image_print

脂肪の取り過ぎで糖尿病、発症の機序解明(2014.11.17掲載)

脂肪の過剰摂取による2型糖尿病発症の機序にモータータンパク質KIF12が関与することが、東京大学医学系研究科特任教授の廣川信隆氏らから報告された。

Read More

前治療、BMI、食前血糖がGLP-1の効果不良を予測(2014.11.10掲載)

GLP-1受容体作動薬の治療効果不良は、前治療や導入時BMI、導入後食前血糖で予測できることが、国立国際医療研究センター糖尿病研究部の野田光彦氏らの検討で分かった。

Read More

「資格活かせていない」糖尿病療養指導士(2014.11.10掲載)

糖尿病療養指導士(CDE)で、資格を活かして十分な活動ができていると感じている人は4割に満たないことが、国立国際医療研究センター糖尿病研究部研修支援室の岸本美也子氏らのアンケートから明らかになった。

Read More

糖尿病イベント目白押し、大阪は「ためしたカッテン」(2014.11.4掲載)

11月14日の世界糖尿病デーに合わせ、全国で趣向を凝らした啓発イベントが多数計画されている。大阪市立総合医療センターでは11月5日に体験型糖尿病ゼミナール「ためしたカッテン2014」を開催。

Read More

網膜で血管が排除される仕組みを解明(2014.11.4掲載)

慶應大学医学部准教授の久保田義顕氏らは、血管が網膜など一部の臓器から排除される仕組みを解明した。糖尿病性網膜症などの治療法の開発につながると期待される。

Read More

糖尿病レシピコン、最優秀賞に川崎医療福祉大チーム(2014.11.4掲載)

日本糖尿病協会が主催する「第1回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」で、川崎医療福祉大学のチーム「ままかり」(畔田友紀さん、小谷美樹さん)が朝食献立として考案した「おいしー!ヘルシー!満腹朝ごはん」が最優秀賞に輝 […]

Read More

採血なし、光で血中脂質を測定(2014.11.4掲載)

産業技術総合研究所電子光技術研究部門光センシンググループ主任研究員の古川祐光氏らはこのほど、微弱な生体透過光を測定して、採血することなく血中脂質を測定できる高感度分光装置を完成させたと発表した。来年度の市場投入を目指す。

Read More

協調性の高い人ほど糖尿病が心の負担に(2014.10.23掲載)

日本人糖尿病患者では、協調性を重視する人ほど病気の負担を強く感じていることが、京都大学の池田氏、米デラウェア大学のMorling氏らの研究で分かった。

Read More

歯周病の男性は心筋梗塞リスクが2倍に(2014.10.22掲載)

歯周病の男性はそうでない男性に比べ心筋梗塞の発症リスクが約2倍と高いことが、東京大学医学系研究科公衆衛生学分野の野口都美氏らの縦断研究で分かった。

Read More

JSH2014、要約版と一般向けを10月末に刊行(2014.10.20掲載)

日本高血圧学会は10月末、「高血圧診療ガイドライン2014(JSH2014)」のダイジェスト版を刊行する。4月に刊行された完全版はオンラインで無料閲覧できるが、より簡便な要約版で指針内容の浸透をさらに高める。

Read More