image_print
1HDN「パッケージニュース」5月24日No. 1

一部の抗菌薬で腎結石リスク上昇か

もし、自分の子どもが抗菌薬を服用しているなら、腎結石の徴候に気を付けた方がよいかもしれない。米ペンシルベニア大学ペレルマン医科大学院泌尿器・疫学科助教のGregory Tasian氏らの研究によって、一般的に処方されてい […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」5月24日No. 2

大腸ポリープのタイプががんリスクの指標に?

大腸内視鏡検査でポリープが見つかることは珍しくない。中でも最も高頻度にみられるのが良性の腫瘍「腺腫(アデノーマ)」である。腺腫が見つかった人がその後、大腸がんを発症する確率は明確には分かっていないが、米ピッツバーグ医科大 […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」5月24日No. 3

鍼治療で不妊治療の成功率は向上しない

体外受精(IVF)による不妊治療を行う前後に鍼治療を受けても、生児出生率を高める効果は期待できないことが新たな研究で示された。この研究結果は「Journal of American Medical Association […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」5月24日No. 4

風邪の治療薬開発に期待

英国の研究グループが、風邪に効く候補物質を開発したと発表した。ヒトの細胞を用いた実験で、この物質によって風邪の原因となるライノウイルスの複製を阻害し、ウイルスがヒトの細胞を支配するのを防ぐことに成功したという。この研究は […]

Read More
1HDN5月21日「パッケージニュース」No. 1

自閉症児の行動療法に役立つロボットが登場

人型ロボットは自閉症の幼い子どもが他人と向き合うのに一役買うかもしれない。Nao(「ナウ」と読む)と名付けられた教育用人型ロボットを行動療法に併用した結果、ロボットを使用しなかった場合に比べてソーシャルスキルの大幅な向上 […]

Read More
1HDN5月21日「パッケージニュース」No. 2

「禁煙」の部屋でもたばこ煙残留物が蓄積

誰もたばこを吸わない部屋にも有害なたばこの煙の残留物が潜む可能性があることが報告された。米ドレクセル大学の研究者らが行った新しい研究により、誰もいない禁煙の教室内でも、空気中にたばこの煙の残留物(副流煙残留物)に関連する […]

Read More
1HDN5月21日「パッケージニュース」No. 3

圧迫骨折の骨セメント注入療法、効果に疑問符

脊椎圧迫骨折に対する治療法として広く実施されている、経皮的椎体形成術(PVP)の効果に疑問符を投げかけるランダム化二重盲検比較試験(VERTOS IV試験)の結果が「BMJ」5月9日オンライン版に発表された。

Read More
1HDN5月21日「パッケージニュース」No. 4

妊娠初期に出血続くと低体重児リスク増大か

妊婦の4人に1人は妊娠13週まで(妊娠第1三半期)に腟からの出血を経験するとの報告があり、妊娠初期の出血は珍しいものではない。しかし、妊娠初期に出血が1日を超えて続くと新生児の出生時体重に影響する可能性があるという研究結 […]

Read More
1HDN5月17日「パッケージニュース」No. 1

同時多発テロのビル崩壊現場の救助隊員にがんリスク増大

2001年の米同時多発テロが起こったときに世界貿易センター(WTC)ビル崩壊現場で対応にあたった救助隊員の多くは、今や自らが生き残るための私的な闘いと向き合っている。ビル崩壊現場で救助活動をしたニューヨーク市消防署員は、 […]

Read More
1HDN5月17日「パッケージニュース」No. 2

車中泊で肺塞栓による突然死も―熊本地震の避難者

日本で2016年4月に発生した熊本地震では、多くの被災者が避難を余儀なくされ、車中泊をする人も多くみられた。今回新たな研究で、車中で長時間を過ごした人は、脚を動かさずに座り続けることにより下肢の静脈にできた血栓が肺の静脈 […]

Read More