image_print
Image

適切な食事と運動が心血管疾患、糖尿病予防の確実な方法(2007.9.6掲載)

ライフスタイルの改善が疾患リスクを大幅に低下させる 健康の実現に魔法はないが、近づく方法はあるようだ。健康的な食事と定期的な運動によって、心血管疾患と2型糖尿病による死亡リスクを確実に下げることができるとの知見が、米ハー […]

Read More

糖尿病患者の3分の1は睡眠時無呼吸(2007.8.30掲載)

年配男性ほど睡眠時覚醒のリスク高い 2型糖尿病治療を行っている人の36%が、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)でもあることが、米Whittier糖尿病研究所(カリフォルニア州ラホラ)の研究から示された。

Read More

運動が若年1型糖尿病に便益もたらす(2007.8.23掲載)

定期的な身体活動の頻度が血糖値維持の重要な因子に 1型糖尿病の患児を持つ親は、子供をソファから追い出し、戸外で30分以上遊ばせることで、心臓の健康を守ることができる。このような知見がドイツとオーストリアの研究で明らかにな […]

Read More

糖尿病患者で高い外傷後合併症のリスク(2007.8.16掲載)

退院後はリハビリ施設に移行する傾向 糖尿病患者は、外傷治療後に合併症を起こす可能性が非糖尿病患者に比べ高いとの研究結果が、米医学誌「Archives of Surgery 」7月号に掲載された。同様に、ICU(集中治療室 […]

Read More
Image

糖尿病治療に効果示す新旧両薬(2007.8.2掲載)

抗マラリア薬による発症リスクの減少と新薬の減量効果 古くから使われている薬剤の新しい効能と新薬の持つユニークな作用が、2型糖尿病の予防と治療に便益をもたらす可能性を示す2つの研究結果が、米国医師会雑誌「JAMA」7月11 […]

Read More
Image

歯止めの効かない糖尿病の増大(2007.7.26掲載)

合併症の増加もさらに深刻に 米国人における2型糖尿病患者は今後も増大を続け、2050年までに4,800万人に達すると推計されている。その中で、糖尿病だけでなく、失明や聴覚障害といった合併症の患者も同じように増加を続けると […]

Read More
Image

米国人女性における糖尿病治療は不十分(2007.7.19掲載)

男性では死亡率が低下、女性では上昇 「ここ数十年間の糖尿病治療の進歩は、米国人女性には便益をもたらしていない」とする米疾病管理予防センター(CDC)の研究結果が報告された。男性糖尿病患者の死亡率は過去数十年低下傾向にある […]

Read More
Image

糖尿病が平均余命を8年短縮(2007.7.12掲載)

心臓病のリスクも同時に高める 「糖尿病と診断されることは、平均余命(年齢別死亡率に基づく統計学上の生きながらえる平均的年数)が平均8年短縮することを意味する」との知見が、米医学誌「Archives of Internal […]

Read More
Image

電子カルテは糖尿病医療の改善に反映されていない(2007.7.5掲載)

全体的な改善計画の一手段として活用すべき 電子カルテシステムをプライマリケア(一次医療)で使用した場合に、糖尿病患者の疾患管理が改善するとは言い切れないことが、米UMDNJ-ニュージャージー医科大学(ニュージャージー州) […]

Read More

腹部埋め込み型の血糖測定システムを承認(2007.6.28掲載)

5分おきに7日間継続自動測定 米国食品医薬品局(FDA)は6月4日、腹部皮下に直接埋め込み、5分ごとに7日間継続して血糖値を自動測定する使い捨てセンサーを承認したと発表した。

Read More