image_print
2HDN糖尿病ニュース7月13日配信1

“準最適”な腎臓の移植でも機能を維持、透析よりも優れた選択肢に?

  • By

何らかの疾患がある高齢のドナーから提供された“準最適(suboptimal)”な腎臓であっても、移植後の機能はこれまで考えられていたよりも優れていることを示した研究結果が「Journal of the American […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース7月6日配信2

透析患者の血流感染、原因の多くは中心静脈カテーテル

  • By

人工血液透析患者における血流感染(bloodstream infection)の多くは、中心静脈カテーテルを留置した患者で起こっていることが「Clinical Journal of the American Societ […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース7月6日配信1

1型糖尿病患者の約半数でインスリン分泌能が残存

  • By

1型糖尿病患者の約半数では、発症から10年以上が経過してもなお、わずかながらも内因性のインスリン分泌能が残存していることが「Diabetes Care」6月15日オンライン版に掲載の論文で報告された。

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月29日配信2

血糖測定用試験紙のリサイクルに注意喚起 -米FDA

  • By

米国では数百万人の糖尿病患者が簡易型の血糖測定器を携帯し、血糖値を自己測定している。しかし、血糖測定用の試験紙などの消耗品にかかるコストがかさむため、節約のために中古の試験紙を買い求める患者も多い。未使用の試験紙のリサイ […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月29日配信1

サイクリングで心も身体も健やかに -米専門家がアドバイス

  • By

自転車で戸外を走るサイクリングは健康全般に良い影響をもたらし、体力や筋力を向上させ、精神面も安定させるなど、心にも身体にもベネフィットがあることから、米ペンシルベニア州立大学のAlan Adelman 氏は、日常の移動手 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月22日配信2

ブロッコリー新芽の成分が2型糖尿病の血糖管理に有望?

  • By

ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)に多く含まれる「スルフォラファン」と呼ばれる物質が、肥満を伴う2型糖尿病患者の血糖コントロールに役立つ可能性のあることが、スウェーデンで行われた研究で分かった。

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月22日配信1

低血糖治療にグルカゴン含有の経鼻パウダーが有望

  • By

糖尿病患者にとって、低血糖は極めて危険な健康状態をもたらすリスクとなるが、経鼻投与できるパウダータイプのグルカゴンによって血糖値が迅速に正常化することを示した研究結果が第77回米国糖尿病学会(ADA 2017、6月9~1 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月15日配信2

インスリンを使用しない2型糖尿病患者の血糖自己測定は不要? ――ADA 2017で発表

  • By

インスリン療法を受けていない2型糖尿病患者は、血糖自己測定(SMBG)を行わなくても血糖コントロールには悪影響はないとする研究結果が第77回米国糖尿病学会(ADA 2017、6月9~13日、サンディエゴ)で発表され、「J […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月15日配信1

SGLT2阻害薬で糖尿病性ケトアシドーシスのリスクが増加

  • By

2型糖尿病の治療に用いるSGLT2阻害薬は、頻度はまれだが生命に危険を及ぼす糖尿病ケトアシドーシス(DKA)のリスクを増加させる可能性のあることが、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院のMichael Fralick氏らの […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月8日配信2

「70歳でも血管年齢20歳」は可能――ただし相当な努力が必要

  • By

70歳を超えても20歳代のしなやかで健康な血管を維持する-これは簡単ではないが、実現可能であることを示唆する新たな研究結果が報告された。

Read More