image_print
4HDN国内ニュース10月15日配信2

脂肪細胞のベージュ化を促す調節メカニズムを解明 M2マクロファージの除去が鍵か、富山大

  • By

基礎代謝を高めるために起こる脂肪細胞のベージュ化(褐色化)を調節するメカニズムの一端を明らかにしたと、富山大学大学院内科学講座1教授の戸邉一之氏らの研究グループが「Scientific Reports」10月1日オンライ […]

Read More
4HDN国内ニュース10月15日配信1

全身持久力を高く保つと高血圧になりにくい? 約6千人の日本人男性で検討、東北大

  • By

全身持久力を測定した約6,000人の日本人成人男性を23年間追跡した結果、厚生労働省が推奨する全身持久力の基準を継続的に達成すると高血圧になりにくい可能性があることが、東北大学大学院運動学分野講師の門間陽樹氏らの研究グル […]

Read More
4HDN国内ニュース10月9日配信2

高齢者では低強度運動がインスリン抵抗性と関連か 名古屋大の研究グループ

  • By

糖尿病のない日本人の高齢者では、低強度の身体活動と1日の歩数はインスリン抵抗性をはじめとする心血管代謝リスク因子と関連する可能性があることが、名古屋大学大学院地域在宅医療学老年科学准教授の梅垣宏行氏らの研究グループの検討 […]

Read More
œp

左室心筋重量減少に有効な経口血糖降下薬とは? 2型糖尿病患者のRCTネットワークメタ解析

  • By

経口血糖降下薬のうちスルホニル尿素(SU)薬であるグリクラジドだけが、プラセボや他の血糖降下薬と比べて2型糖尿病患者の左室心筋重量(LVM)の減少に有効な可能性があることが、伊勢赤十字病院(三重県)糖尿病・代謝内科の井田 […]

Read More
4HDN国内ニュース10月1日配信2

オメガ3系脂肪酸摂取が不安症状の軽減に有効か 19件の臨床試験のメタ解析結果

  • By

青魚などに含まれるオメガ3系脂肪酸を摂取すると不安症状が軽減する可能性があることが、国立がん研究センター社会と健康研究センター健康支援研究部長の松岡豊氏らの研究グループの検討で分かった。特に身体疾患や精神疾患などを抱えて […]

Read More
4HDN国内ニュース10月1日配信1

糖尿病予備軍でも肥満だと腎症リスク増 大阪市立大

  • By

糖尿病と診断されるほどではないが、血糖値が正常よりわずかに高い糖尿病予備軍でも肥満があると糖尿病腎症を発症するリスクが高まる可能性があることが、大阪市立大学大学院代謝内分泌病態内科学講師の津田昌宏氏と同大学腎臓病態内科学 […]

Read More
4.1.1

血中ALT値とGGT値の同時上昇で2型糖尿病リスク増 愛知職域コホート研究から

  • By

中年期の日本人男性では、肝臓に関する血液検査の指標として知られるアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)とガンマグルタミルトランスフェラーゼ(GGT)の値が同時に上昇すると、2型糖尿病の発症リスクが高まる可能性があるこ […]

Read More
4.1.1

骨粗鬆症や椎体骨折は2型糖尿病患者のADLやQOL低下と関連 横断研究で検討、島根大

  • By

日本人の2型糖尿病患者を対象とした研究から、骨粗鬆症や骨粗鬆症性の椎体骨折は、その他の糖尿病合併症の影響とは関係なく患者の日常生活動作(ADL)と生活の質(QOL)の低下をもたらす可能性のあることが、島根大学内科学第一の […]

Read More
4HDN国内ニュース9月18日配信2

日本人2型糖尿病患者の約3割に不眠症 神経症傾向が強いと不眠症リスク増、弘前大

  • By

日本人の2型糖尿病患者の約3割に不眠症がみられ、特に神経症傾向が強いと不眠症になりやすいことが、弘前大学大学院神経精神医学講座の古郡規雄氏らの研究グループの検討で示唆された。不眠症にはその他にも女性や一人暮らし、肥満など […]

Read More
4HDN国内ニュース9月18日配信1

植物性たんぱく質の摂取量が多いと心血管疾患リスクは低い NIPPON DATA 90データを解析、慶應大

  • By

日本人の成人では、植物性たんぱく質を多く摂取するほど心血管疾患(CVD)による死亡リスクが低く、特に高血圧のない人でこの傾向が強いことが、慶應義塾大学衛生学公衆衛生学の栗原綾子氏らの研究グループの検討で分かった。植物性た […]

Read More