Doctor checking with depressor sore throat to teenage girl

咽頭痛にステロイドを使用するのは適切か?

咽頭痛の新たな治療法を模索した研究で、ステロイド単回投与の効果が認められたが、その程度は高くはなかったことが報告された。咽頭痛で受診する患者は多く、耐性菌の増加が懸念されるため、抗生物質に代わる治療法が求められている。

今回、英国で実施された二重盲検プラセボ対照無作為化比較試験では、咽頭痛に対してステロイド薬を単回経口投与したところ、患者の約3分の1に症状の改善がみられたという。

しかし、米アラバマ大学(バーミンガム)内科学教授のRobert Centor氏は、この結果を受けてすぐにステロイドを処方することはないと述べている。「咽頭痛の多くは単純なものだが、中には死亡や集中治療室(ICU)入院に至るような危険なものもある。ステロイドはそのような深刻な疾患をみつける手がかりとなる症状を抑えてしまう可能性がある」と、同氏は説明している。

咽頭痛は特に小児や若者によくみられる。咳はみられるが発熱は伴わないことが多く、食物は飲み込めることが多い。多くはウイルス性であり、抗生物質はウイルス感染には効かないにもかかわらず、抗生物質が処方されることもある。

英オックスフォード大学のGail Nicola Hayward氏らによる今回の研究では、抗生物質を必要としない咽頭痛の成人患者565人を、大用量(10mg)のステロイド薬デキサメタゾン単回投与群またはプラセボ群のいずれかに無作為に割り付けた。被験者の半数が34歳未満であった。

その結果、24時間後の時点では、ステロイド群288人とプラセボ群277人の間で症状の回復に差はみられなかった。しかし48時間後には、ステロイド群の35.4%(102人)が回復したのに対し、プラセボ群では27.1%(75人)であり、有意な差が認められた(相対リスク;1.31、95%信頼区間:1.02~1.68)。

米ノースウエスタン大学医学部(シカゴ)のJeffrey Linder氏によると、ステロイドにはまれに副作用もみられる。例えば、血圧上昇、血糖値上昇、体液貯留などがあり、糖尿病の合併症や心血管疾患のリスクのある人には重要だという。今回の研究では、2日以内に回復したのはステロイド群の約3人に1人にとどまる点を同氏は指摘し、「3分の1の確率でしか症状が改善しない治療を求めて患者が受診するとは考えられない」と述べている。

では、咽頭痛患者はどうすればよいのだろうか。Centor氏は、痛みがひどい場合はアスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェン、ナプロキセンなどの鎮痛薬の使用を勧めている。咽頭痛は通常は3~5日で改善し、悪化することはない。高熱があり、咳があまりなく、ものが飲み込みにくい場合は細菌感染の可能性があるため、医師の診察を受ける必要があるという。頸部腫脹や、大量の汗を伴う強い悪寒がみられる場合も深刻な疾患の可能性がある。

この研究は、「Journal of the American Medical Association(JAMA)」4月18日号に掲載された。(HealthDay News 2017年4月18日)

https://consumer.healthday.com/dental-and-oral-information-9/sore-throat-news-629/is-it-wise-to-take-a-steroid-for-a-sore-throat-721749.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




Patient in a coma undergoing medical procedure

昏睡の治療では「体内時計」が手がかりになる

重度の脳損傷患者では、いわゆる「体内時計」を調整することが昏睡状態から意識を取り戻すのに有効である可能性があると、新たな研究で報告された。体内時計とは、身体にもとから備わっている睡眠、覚醒、食事の時間を知らせる周期のことで、概日リズムとも呼ばれる。

今回の予備的研究では、重度の脳損傷患者18人を対象として1週間にわたり体温を測定し、それぞれの患者の概日リズムの長さを算出した。その結果、患者の概日リズムには23.5~26.3時間と幅があることが分かった。研究著者らによると、体温は日光や暗闇などの環境的要因に基づいて1日を通して変動するという。

さらに、音に対する反応や、刺激の有無で目を開ける能力などを評価することにより、患者の意識レベルも測定した。その結果、意識レベルの高い患者ほど、24時間周期に沿った健康的な体温変動パターンを示すことがわかった。

研究を実施したザルツブルク大学(オーストリア)のChristine Blume氏は、「重度の脳損傷患者では、体温変動パターンが健康な人の概日リズムに近い人ほど、昏睡からの回復度のスコアが良好であると、今回の研究から示唆された。特に覚醒に関する項目ではこの関連が顕著であった」と述べている。

この研究は「Neurology」オンライン版に4月19日掲載された。

同氏は、「医師がこうした患者を診るときは日内変動を念頭に置くべきであり、1日のどの時間帯に検査を実施するかが重要となる。また、患者の睡眠-覚醒サイクルを正常にするために、昼夜の自然な明るさの変化にあわせて環境を調整するべきである。それにより、重度の脳損傷患者の意識を回復できる可能性が期待される」と付け加えている。

今回の研究の被験者は、いずれも無反応覚醒症候群または最小意識状態であった。無反応覚醒症候群は、いわゆる「植物状態」であり、患者は昏睡から覚醒し、目を開けることができ、睡眠もみられるが、反応はない状態を指す。一方、最小意識状態(minimally conscious state)は、患者が意識の徴候を示す状態である。(HealthDay News 2017年4月19日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/traumatic-brain-injury-1002/body-temperature-might-give-clues-to-coma-721744.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




