image_print
Image

インスリン抵抗性などが睡眠障害にも影響(2009.2.19掲載)

肥満に関連する3つの状態(condition)が、それぞれ独立して睡眠時無呼吸に関連しているとの研究報告が、米医学誌「American Journal of Respiratory and Critical Care M […]

Read More
Image

唾液中の蛋白(たんぱく)で2型糖尿病をモニターリング(2009.2.12掲載)

米国およびインドの研究者らにより、唾液検査による2型糖尿病をモニターリング(監視)する方法が開発中であり、将来、侵襲的な血液検査に代わる可能性もあるという。

Read More
Image

米国人の甘味飲料の消費量が大幅に増加(2009.2.12掲載)

米国人らしい生活では、超ビッグサイズの甘い炭酸飲料やコーヒーの大量摂取がその一部となっている。しかし、そうした甘味飲料から摂取されるカロリーは20年前より50kcalも多い1日平均300kcalに達していることが、米ジョ […]

Read More
Image

医師に糖尿病患者に対する睡眠時無呼吸の検査を勧告(2009.2.5掲載)

2型糖尿病患者の夜間のいびきと昼間の居眠りは、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)である可能性が高いという。

Read More
Image

糖尿病が認知障害に関連(2009.2.5掲載)

成人糖尿病患者では、精神機能の1つである遂行機能(executive function)の低下が加速され、思考スピードが遅くなる可能性もあることが、カナダの研究で明らかになった。

Read More
Image

1型糖尿病患児の75%でビタミンDが不足(2009.1.29掲載)

1型糖尿病の小児および青年(adolescent)の約75%はビタミンD不足の状態にあることが、米ジョスリン糖尿病センター(ボストン)の研究で明らかになった。ビタミンDの欠乏は、特に1型糖尿病患者では将来的に骨障害をもた […]

Read More
Image

血糖コントロール不良の2型糖尿病患者に対する強化療法は心疾患リスクを低下させない(2009.1.29掲載)

血糖コントロールの不良な2型糖尿病患者に対する厳格な血糖コントロール(intensive blood sugar control、血糖降下強化療法)は、心臓発作や脳卒中などの心血管イベントを有意に減少させる効果がないこと […]

Read More
Image

FDAが新規糖尿病治療薬の心疾患リスク評価を要求(2009.1.22掲載)

米国食品医薬品局(FDA)は、2型糖尿病治療薬の新規承認を申請する全製薬企業に対し、事前に薬剤の心血管イベントリスク評価試験を求めるガイダンス文書を発表した。背景には、すでに承認済みのチアゾリジン系血糖低下薬において、心 […]

Read More
Image

地中海風の低血糖インデックス食は高繊維食よりも血糖コントロールに有効(2009.1.22掲載)

2型糖尿病患者は、レンズ豆のスープとパスタが食生活での選択すべき道だという。糖尿病患者の血糖値を下げ、心疾患の危険因子(リスクファクター)を減少する上では、豆(beans)、レンズ豆(lentils)、エンドウ豆(pea […]

Read More
Image

糖尿病治療薬で女性患者の骨折リスクが倍増(2009.1.15掲載)

2型糖尿病治療薬rosiglitazoneロシグリタゾン(商品名:Avandia、日本国内では未承認)あるいはピオグリタゾン(アクトス)を服用する女性患者では骨密度が低下し、骨折リスクが2倍に上昇するとのメタアナリシスの […]

Read More