image_print
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.1

下痢で10人に1人が死を思いつめた経験、過敏性腸症候群の患者調査

下痢に苦しむ過敏性腸症候群(IBS)患者の10人に1人は、苦しさのあまり死にたいとまで思いつめていることが、ヨーテボリ大学(スウェーデン)の研究チームが実施したオンライン調査から明らかになった。7カ国のIBS患者と医師を […]

Read More
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.2

喘息の未就学児の親は治療の備えが不十分、米調査

喘息の未就学児を持つ親のうち、自宅での治療に備えているのは約半数に過ぎないことが、新たな調査から明らかになった。論文著者の一人である米ジョンズ・ホプキンス大学医学部准教授のMichelle Eakin氏は「喘息発作時にき […]

Read More
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.3

精子に良いのはブリーフよりもトランクス?

精子に良いのはブリーフか、それともトランクスか―。長い間、論争の的になっていたこの問題について検討した最大規模の研究の結果が、「Human Reproduction」8月8日オンライン版に発表された。米ハーバード大学T. […]

Read More
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.4

HPVワクチンは推奨年齢以降のキャッチアップ接種も有効

米国では11~12歳の女児に対してヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種が推奨されているが、推奨年齢でワクチンを接種しなかった14~20歳の女児や女性に対する「キャッチアップ接種」の有効性を示した研究結果が「Th […]

Read More
1HDN8月16日「パッケージニュース」No.1

てんかんの妊婦、葉酸摂取が児の言語発達遅延に有効か

妊娠中に抗てんかん薬の服用を続ける女性患者は、妊娠前から葉酸を摂取することで生まれた子どもの言語発達に遅れが出るリスクが半減できる可能性のあることが、ノルウェーの新たな研究で示された。詳細は「Neurology」8月1日 […]

Read More
1HDN8月16日「パッケージニュース」No.2

肥満者はインフルエンザを周りにうつす期間が長い?

肥満の人はインフルエンザウイルスに感染すると、肥満のない人に比べて合併症リスクが高いことが知られているが、肥満はウイルスの感染力にも影響を及ぼすようだ。「Journal of Infectious Diseases」8月 […]

Read More
1HDN8月16日「パッケージニュース」No.3

アルコール消毒が効かない危険な耐性菌が増加?

病院では感染を防ぐために、擦り込み式のアルコールベースのジェルや液体の消毒剤が広く使用されている。しかし、こうしたアルコール消毒剤が効きにくい危険な細菌が増えていることを示唆する研究結果を、メルボルン大学(オーストラリア […]

Read More
1HDN8月16日「パッケージニュース」No.4

Google Glassで自閉症児の社会的スキルが向上

他人の表情から感情を識別するスマートフォンアプリと眼鏡型デバイスの「Google Glass」を組み合わせて使用することで、自閉症児の社会的スキルが向上する可能性を示した予備的研究の結果が「npj Digital Med […]

Read More
1HDN8月9日「パッケージニュース」No.1

検査キットの郵送で大腸がん検診の受診率が向上

大腸がんの早期発見には便潜血検査などによる検診を受診し、適切なフォローアップを受ける必要があるが、その受診率は十分に高いとはいえない。今回、米ノースカロライナ大学包括的がんセンターのAlison Brenner氏らがメデ […]

Read More
1HDN8月9日「パッケージニュース」No.2

「カフェインの減量効果」は本当か?

減量したいなら、カフェインには頼らない方がよいようだ。カフェインを摂取するとその後の食欲は一時的に抑えられるが、こうした効果は長続きしない可能性のあることが、新たな研究で示された。研究の詳細は「Journal of th […]

Read More