image_print
2014_2014dec1kokuno1

インフルエンザの流行開始、今年のワクチンはちょっと違う(2014.12.1掲載)

2014-15年のインフルエンザが流行し始めている。全国の定点当たり患者数は第45週(11月3~9日)に0.22と3週連続で増加。第47週(11月17~23日)までには東京都や埼玉県で流行の目安となる1.0を超えた。

Read More
2014_2014dec1kokuno2

「かるしお認定」始めます――国循(2014.12.1掲載)

「国循の美味しい!かるしおレシピ」シリーズがベストセラーになっている国立循環器病研究センターが、市販食品に対する「かるしお認定」制度を始める。

Read More

「かるしお認定」始めます――国循(2014.11.25掲載)

「国循の美味しい!かるしおレシピ」シリーズがベストセラーになっている国立循環器病研究センターが、市販食品に対する「かるしお認定」制度を始める。

Read More

インスリン注入器取り違えに注意喚起――医療安全情報(2014.11.25掲載)

日本医療機能評価機構は11月17日付の医療安全情報で、インスリン注入器を別の患者のものと取り違えて投与した事例が2件発生したと報告、関係者に注意を喚起した。

Read More

加齢に伴って病気が増える仕組み解明(2014.11.25掲載)

糖尿病や認知症など老化に伴って疾患発症が増える仕組みには、長寿遺伝子サーチュイン(SIRT1)の機能低下が共通してあることが、東京医科歯科大学血流制御内科学教授の下門顕太郎氏らの検討で明らかになった。

Read More

医療機器による2型糖尿病治療の効果を確認(2014.11.25掲載)

熊本大学生命科学研究部代謝内科学分野助教の近藤龍也氏らは、微弱電流と温熱刺激を与える物理的刺激療法の2型糖尿病に対する臨床的有用性を確認したと発表した。

Read More

GLP-1の作用増強する新規経路を発見(2014.11.25掲載)

GLP-1の作用を増強し、血糖値を改善する新たな経路が、自治医科大学医学部教授の矢田俊彦氏らから発見された。

Read More

Sfrp1遺伝子が腎不全の発症に役割(2014.11.25掲載)

腎の線維化進行や腎不全の発症にSfrp1遺伝子が重要な役割を果たすことが、重井医学研究所分子遺伝部門主任研究員の松山誠氏らの研究で明らかになった。

Read More

14日は世界糖尿病デー、ゆるキャラ出演、花火や山手線広告も(2014.11.17掲載)

11月14日の「世界糖尿病デー」に向け、日本全国が盛り上がっている。実行委員会のまとめでは、当日前後にブルーライトアップを行う各地のモニュメントは、さっぽろテレビ塔や東京駅丸の内駅舎、大阪・通天閣、京都・二条城など160 […]

Read More

血糖管理をプライマリーケアの質評価に――OECD(2014.11.17掲載)

経済協力開発機構(OECD)は11月5日、都内で日本の医療の質についてレビューと今後への提言を発表した。

Read More