image_print

果糖添加物の制限は糖尿病関連死を減らす(2015.2.9掲載)

加糖食品、特に果糖の摂取量を抑えることで2型糖尿病関連死を減らせるとする論説が、「Mayo Clinic Proceedings」電子版に1月29日掲載された。

Read More

がん診断が糖尿病治療アドヒアランスに影響(2015.2.9掲載)

がんと診断された糖尿病患者では糖尿病治療薬の服薬状況が不良になることが、オランダ癌総合機構のZanders氏および加アルバータ大学のJohnson氏らの検討から示された。

Read More

認知行動療法が糖尿病患者のうつ症状を改善(2015.2.9掲載)

糖尿病に特化した認知行動療法プログラム(Diabetes Motivation Strengthening [DIAMOS])によって糖尿病患者のうつ症状を改善できることが、独メルゲントハイム糖尿病協会研究所のHerma […]

Read More

妊娠糖尿病では中性脂肪が上昇(2015.2.9掲載)

妊娠糖尿病(GDM)女性では、妊娠期間を通じて有意に中性脂肪値(TG)が上昇することが、米アイオワ大学のRyckman氏らによるメタ解析で明らかになった。

Read More

DPP-4阻害が肝機能に影響する機序を示唆(2015.2.9掲載)

DPP-4阻害薬は、肝脂質リモデリングと肝ミトコンドリア機能の調節を介して西洋型の食事(WD)による脂肪肝とインスリン抵抗性を減弱させることが、「Diabetes」電子版に1月20日掲載の論文から示唆された。

Read More

成人アトピー性皮膚炎が糖尿病に関連(2015.2.9掲載)

成人アトピー性皮膚炎患者では心疾患や脳卒中、糖尿病のリスクが高いことが、米ノースウェスタン大学のSilverberg氏らの研究で明らかになった。

Read More

植物性蛋白の低摂取が2型糖尿病患者のメタボリスクに(2015.2.2掲載)

炭水化物摂取量の減少に伴う植物性蛋白摂取量の減少や酸負荷の高い食事は、2型糖尿病患者のメタボリックシンドロームリスクとなることが、京都府立医大の岩瀬氏、田中氏、福井氏らの検討で分かった。

Read More
2015_2015feb2kokunai2

制御性T細胞の増殖機序を解明(2015.2.2掲載)

免疫反応を一定に保つ働きを担う免疫細胞「制御性T細胞(Treg)」のうち、内臓脂肪に存在するTregは脂肪組織に特徴的な分化・増殖機序を持つことが、理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫細胞システム研究グループの小安 […]

Read More

植物性蛋白の低摂取が2型糖尿病患者のメタボリスクに(2015.2.2掲載)

炭水化物摂取量の減少に伴う植物性蛋白摂取量の減少や酸負荷の高い食事は、2型糖尿病患者のメタボリックシンドロームリスクとなることが、京都府立医大の岩瀬氏、田中氏、福井氏らの検討で分かった。

Read More

胃バイパス術によるインスリン終了は減量に依存しない(2015.2.2掲載)

インスリン治療中の2型糖尿病患者に対するルーワイ胃バイパス術(RYGB)は、体重減少に関わらずインスリン治療終了を予測することが「Diabetes Care」電子版に1月8日掲載の論文で示された。

Read More