image_print
Image

欧州で小児1型糖尿病が急増傾向(2009.6.25掲載)

現在の傾向が続けば、欧州では2020年までに15歳未満の1型糖尿病患者が70%増加するとの新知見が、英クイーンズ大学ベルファスト校Chris Patterson博士らの研究から明らかになった。

Read More
Image

肥満2型糖尿病患者では睡眠時無呼吸の可能性が高い(2009.6.18掲載)

肥満の2型糖尿病患者では、睡眠時無呼吸の未診断率が高いことが新しい研究で示された。306人の被験者のうち、87%が睡眠時無呼吸でありながら診断されていなかったという。この知見は医学誌「Diabetes Care(糖尿病ケ […]

Read More
Image

厳格な血糖管理は糖尿病患者の心疾患リスクを低減-5試験のメタアナリシス(2009.6.18掲載)

2型糖尿病患者では、厳格な血糖管理(血糖管理強化療法)によって心臓発作や心血管疾患リスクが低下するとの英国でのメタアナリシス研究結果が、英医学誌「The Lancet」5月23日号に掲載された。糖尿病患者の心疾患予防を目 […]

Read More
Image

睡眠中の長時間夜間透析が健康面でも望しい(2009.6.11掲載)

患者の睡眠中に行う夜間透析は、日中の時間を節約するだけでなく、健康面での効果もあることが英国の研究で示された。透析は救命措置であるにも関わらず、患者にとっては時間を費やす不便なものであることが多い。新しいオプションである […]

Read More
Image

高トリグリセライドが糖尿病神経障害の悪化に関連(2009.6.11掲載)

トリグリセライド(中性脂肪)が上昇している糖尿病患者では、四肢のしびれ感や刺痛、痛みにつながる神経障害(ニューロパシー)の進展リスクが増大するとの研究が、米国糖尿病協会(ADA)誌「Diabetes」オンライン版に5月1 […]

Read More
Image

抗酸化物質は運動によるインスリン感受性増大効果を低減させる(2009.6.4掲載)

運動はインスリン感受性を高め糖尿病予防につながるが、ビタミンCやEなどの抗酸化物質サプリメント(栄養補助食品)を摂取すると、その効果が低減することが示された。

Read More
Image

膵移植片機能が糖尿病患者の生存率に影響(2009.6.4掲載)

重度腎機能不全を合併する1型糖尿病患者が膵腎同時移植を受ける場合、移植1年後の膵機能が維持されれば生存率が高くなるとの試験結果が、「Clinical Journal of the American Society of […]

Read More
Image

移植膵細胞への免疫系の攻撃を防止するデバイス(2009.5.28掲載)

ポリテトラフルオロエチレン(polytetrafluorethylene、PTFE)のカプセルに封入した膵臓前駆細胞を移植することで、移植細胞への免疫系の攻撃を防ぎ、血糖値コントロールの機能をもつβ(ベータ)細 […]

Read More
Image

生活習慣因子が高齢者の糖尿病発症リスクにつながる(2009.5.28掲載)

身体運動、食事、喫煙、飲酒、体脂肪量など何種類もある生活習慣因子は、その組み合わせによって高齢者の糖尿病発症リスクに影響するとの研究結果が、米医学誌「Archives of Internal Medicine(内科学)」 […]

Read More
Image

calcium dobesilateは糖尿病患者での黄斑浮腫の予防効果示さず(2009.5.21掲載)

軽・中等症の糖尿病網膜症を有する糖尿病患者において、calcium dobesilate(ドベシル酸カルシウム、日本国内未承認)は、黄斑浮腫(ME)が原因の失明の予防効果はもたらさないことが新しい研究で示され、英医学誌「 […]

Read More