image_print

若年糖尿病患者の2割が半年に一度も受診せず(2015.2.16掲載)

米国では、若年成人糖尿病患者の19%が、直近の6カ月に一度も医師の診察を受けていないことが、米国疾病管理予防センター(CDC)発表の2月データ概要から明らかになった。

Read More

ES/iPS細胞から高効率に膵細胞を作製(2015.2.16掲載)

ヒト多能性幹細胞(ESおよびiPS細胞)から移植用膵細胞を効率良く作製する方法を開発したと、京都大学CiRA増殖分化機構研究部門助教の豊田太郎氏らが発表した。

Read More
2015_2015feb9kno1

診療所の8割が「治療中断」を経験、経済的理由か(2015.2.9掲載)

「薬が切れているはずなのに受診に来ない」といった治療中断が、2014年7-12月の半年間に大阪府下の医科・歯科診療所の8割で起きていたことが分かった。

Read More
2015_2015feb9kno2

「親子の時間」が子どもの言語機能や脳の発達に影響(2015.2.9掲載)

親子が長時間一緒に過ごすことで小児の言語機能が発達し、さらに脳の構造にも良い影響を及ぼすことが分かった。東北大学加齢医学研究所の竹内氏、川島氏らによる縦断研究で、「Journal of Neuroscience」に2月4 […]

Read More

スマホで生活習慣チェック(2015.2.9掲載)

兵庫県は、パソコンやスマホで健康チェックができるサイト「ひょうご健康づくりチェックツール」を作成した。

Read More

治療中断、高血圧や糖尿病で多い(2015.2.9掲載)

2014年7-12月の半年間に、大阪府下の医科・歯科診療所の8割が何らかの理由による治療の中断を経験していることが分かった。

Read More

果糖添加物の制限は糖尿病関連死を減らす(2015.2.9掲載)

加糖食品、特に果糖の摂取量を抑えることで2型糖尿病関連死を減らせるとする論説が、「Mayo Clinic Proceedings」電子版に1月29日掲載された。

Read More

がん診断が糖尿病治療アドヒアランスに影響(2015.2.9掲載)

がんと診断された糖尿病患者では糖尿病治療薬の服薬状況が不良になることが、オランダ癌総合機構のZanders氏および加アルバータ大学のJohnson氏らの検討から示された。

Read More

認知行動療法が糖尿病患者のうつ症状を改善(2015.2.9掲載)

糖尿病に特化した認知行動療法プログラム(Diabetes Motivation Strengthening [DIAMOS])によって糖尿病患者のうつ症状を改善できることが、独メルゲントハイム糖尿病協会研究所のHerma […]

Read More

妊娠糖尿病では中性脂肪が上昇(2015.2.9掲載)

妊娠糖尿病(GDM)女性では、妊娠期間を通じて有意に中性脂肪値(TG)が上昇することが、米アイオワ大学のRyckman氏らによるメタ解析で明らかになった。

Read More