image_print

肥満は疾患、死亡の予測指標にはならない(2006.09.25掲載)

糖尿病のほうが肥満よりも死亡リスク高い 肥満ではなく糖尿病が危険度の高い疾患 (critical illness)を招き、早期の死亡リスクをもたらすとの新しい知見が、大規模コホート研究のデータを分析した米エモリー大学医学 […]

Read More
Image

糖尿病治療薬rosiglitazoneに発症予防効果(2006.09.15掲載)

欧州糖尿病学会でDREAM治験成績発表 2型糖尿病治療薬rosiglitazone(商 品名:Avandia,)に糖尿病発症予防効果があることが、先ごろコペンハーゲンで開かれた欧州糖尿病学会(EASD)で報告された。カナ […]

Read More
Image

幼児期の過体重が小児期の肥満に影響(2006.09.05掲載)

12歳時でも過体重のケースが多い 「ぽっちゃりした赤ちゃん」という程度の幼児期の過体重が、のちの人生の体重問題を予測する因子になりそうだ。5歳 未満で過体重であった児では、標準体重の児に比べ、成長した12歳時でも過体重で […]

Read More
Image

全米31州で成人肥満が増加(2006.08.29掲載)

米国人の3分の2に糖尿病などのリスク 全米の州ごとの肥満率を集計しているNPO組織 「Trust for America's Health(TFAH)」はこのほど、2004年の年次報告を発表、連邦政府や州を挙げた […]

Read More
Image

肥満が早期死亡リスクを上昇させる(2006.08.23掲載)

BMI30以上では正常体重者の2~3倍 肥満が健康に悪影響を及ぼすことは周知の事実だが、中年期の肥満が早期死亡のリスクを著明有意に引き上げることを示す新知見が、「New England Journal of Medici […]

Read More
Image

インスリン抵抗性が10代若者の心血管疾患リスクを予測 (2006.08.21掲載)

BMIとは独立した因子 10代の若年世代では、インスリン抵抗性が将来の糖尿病と心血管疾患発症リスクの強力な予測指標になるとの研究結果が、「Hypertension」8月22日号に報告された。報告者の米ミネソタ医科大学小児 […]

Read More
Image

新生児糖尿病の多くでインスリンから経口薬への転換が可能(2006.08.02掲載)

遺伝子変異の存在が判断材料に 生後6か月までの周産期に糖尿病と診断されたケースの多くに、治療をインスリン注射から古典的な経口糖尿病薬であるスルホニル尿素(SU)薬へと転換できる可能性を示す2つの新知見が、医学誌「New […]

Read More
Image

2型糖尿病リスクを高める遺伝子多型(2006.07.19掲載)

生活習慣の是正により影響は低減できる ある種の遺伝子多型を持つ人では、2型糖尿病発症のリスクが80%増大するとの研究結果が、医学誌「New England Journal of Medicine」(NEJM)7月20日号 […]

Read More

糖尿病が緑内障の危険因子に(2006.07.18掲載)

POAG患者の3分の2で血糖異常との関連を確認 失明の主要原因の1つである緑内障で、最も標準的なタイプである原発開放隅角緑内障(POAG)患者の3分の2に、2型糖尿病との関連が認められることが、米Massachusett […]

Read More
Image

糖尿病が心血管疾患罹病、死亡転帰を早める(2006.06.30掲載)

平均余命も非糖尿病患者に比べ短い 糖尿病では心血管疾患(CVD)を合併しやすいこ とが知られているが、実際に2型糖尿病患者が致死性および非致死性の心臓発作(心筋梗塞)、脳卒中、その他の心血管イベントによって苦痛を受ける年 […]

Read More