image_print
2HDN糖尿病ニュース3月16日配信2

定期的な眼科検診が末梢動脈疾患の早期発見につながる

  • By

定期的な眼科検診により網膜の細い血管の変化をみることで、足の血管に動脈硬化が起こって血液の流れが悪くなる末梢動脈疾患(PAD)を予測できる可能性が、新しい研究で示された。

Read More
2HDN糖尿病ニュース3月16日配信1

グルテンの摂取制限で2型糖尿病リスクが増加する

  • By

小麦粉や大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質の成分である「グルテン」の摂取を制限するグルテンフリーダイエット。最近注目を集めているこのダイエット法などでグルテンの摂取量を減らすと2型糖尿病の発症リスクが増加することが、米 […]

Read More

運動効果を妨げる肝臓ホルモン「ヘパトカイン」の働きを解明 ――金沢大の研究グループ

  • By

運動の効果には個人差が大きいことが知られているが、これには肝臓から分泌される「ヘパトカイン」と呼ばれるホルモンの1つ、セレノプロテインPが骨格筋に作用することで運動効果を無効にしている可能性があることを、金沢大学大学院内 […]

Read More

糖尿病患者の診察時間に影響を及ぼす因子とは? ――日本人の糖尿病患者約1,100人を解析

  • By

医師が糖尿病患者を診察する時間は患者のHbA1c値が高いほど長くなり、また、1型糖尿病患者やインスリン注射、睡眠導入薬、抗不安薬を使用する患者の場合も診察時間は長くなることが、東海大学医学部付属八王子病院総合内科の壁谷悠 […]

Read More
o-170308

糖尿病の併存は慢性心不全患者の転帰を悪化させる――イタリアからの報告

  • By

慢性心不全の外来患者では、糖尿病を併存すると1年後の有害転帰のリスクが増加するとの研究結果が、「Diabetes Care」3月2日電子版に掲載された。

Read More
Sehr dicker Mann mit erheblichem Übergewicht präsentiert sich der Kamera
Fat man isolated on white

米国で積極的に減量に取り組む人が減少――減量への関心が低下?

  • By

米国では20年前に比べて肥満の割合は増加しているにもかかわらず、積極的に減量に取り組む人は減少しているとの研究結果が、「Journal of the American Medical Association(JAMA)」 […]

Read More
o-170306

若年糖尿病患者の合併症リスクが高いのは1型か2型か? ――米研究

  • By

小児期~思春期に糖尿病を発症した若年患者では、1型糖尿病患者よりも2型糖尿病患者のほうが合併症の有病率が高いとの研究結果が、「Journal of the American Medical Association(JAM […]

Read More
4HDN国内ニュース3月13日配信2

運動効果を妨げる肝臓ホルモンの働きを解明 ――金沢大の研究グループ

  • By

運動の効果には個人差が大きいことが知られているが、これには肝臓から分泌される「ヘパトカイン」と呼ばれるホルモンの1つ、セレノプロテインPが骨格筋に作用することで運動効果を無効にしている可能性があることを、金沢大学大学院内 […]

Read More
4HDN国内ニュース3月13日配信1

糖尿病患者の診察時間に影響を及ぼす因子とは? ――日本人の糖尿病患者約1,100人を解析

  • By

医師が糖尿病患者を診察する時間は患者のHbA1c値が高いほど長くなり、また、1型糖尿病患者やインスリン注射、睡眠導入薬、抗不安薬を使用している患者の場合も医師は診察に時間をかける傾向がみられることが、東海大学医学部付属八 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース3月9日配信2

難治性心不全の予防に運動や減量が有効

  • By

定期的な運動を行い、太らないでいると難治性の心不全リスクが低下することが新しい研究で示された。

Read More

Search

記事カテゴリ