image_print
Doctor checking with depressor sore throat to teenage girl

咽頭痛にステロイドを使用するのは適切か?

  • By

咽頭痛の新たな治療法を模索した研究で、ステロイド単回投与の効果が認められたが、その程度は高くはなかったことが報告された。咽頭痛で受診する患者は多く、耐性菌の増加が懸念されるため、抗生物質に代わる治療法が求められている。

Read More
Patient in a coma undergoing medical procedure

昏睡の治療では「体内時計」が手がかりになる

  • By

重度の脳損傷患者では、いわゆる「体内時計」を調整することが昏睡状態から意識を取り戻すのに有効である可能性があると、新たな研究で報告された。体内時計とは、身体にもとから備わっている睡眠、覚醒、食事の時間を知らせる周期のこと […]

Read More
Researcher holds the experimental mice for test

臍帯血で記憶力が回復する可能性

  • By

ヒトの臍帯血を投与すると、高齢マウスの記憶力が回復することが分かった。研究を率いた米スタンフォード大学医学部神経学講師のJoseph Castellano氏は、「若年者の血液に含まれる成分が、精神機能を鋭敏に保つために重 […]

Read More
1-2 HDN4月27日「ヘルスハイライト」No.2

筋トレで高齢者の転倒予防を

  • By

高齢者では骨密度と筋肉量が徐々に低下するため、転倒して怪我をする可能性が高くなる。しかし、運動習慣を持てば自分の足で立ち続けることができる可能性があると、米ペンシルバニア州ハーシー医療センターのChristopher S […]

Read More

子どものほくろ、危険信号は?

  • By

子どものほくろが頻繁に変化する場合や、他にも疑わしい点がみられる場合は、医師の診察を受ける必要があります。

Read More
1-1 HDN4月24日「今日のニュース」No.1

ヒトスジシマカがジカウイルスを媒介する可能性

  • By

ジカウイルスの遺伝物質が、従来とは別種の蚊から見つかったことが報告された。ジカウイルスを主に媒介するのはネッタイシマカ(学名:Aedes aegypti)であるが、今回ブラジルで採集されたヒトスジシマカ(同Aedes a […]

Read More
two female young nurses having fun with tablet computer during break

新人医師の3割がフェイスブックに「不適切」投稿 ―米調査

  • By

ソーシャルメディアへの不適切な投稿が問題視されることがあるが、医師も例外ではない。米国の調査で、新人医師の72%はフェイスブックのプロフィールを個人が特定できる形で公開しており、そのうち40%には適切でない内容が含まれて […]

Read More
1-2 HDN4月24日「ヘルスハイライト」No.1

失業や再就職により脳卒中リスクが上昇 ―日本人研究

  • By

失業すると脳卒中による死亡リスクが高まる可能性があることが、大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学客員准教授のEhab Eshaks氏らの研究で示唆された。

Read More
Beautiful young female patient is having a medical attendance at the optometrist.

周辺視野には大きな個人差があると判明

  • By

視野の中心にない物体を見る能力、すなわち周辺視野にある物体を見つける能力には著しい個人差があることが、英ロンドン大学(UCL)のJohn Greenwood氏らの研究で分かった。

Read More

「乳糖不耐症」の症状

  • By

「乳糖不耐症」の人では、乳製品を食べたり飲んだりすると、腹部の膨満感、ガス、下痢などの症状が起きます。こうした症状がある人は、以下の点に注意する必要があります。

Read More