image_print

妊娠糖尿病発症の鍵を握る蛋白(たんぱく)質を同定(2007.11.29掲載)

膵β(ベータ)細胞の成長を抑制 米スタンフォード大学(カリフォルニア州)医療センターの研究者らが、メニン(menin)という膵臓に存在する蛋白(たんぱく)質が、妊娠糖尿病(GDM)発症の鍵を握っている可能性があ […]

Read More
Image

肥満が世界的規模の問題に(2007.11.22掲載)

成人の4分の1が該当 世界的にみて、男性人口の40%と女性人口の30%が過体重(BMI25以上30未満)で、男性人口の24%と女性人口の27%が肥満(BMI30以上)であるとの知見が、5大陸63カ国が参加した「国際腹部肥 […]

Read More
Image

米ロックミュージシャンが糖尿病予防と管理を呼びかけ(2007.11.15掲載)

人気番組「アメリカン・アイドル」でもキャンペーン 米国のロックミュージシャンで音楽プロデューサー、かつ2型糖尿病患者でもあるランディ・ジャクソン氏が、糖尿病の予防と管理のキャンペーンの旗手になってきた。FOXテレビの人気 […]

Read More
Image

赤ワインの含有物質が糖尿病治療に効果もたらす(2007.11.8掲載)

レスベラトロールがインスリン感受性を改善 赤ブドウの皮や赤ワインに含有され、糖尿病治療やその他の症状改善に有効とされるポリフェノール成分の一つ、レスベラトロール(resveratrol)の分子鎖の活性を中国科学院(上海) […]

Read More
Image

オメガ-3脂肪酸が1型糖尿病発症を抑制(2007.11.1掲載)

摂取量の多いハイリスク児では発症率が有意に低下 1型糖尿病発症リスクの高い児では、不飽和脂肪酸の1つ、オメガ-3脂肪酸を豊富に摂取することによって糖尿病の発症を抑えられる可能性が、米コロラド大学(デンバー)の研究で明らか […]

Read More
Image

インスリンを併用した2型糖尿病の治療法に優劣なし(2007.10.25掲載)

医師は患者個人に適した治療法の指導が求められる 2型糖尿病に対するインスリン注射と薬剤の併用療法おいて、最適なインスリン投与法を検討している英国の研究で、1日のインスリン投与回数の違いでは、どの投与法が糖尿病の管理に最善 […]

Read More
Image

エアロビと筋トレの併用が2型糖糖尿病の予防、管理により有効(2007.10.18掲)

単独運動に比べHbA1cを倍近く低減 運動が2型糖尿病の予防や管理改善に有効なことは知られているが、中でもエアロビクス(有酸素運動)とウエイト(筋力)トレーニングを併用することによって、より高い効果が得られるとする研究結 […]

Read More
Image

利尿薬とACE阻害薬の併用が糖尿病性心疾患を予防(2007.10.11掲載)

大規模長期臨床試験「ADVANCE」で明らかに 2型糖尿病患者の血圧管理には利尿薬とACE阻害薬の併用が有用であることが、多国間の大規模長期臨床試験「ADVANCE (Action in Diabetes and Vas […]

Read More
Image

妊娠糖尿病治療が子どもの肥満防止につながる(2007.10.4掲載)

7歳児までの過体重と肥満リスクを低下 妊娠糖尿病を発症した女性が治療を受けないでいると、児が将来的に肥満するリスクが高くなるが、治療によりその肥満リスクを実質的に除去できることが、米カイザーパーマネンテKaiser Pe […]

Read More
Image

肥満が必ずしも糖尿病につながるとは限らない(2007.9.27掲載)

脂肪の蓄積場所が鍵 肥満が必ずしも糖尿病の発症につながらないことが、米国でのマウスを用いた実験で明らかになった。糖尿病発症のいかんは、脂肪が身体のどの部分に蓄積されるかにかかっているという。

Read More