image_print

DPP-4阻害が肝機能に影響する機序を示唆(2015.2.9掲載)

DPP-4阻害薬は、肝脂質リモデリングと肝ミトコンドリア機能の調節を介して西洋型の食事(WD)による脂肪肝とインスリン抵抗性を減弱させることが、「Diabetes」電子版に1月20日掲載の論文から示唆された。

Read More

成人アトピー性皮膚炎が糖尿病に関連(2015.2.9掲載)

成人アトピー性皮膚炎患者では心疾患や脳卒中、糖尿病のリスクが高いことが、米ノースウェスタン大学のSilverberg氏らの研究で明らかになった。

Read More

植物性蛋白の低摂取が2型糖尿病患者のメタボリスクに(2015.2.2掲載)

炭水化物摂取量の減少に伴う植物性蛋白摂取量の減少や酸負荷の高い食事は、2型糖尿病患者のメタボリックシンドロームリスクとなることが、京都府立医大の岩瀬氏、田中氏、福井氏らの検討で分かった。

Read More
2015_2015feb2kokunai2

制御性T細胞の増殖機序を解明(2015.2.2掲載)

免疫反応を一定に保つ働きを担う免疫細胞「制御性T細胞(Treg)」のうち、内臓脂肪に存在するTregは脂肪組織に特徴的な分化・増殖機序を持つことが、理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫細胞システム研究グループの小安 […]

Read More

植物性蛋白の低摂取が2型糖尿病患者のメタボリスクに(2015.2.2掲載)

炭水化物摂取量の減少に伴う植物性蛋白摂取量の減少や酸負荷の高い食事は、2型糖尿病患者のメタボリックシンドロームリスクとなることが、京都府立医大の岩瀬氏、田中氏、福井氏らの検討で分かった。

Read More

胃バイパス術によるインスリン終了は減量に依存しない(2015.2.2掲載)

インスリン治療中の2型糖尿病患者に対するルーワイ胃バイパス術(RYGB)は、体重減少に関わらずインスリン治療終了を予測することが「Diabetes Care」電子版に1月8日掲載の論文で示された。

Read More

「座りっぱなし」による健康害は運動でも緩和されない(2015.2.2掲載)

毎日長時間座っていると、定期的な運動をしても重症疾患や若年死亡のリスクは緩和されないとの研究報告が、「Annals of Internal Medicine」1月20日号に掲載された。

Read More

糖尿病治療アドヒアランスに関わる因子とは(2015.2.2掲載)

糖尿病治療アドヒアランスには糖尿病の治療経験や自己負担額といった因子が関わることが、米ノースカロライナ大学のKirkman氏らの検討から示された。

Read More

肥満者には喫煙者より医療費がかかる(2015.2.2掲載)

喫煙者と肥満者の年間医療費は総じて高く、特に肥満者は喫煙者より高額であることが、米イリノイ大学のAn氏らから「Public Health」電子版に12月24日報告された。

Read More

n-3系脂肪酸がNEFAsによる2型糖尿病リスクを抑制(2015.2.2掲載)

非エステル化脂肪酸(NEFAs)は2型糖尿病リスクと関連するが、この関連はn-3系脂肪酸によって弱まることが、米ミネソタ大学Steffen氏らの検討で分かった。

Read More