image_print
Image

抗癌(がん)薬に1型糖尿病の治療効果認める-マウス研究(2008.12.18掲載)

自己免疫疾患の予防と改善効果示す慢性骨髄性白血病やその他の癌(がん)治療に有効な分子標的薬イマチニブ(商品名グリベック)、および同じチロシンキナーゼ阻害薬であるスニチニブ(同スーテント)が1型糖尿病の発症予防や治療に有効 […]

Read More
Image

糖尿病患者の冠動脈血管再生術には薬剤溶出ステントが最善(2008.12.11掲載)

ベアメタルステントよりも安全かつ効果的 糖尿病患者の冠動脈血管再生術(revascularization)には、薬剤溶出ステントのほうがベアメタルステントよりも有効性、安全性ともに優れているとの知見が、新しい研究で示され […]

Read More
Image

週2回の魚メニューが糖尿病患者における腎疾患リスクを低減(2008.12.4掲載)

食生活の改善が血糖管理の効果高める 魚類の食事メニューを週に2回取り入れることで、糖尿病患者における腎疾患リスクを低減できることが、糖尿病患者517例を含む2万2,000人以上の成人を対象にした英国の研究で明らかになった […]

Read More
Image

糖尿病に対する危険性の認識度の低さが米世論調査により判明(2008.11.27掲載)

米国民は糖尿病よりサメに噛まれることを心配している 数百万もの米国人が糖尿病の発症リスクを有しているのに対し、その脅威を認識している人があまりに少ないことが、米国の世論調査で明らかになった。調査結果からは、回答者の多くが […]

Read More
Image

ADA/EASD合同の2型糖尿病治療法の改訂ガイドラインを発表(2008.11.20掲載)

初期治療での生活習慣の改善とメトホルミン推奨には変化なし 米国糖尿病協会(ADA)と欧州糖尿病研究協会(EASD)のコンセンサスに基づく、段階的な治療アプローチを骨子とする2型糖尿病治療法の改訂ガイドライン(指針)が発表 […]

Read More
Image

ハイリスク小児、糖尿病患者は定期的に血圧チェックを(2008.11.13掲載)

専門家が提言 心臓を長期的に守るには、3歳からの小児および糖尿病患者が、定期的に血圧チェックを受ける必要があるという専門家の提言が発表された。提言内容は、高血圧と診断された小児、とりわけメタボリック症候群を発症するリスク […]

Read More
Image

うつ病合併の高齢糖尿病患者では死亡率が高い(2008.11.6掲載)

自己管理の貧弱性などが関与 メディケア(米国の高齢者医療保険)受給者の糖尿病患者で、うつ病を合併している人では死亡率の高いことが、米ワシントン大学(シアトル)精神行動科学のWayne Katon氏らの研究で明らかになった […]

Read More
Image

1型糖尿病治療の可能性が期待される新しいワクチンを開発(2008.10.30掲載)

新規患児においてインスリン産生の持続が認められる 新たに1型糖尿病と診断された患者の免疫システムの応答を変えるワクチンが、スウェーデンの研究者らにより開発された。有害事象(イベント)なしに、患者自身のインスリン分泌を維持 […]

Read More
Image

新しい糖尿病治療薬GLP-1アナログ製剤が臨床試験で有効性を示す(2008.10.23掲載)

2009年にも米国市場での承認が予測される 新しいクラスの糖尿病治療薬の新薬がまた1つ、米国市場に出る可能性が強まったとの報告が、米国の研究者により示された。新薬liraglutide(リラグルチド)は、ホルモンの一種で […]

Read More
Image

糖尿病をコントロールする新しい非侵襲性デバイス(2008.10.16掲載)

腸壁をライナーで覆って血糖値を低下させる 取り外しの自由な埋め込み式の腸壁ライナーが、血糖コントロールと減量を促進する新しい治療法となる可能性が米国の研究で明らかになった。現行の胃バイパスなどの侵襲的手術とは対照的に、こ […]

Read More