image_print
1HDN7月23日「パッケージニュース」No.1

米FDAがフルオロキノロン系薬の警告を再び強化

米食品医薬品局(FDA)は7月10日、フルオロキノロン系抗菌薬の安全性情報を発出し、新たな副作用の可能性に対する警告を強化するため製品表示の改訂を承認した。今回は新たに、せん妄や記憶障害などの精神神経系の副作用と重篤な低 […]

Read More
1HDN7月23日「パッケージニュース」No.2

米国人は政府より科学者を信じやすい?

政治家の中には科学を軽視する者もいるが、米国や英国の一般の人々はそうではないようだ。英ロンドン大学クイーン・メアリー校のMagda Osman氏らは、米国人と英国人の一般の参加者を対象に、科学の専門家あるいは政策立案者な […]

Read More
1HDN7月23日「パッケージニュース」No.3

バーチャルリアリティー治療で高所恐怖症は克服可能か

山の頂上まで登ったり、高層ビルの最上階まで上がったりすることに恐怖心を抱く高所恐怖症の人には、バーチャルリアリティーを用いた精神療法が有効かもしれない。高所が苦手な成人を対象としたランダム化比較試験(RCT)の結果、頭部 […]

Read More
1HDN7月23日「パッケージニュース」No.4

5300年前のミイラは高脂肪な食事が好みだった?

アルプス山脈で発見された5300年前の男性のミイラ「アイスマン」は、高脂肪な食事を好んで食べていた可能性があることが、ユーラック研究所(イタリア)のミイラ研究機関に所属するFrank Maixner氏らによる研究から明ら […]

Read More
1HDN7月19日「パッケージニュース」No.1

早期の離乳食開始で乳児の睡眠が改善する可能性

乳児がどうやったらよく眠れるようになるのかは親の悩みの一つだが、英国の新たな研究で、早期に離乳食を開始すると乳児の睡眠が改善する可能性のあることが示された。生後3カ月を過ぎた頃から母乳に加えて離乳食を与えられた乳児は、母 […]

Read More
1HDN7月19日「パッケージニュース」No.2

米国医師で燃え尽きが蔓延、重大な医療ミスの原因に

米国の6,000人を超える医師を対象に、燃え尽き症候群や疲労感、自殺念慮、職場の安全対策レベル、最近の医療ミスの有無について尋ねた調査の結果、半数以上の医師に燃え尽き症候群の症状がみられ、そのような医師は医療ミスを犯しや […]

Read More
1HDN7月19日「パッケージニュース」No.3

パッチ型デバイスで未診断の心房細動を早期発見

不整脈の一つである心房細動は症状が現れないことも多く、見逃されやすい。こうした中、胸部に装着するパッチ型のウェアラブルデバイスで心電図(ECG)モニタリングを行うと未診断の心房細動の早期発見につながることが、米スクリプス […]

Read More
1HDN7月19日「パッケージニュース」No.4

卵子凍結の理由は「キャリア」ではなく「パートナーの問題」?

女性が卵子の凍結保存を選ぶ理由は、必ずしもキャリアのためではないことが、米イェール大学人類学教授のMarcia Inhorn氏らが実施した調査から明らかになった。米国などの不妊治療クリニックで卵子凍結の処置を受けた女性1 […]

Read More
1HDN7月17日「パッケージニュース」No.1

米国人が補聴器を使わない理由

米国では、耳が聞こえづらくなっても、高価だからという理由で補聴器を使わない人が多いことが、新たな研究で明らかになった。補聴器を装着するのを恥ずかしいと感じる人も多かったという。「The Gerontologist」5月2 […]

Read More
1HDN7月17日「パッケージニュース」No.2

屋外作業時は「体感温度30度未満」でも熱中症に注意

屋外で長時間の作業に従事する人は、熱指数(Heat Index)が華氏85度(摂氏29.4度)程度であっても熱中症で死に至る可能性のあることが、米国労働安全衛生局(OSHA)のAaron Tustin氏らによる研究で明ら […]

Read More