image_print
Image

エアロビと筋トレの併用が2型糖糖尿病の予防、管理により有効(2007.10.18掲)

単独運動に比べHbA1cを倍近く低減 運動が2型糖尿病の予防や管理改善に有効なことは知られているが、中でもエアロビクス(有酸素運動)とウエイト(筋力)トレーニングを併用することによって、より高い効果が得られるとする研究結 […]

Read More
Image

利尿薬とACE阻害薬の併用が糖尿病性心疾患を予防(2007.10.11掲載)

大規模長期臨床試験「ADVANCE」で明らかに 2型糖尿病患者の血圧管理には利尿薬とACE阻害薬の併用が有用であることが、多国間の大規模長期臨床試験「ADVANCE (Action in Diabetes and Vas […]

Read More
Image

妊娠糖尿病治療が子どもの肥満防止につながる(2007.10.4掲載)

7歳児までの過体重と肥満リスクを低下 妊娠糖尿病を発症した女性が治療を受けないでいると、児が将来的に肥満するリスクが高くなるが、治療によりその肥満リスクを実質的に除去できることが、米カイザーパーマネンテKaiser Pe […]

Read More
Image

肥満が必ずしも糖尿病につながるとは限らない(2007.9.27掲載)

脂肪の蓄積場所が鍵 肥満が必ずしも糖尿病の発症につながらないことが、米国でのマウスを用いた実験で明らかになった。糖尿病発症のいかんは、脂肪が身体のどの部分に蓄積されるかにかかっているという。

Read More
Image

心臓発作が糖尿病リスクを高める(2007.9.20掲載)

疾患が互いに悪影響及ぼす 糖尿病が心疾患リスクを高めることは知られているが、それとは逆に、心臓発作が糖尿病発症と糖尿病前症(pre-diabetes)のリスクを急激に高めるとのイタリアの研究が、英医学誌「Lancet」8 […]

Read More
Image

糖尿病患者での心疾患リスクに関するより詳細な検討(2007.9.13掲載)

狭心症から重度の心臓発作まで発症後死亡率は高い 糖尿病が心疾患の危険因子(リスクファクター)であることは大部分の人は知っているが、胸痛を示す不安定狭心症から心臓発作までを含む心イベントである急性冠症候群(ACS)において […]

Read More
Image

適切な食事と運動が心血管疾患、糖尿病予防の確実な方法(2007.9.6掲載)

ライフスタイルの改善が疾患リスクを大幅に低下させる 健康の実現に魔法はないが、近づく方法はあるようだ。健康的な食事と定期的な運動によって、心血管疾患と2型糖尿病による死亡リスクを確実に下げることができるとの知見が、米ハー […]

Read More

糖尿病患者の3分の1は睡眠時無呼吸(2007.8.30掲載)

年配男性ほど睡眠時覚醒のリスク高い 2型糖尿病治療を行っている人の36%が、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)でもあることが、米Whittier糖尿病研究所(カリフォルニア州ラホラ)の研究から示された。

Read More

運動が若年1型糖尿病に便益もたらす(2007.8.23掲載)

定期的な身体活動の頻度が血糖値維持の重要な因子に 1型糖尿病の患児を持つ親は、子供をソファから追い出し、戸外で30分以上遊ばせることで、心臓の健康を守ることができる。このような知見がドイツとオーストリアの研究で明らかにな […]

Read More

糖尿病患者で高い外傷後合併症のリスク(2007.8.16掲載)

退院後はリハビリ施設に移行する傾向 糖尿病患者は、外傷治療後に合併症を起こす可能性が非糖尿病患者に比べ高いとの研究結果が、米医学誌「Archives of Surgery 」7月号に掲載された。同様に、ICU(集中治療室 […]

Read More