image_print
1HDN9月20日「パッケージニュース」No.1

自殺者の約10人に1人に慢性疼痛

米国では、慢性的に続く疼痛が耐えがたく自殺を選ぶ人も少なくないことが、新たな研究で示唆された。研究の詳細は「Annals of Internal Medicine」9月11日オンライン版に掲載された。

Read More
1HDN9月20日「パッケージニュース」No.2

高齢者の転倒予防に「太極拳」が有効?

高齢者の転倒予防には、筋力トレーニングやエアロビクスよりも太極拳の方が優れている可能性があることが、約600人の高齢者を対象に行ったランダム化比較試験で明らかになった。詳細は「JAMA Internal Medicine […]

Read More
1HDN9月20日「パッケージニュース」No.3

日中の眠気はアルツハイマー病の徴候か

日中に眠気を感じる人は、アルツハイマー病を発症するリスクが高い可能性があることが、米ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院メンタルヘルス科准教授のAdam Spira氏らによる研究から示唆された。平均年齢60歳の男女12 […]

Read More
1HDN9月20日「パッケージニュース」No.4

オピオイド処方例の3分の1に疼痛の診断歴なし

米国ではオピオイド系鎮痛薬(以下、オピオイド)の依存症の蔓延が問題となっているが、米ハーバード大学医学部内科/米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のTisamarie Sherry氏らが実施した調査から、外来患者のオピオイ […]

Read More
1HDN9月18日「パッケージニュース」No.1

世界成人14億人に運動不足による疾患リスク、WHO調査

世界で成人の4人に1人が運動不足による疾患リスクに直面しているとみられることが、世界保健機関(WHO)の研究チームの調査で明らかになった。14億人を超える成人が座りがちな生活による運動不足が原因で心疾患や糖尿病、認知症、 […]

Read More
1HDN9月18日「パッケージニュース」No.2

消防士に勤務中の心臓突然死が多い理由

勤務中に突然の心停止で死亡した消防士の多くでは、冠動脈の狭窄や心肥大、左心室壁の肥厚といった心臓の構造的な異常がみられることが、剖検記録を分析した新たな研究で明らかになった。詳細は「Journal of the Amer […]

Read More
1HDN9月18日「パッケージニュース」No.3

単回経口投与型の抗インフル薬で有望な結果

単回経口投与型の抗インフルエンザウイルス薬は、プラセボに比べて咳や喉の痛み、頭痛などのインフルエンザ症状の軽減に優れ、その効果はオセルタミビルと同程度であるとする2件の臨床試験の結果が「New England Journ […]

Read More
1HDN9月18日「パッケージニュース」No.4

トランプ氏勝利の背景に「絶望による死」の増加

健康状態の悪さや早期死亡率の高さに対する有権者の絶望感が、2016年の大統領選でドナルド・トランプ氏を勝利に導いた可能性があることが、米コロンビア大学のLee Goldman氏らの研究で明らかになった。同氏らの分析から、 […]

Read More
1HDN9月13日「パッケージニュース」No.1

液体窒素を添加した食品で重傷例、米FDAが注意喚起

米食品医薬品局(FDA)は8月30日、液体窒素を添加した食品を食べたり触れたりして重傷を負ったり、蒸気を吸い込んで呼吸困難に陥った症例の報告数が増えているとして、こうした液体窒素を加えた食品の安全性に対する注意喚起を行っ […]

Read More
1HDN9月13日「パッケージニュース」No.2

体外受精で生まれた子どもは高血圧リスクが高い可能性

体外受精や顕微授精などの生殖補助医療(ART)によって生まれた子どもは高血圧になりやすいことが、10歳代の若者を対象とした新たな研究で示唆された。詳細は「Journal of the American College o […]

Read More