image_print
Image

産前産後のうつ病に糖尿病が関連(2009.3.26掲載)

低所得の糖尿病女性患者では、血糖値異常のない女性に比べ、妊娠中および産後のうつ病発症リスクが2倍高いことが、米国の大規模データのレビューで明らかになった。

Read More
Image

ティーンエイジャーの肥満は早死にリスクを高める(2009.3.26掲載)

18歳で肥満状態にある若者は、1日10本以上たばこを吸うのと同程度に早期死亡のリスクが高まることが、スウェーデンの研究で示された。

Read More
Image

血糖値のコントロール不良が記憶力に影響(2009.3.19掲載)

2型糖尿病患者では、血糖値の上昇が脳機能を低下させることが、カナダおよび米国の52施設における55歳以上の3,000人を対象とした研究で示された。

Read More
Image

降圧薬の2剤併用で糖尿病患者の腎不全リスクが低下(2009.3.19掲載)

2種類の降圧薬の併用により2型糖尿病患者の腎疾患リスクが21%低減することが、多国籍の大規模比較試験(ADVANCE試験)のサブ分析の結果から示され、米国腎臓病学会誌「Journal of the American So […]

Read More
Image

メタボリックシンドロームでは食塩摂取で血圧上昇を来しやすい(2009.3.12掲載)

メタボリックシンドロームの人では、他の人よりも食塩摂取の血圧に及ぼす影響が大きいことが示された。このようなハイリスク者にとって、塩分摂取の減少が特に重要であることを意味する。

Read More
Image

コーヒーが非喫煙女性の脳卒中リスクを低下(2009.3.12掲載)

非喫煙の女性では、コーヒーの摂取量が多いほど脳卒中発症リスクが低下するとの知見が、米国の大規模長期疫学調査で明らかになった。米医学誌「Circulation」3月3日号掲載の報告によると、コーヒー摂取による心疾患リスク上 […]

Read More
Image

疾患診断が中高年者での生活習慣の改善を促す(2009.3.5掲載)

中高年者では、心疾患や糖尿病など深刻な健康異常を診断されることによって、禁煙や減量などの生活習慣の改善に踏み切る傾向のあることが、米国の大規模研究で明らかになった。

Read More
Image

肥満の母親から先天性欠損児の生まれるリスク高い(2009.3.5掲載)

妊娠を計画している女性は、受胎前に余分な体重を落とすべきという知見が新しい研究で示された。肥満の母親から生まれた乳新生児は、重大な先天性欠損(birth defect)をもつリスクが高いという。

Read More
Image

強化インスリン療法が重症患児の死亡率を低減(2009.2.26掲載)

強化インスリン療法(intensive insulin therapy)は、重症患児の死亡や感染リスクを低下し、集中治療の期間を短縮することがヨーロッパの研究で示された。異常な高血糖は重症の乳児や小児にしばしば生じ、二次 […]

Read More
Image

米国での糖尿病患者の増加傾向続く(2009.2.26掲載)

米国では20歳以上の成人の約13%が糖尿病に罹患しており、このうち40%は糖尿病と診断されていないことが最近のデータの分析結果で明らかになった。前回調査と比べ、糖尿病患者の割合は増大していたが、未診断患者の比率は同様であ […]

Read More