image_print
Image

世界規模で深刻化する糖尿病の蔓延(2007.4.19掲載)

発展途上国での欧米化が増加の主因に 世界で2億4,600万人と推定される糖尿病患者の3分の2以上は、比較的貧しい発展途上国の人々であり、いまやエイズと並ぶ死因としてより多くの対策が必要になっている。このような冷静な調査結 […]

Read More
Image

FDAがリアルタイム型の小児用血糖測定器を承認(2007.4.5掲載)

1型糖尿病管理に有効 米食品医薬品局(FDA)はこのほど、成人用に使用されていた血糖測定器を7歳から17歳の小児1型糖尿病患者用にも承認することを決定した。 承認されたのは、すでに成人1型糖尿病患者向けに承認されていたリ […]

Read More
Image

糖尿病がより大きな脅威に(2007.3.29掲載)

カナダでの罹患率が予測値を上回る カナダ・オンタリオ州における2005年の糖尿病罹患率が、世界保健機関(WHO)が2030年までの予測値として推計した数字をすでに上回っていることが明らかになった。糖尿病の蔓延のスピードが […]

Read More

神経ペプチドとインスリン産生細胞の関連性を確認(2007.3.22掲載)

食欲をつかさどるホルモンが新たな糖尿病治療の一助に メラニン濃縮ホルモン(MCH)と呼ばれる神経ペプチドが、インスリン産生およびインスリン分泌にかかわる膵ベータ(β)細胞の増殖そのものにも関与しているとする新知 […]

Read More

糖尿病網膜症治療に手がかり与える新知見(2007.3.15掲載)

網膜症による視野欠損をもたらす蛋白質を同定 米ジョスリン糖尿病センター(ボストン)の研究チームは、糖尿病網膜症患者における眼内血管の怒張と漏出の原因となる蛋白(たんぱく)質を同定に成功、「NatureMedicine」1 […]

Read More

糖尿病のよりよい管理が脳卒中を低減(2007.3.8掲載)

糖尿病が脳卒中発症リスクを増大させるにもかかわらず、糖尿病の危険因子(リスクファクター)の管理はいまだ十分ではないとする研究結果が、米サンフランシスコで開かれた米国脳卒中協会(ASA)年次集会で報告された。 研究では、糖 […]

Read More

血糖値の変動がインスリン産生細胞の増大に影響(2007.2.1掲載)

マウス実験で糖尿病発症機序の一部が明らかに血糖値の変動がインスリン産生細胞の増大に影響 血糖値の変動によって2 型糖尿病の発症を予防できる可能性が、東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授の門脇孝氏らの研究で明らか […]

Read More

亜鉛の糖尿病予防効果は確認されていない(2007.2.22掲載)

「質のよい臨床研究が不足」とコクランレビューが指摘   サプリメント(栄養補助食品)製造業者らは、亜鉛サプリメント摂取が2型糖尿病予防にはよいと宣伝しているが、ランダム(無作為)化臨床試験の結果からは、実際にそ […]

Read More
Image

降圧薬の一部に糖尿病リスク高める可能性 (2007.2.8掲載)

個別のテーラーメード治療が好ましい 降圧薬の一部に、糖尿病発症リスクを高める可能性のある薬剤のあることが、米Rushラッシュ大学医学部(シカゴ)予防医学のWilliam Elliott博士らの研究報告で明らかになった。糖 […]

Read More

母親の幹細胞で1型糖尿病患児治療の可能性(2007.2.15掲載)

インスリン産生細胞を活性化 妊娠中に母体から胎児へ移入される細胞に、インスリン産生細胞を活性化させる機能のあること、また1型糖尿病の患児や若年成人では、その兄弟あるいは非糖尿病患者に比べ母方の血中DNA値が高いことなどが […]

Read More