娠10週前後の早い時期に血液検査で妊娠糖尿病の徴候を捉えられる可能性のあることが、米国立小児保健発育研究所(NICHD)のCuilin Zhang氏らによる研究で明らかになった。研究結果の詳細は「Scientific […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月30日配信2

適度な炭水化物の摂取が長生きの秘訣?

  • By

炭水化物は減らしすぎても増やしすぎても、健康にはよくないようだ。「The Lancet Public Health」8月16日オンライン版に掲載された新しい研究で、炭水化物を適度に食べることが長生きにつながる可能性のある […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月30日配信1

「運動不足でがんリスク上昇」、米で認知度低く

  • By

米国人の多くは、運動不足が原因で心疾患や糖尿病などの発症リスクが高まることは知っているが、大腸がんや乳がんなどの各種のがんや、呼吸器疾患、胃腸障害などのリスクが高まることは十分に認識していないことが、新たな研究で明らかに […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月23日配信2

禁煙後の体重増加で2型糖尿病リスク増

  • By

禁煙した人は、2型糖尿病の発症リスクを抑えるためにも、禁煙から2~6年間は体重が増えないように気をつけた方がよいようだ。米ハーバード大学T. H.チャン公衆衛生大学院の研究チームが実施した新たな研究で、禁煙後に体重が増え […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月23日配信1

若年発症の1型糖尿病患者は心血管保護が重要

  • By

10歳までに1型糖尿病と診断された若年発症の患者は、心血管疾患の発症や早期死亡のリスクが高いことが、ヨーテボリ大学(スウェーデン)のAraz Rawshani氏らによる研究で示唆された。1型糖尿病患者の寿命や心血管疾患の […]

Read More