image_print
Image

血糖コントロール不良の2型糖尿病患者に対する強化療法は心疾患リスクを低下させない(2009.1.29掲載)

血糖コントロールの不良な2型糖尿病患者に対する厳格な血糖コントロール(intensive blood sugar control、血糖降下強化療法)は、心臓発作や脳卒中などの心血管イベントを有意に減少させる効果がないこと […]

Read More
Image

FDAが新規糖尿病治療薬の心疾患リスク評価を要求(2009.1.22掲載)

米国食品医薬品局(FDA)は、2型糖尿病治療薬の新規承認を申請する全製薬企業に対し、事前に薬剤の心血管イベントリスク評価試験を求めるガイダンス文書を発表した。背景には、すでに承認済みのチアゾリジン系血糖低下薬において、心 […]

Read More
Image

地中海風の低血糖インデックス食は高繊維食よりも血糖コントロールに有効(2009.1.22掲載)

2型糖尿病患者は、レンズ豆のスープとパスタが食生活での選択すべき道だという。糖尿病患者の血糖値を下げ、心疾患の危険因子(リスクファクター)を減少する上では、豆(beans)、レンズ豆(lentils)、エンドウ豆(pea […]

Read More
Image

糖尿病治療薬で女性患者の骨折リスクが倍増(2009.1.15掲載)

2型糖尿病治療薬rosiglitazoneロシグリタゾン(商品名:Avandia、日本国内では未承認)あるいはピオグリタゾン(アクトス)を服用する女性患者では骨密度が低下し、骨折リスクが2倍に上昇するとのメタアナリシスの […]

Read More
Image

インスリン関連マーカーが大腸癌(がん)患者の死亡率を予測(2009.1.15掲載)

2つのインスリン関連蛋白(たんぱく)の血中濃度により、大腸(直腸結腸)癌(がん)患者の死亡リスクを予測できる可能性が新しい研究で示された。

Read More
Image

ビタミンKが高齢男性のインスリン抵抗性の進行を遅らせる(2009.1.8掲載)

高齢男性では、ビタミンK摂取によってインスリン抵抗性の進行を遅らせることができることが新しい研究で示された。高齢女性ではこの効果はみられないという。

Read More
Image

増加し続ける米国の糖尿病網膜症患者数(2009.1.8掲載)

米国疾病管理対策予防センター(CDC)はこのほど、全米での糖尿病網膜症患者数が、現在の約550万人から2050年までに1,600万人へ増大するとの推計をまとめた。 医学誌「Archives of Ophthalmolog […]

Read More
Image

染色体変異が糖尿病患者の心疾患リスクに関連(2008.12.25掲載)

血糖コントロール不良で冠動脈疾患を来しやすい患者での遺伝子変異を同定新しい研究で、血糖コントロール不良の2型糖尿病患者で、冠動脈疾患(CAD)リスクを高める遺伝子変異が同定され、米国医師会誌「JAMA」11月26日号で報 […]

Read More
Image

抗癌(がん)薬に1型糖尿病の治療効果認める-マウス研究(2008.12.18掲載)

自己免疫疾患の予防と改善効果示す慢性骨髄性白血病やその他の癌(がん)治療に有効な分子標的薬イマチニブ(商品名グリベック)、および同じチロシンキナーゼ阻害薬であるスニチニブ(同スーテント)が1型糖尿病の発症予防や治療に有効 […]

Read More
Image

糖尿病患者の冠動脈血管再生術には薬剤溶出ステントが最善(2008.12.11掲載)

ベアメタルステントよりも安全かつ効果的 糖尿病患者の冠動脈血管再生術(revascularization)には、薬剤溶出ステントのほうがベアメタルステントよりも有効性、安全性ともに優れているとの知見が、新しい研究で示され […]

Read More