Researcher holds the experimental mice for test

臍帯血で記憶力が回復する可能性

ヒトの臍帯血を投与すると、高齢マウスの記憶力が回復することが分かった。研究を率いた米スタンフォード大学医学部神経学講師のJoseph Castellano氏は、「若年者の血液に含まれる成分が、精神機能を鋭敏に保つために重要であることが示唆された」と話している。

この効果がヒトにも当てはまるとは限らず、臍帯血がアルツハイマー病やその他の認知症に対する特効薬になるというわけではない。しかし、今回の知見は、認知症の進行機序を標的とする新薬の開発につながる可能性があるという。

同氏らは先行研究で、高齢マウスに若齢マウスの血漿を注入したところ、学習能力と記憶力が改善したことを報告している。そこで今回の研究では、高齢マウスにヒトの血漿を注入しても同様の効果が得られるのかを確認した。

その結果、ヒトの臍帯から得た血漿を投与すると、高齢マウスに認知機能の改善が認められた。若年者の血漿を投与しても、臍帯血漿に比べると少ないものの、同様の効果が認められた。一方、高齢者(61~82歳)の血漿では全く効果が認められないことが分かった。

同氏らは臍帯血に特異的な成分として、TIMP2(組織メタロプロテアーゼ阻害因子-2)と呼ばれるタンパク質に着目した。このタンパク質は臍帯血には高濃度に存在するが、加齢に伴い減少していたという。さらに、高齢マウスにTIMP2を投与すると、臍帯血漿と同様の認知機能の改善が得られることも分かった。

Castellano氏は、「1つのタンパク質がこのような効果を持つことには驚いたが、TIMP2はさまざまな生物学的経路の上流に位置するタンパク質であり、細胞外マトリクスに存在する多くのタンパク質の制御に関わっている。ただし、TIMP2の脳に対する作用はほとんど解明されていない」と説明している。

この知見は「Nature」オンライン版に4月19日掲載された。(HealthDay News 2017年4月19日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/alzheimer-s-news-20/could-young-blood-boost-the-aging-brain-721843.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




1-2 HDN4月27日「ヘルスハイライト」No.2

筋トレで高齢者の転倒予防を

高齢者では骨密度と筋肉量が徐々に低下するため、転倒して怪我をする可能性が高くなる。しかし、運動習慣を持てば自分の足で立ち続けることができる可能性があると、米ペンシルバニア州ハーシー医療センターのChristopher Sciamanna氏は提案している。

米国では1日800件超の股関節骨折が生じており、その多くは転倒が原因だという。こうした外傷では、手術や理学療法、薬物療法などの治療が必要になり、高齢者では歩行や自立ができなくなることも多い。医療従事者が転倒の治療から予防へと目を転じることで、多くの高齢者がこの問題を回避できる可能性があると、同氏は主張している。

Sciamanna氏は同センターのニュースリリースで、「薬の服用によって骨を強化し、運動することで転倒しにくい体をつくることができる。これらの方法は同時に行うことも可能だ。高齢者でも、ウォーキングなどの有酸素運動は心臓を健康にし、筋力トレーニングは筋肉量を増やしてバランス改善に役立つ可能性がある」と話す。

筋力トレーニングはどこで行ってもよく、ジムに行ってウェイトマシンを使っても、自宅でレジスタンスバンドなどの器具を使っても構わない。重要なのは、さまざまな身体の部位に働きかける運動を行い、次第に負荷を増やすことだ。「筋力を上げるためには、トレーニングの負荷を増やしていくことが不可欠だ」と、同氏は述べている。

過去の研究によると、筋力トレーニングに参加する高齢者では、こうしたトレーニングをしない場合に比べて筋肉量が毎年3ポンド(約1.4kg)以上増える可能性がある。80代であっても、徐々に負荷を増やしながら筋力トレーニングを1年間行えば、筋力を2倍にできるという。(HealthDay News 2017年4月19日)

https://consumer.healthday.com/fitness-information-14/misc-health-news-265/strength-training-might-help-prevent-seniors-falls-721687.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




子どものほくろ、危険信号は?

子どものほくろが頻繁に変化する場合や、他にも疑わしい点がみられる場合は、医師の診察を受ける必要があります。

見逃してはならない危険信号には以下のようなものがあります。

・ほくろが次第に大きくなったり、急速に変化したりする。
・他のほくろと見た目が異なるほくろがある。たとえば、盛り上がっている、境界が不規則、色が均一でないなど。出血したり、開いた傷口のようにみえたりする場合も要注意。
・50個以上のほくろがある。
・大きなほくろがある。

情報元:米国皮膚病学会(AAD)(HealthDay News 2017年4月13日)

https://consumer.healthday.com/diseases-and-conditions-information-37/misc-skin-disorders-news-620/health-tip-checking-your-child-s-moles-721137.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




1-1 HDN4月24日「今日のニュース」No.1

ヒトスジシマカがジカウイルスを媒介する可能性

ジカウイルスの遺伝物質が、従来とは別種の蚊から見つかったことが報告された。ジカウイルスを主に媒介するのはネッタイシマカ(学名:Aedes aegypti)であるが、今回ブラジルで採集されたヒトスジシマカ(同Aedes albopictus)に遺伝子検査を実施したところ、ジカウイルスのRNAの断片が見つかったという。

この知見は、ヒトスジシマカがヒトにジカウイルスを伝播させる可能性があると証明するものではない。しかし、研究著者である米フロリダ大学フロリダ衛生昆虫学研究所(ベロビーチ)准教授のChelsea Smartt氏は、「ジカウイルスを媒介するネッタイシマカ以外の経路の可能性を、さらに研究する必要があることが浮き彫りにされた」と話す。

同氏は米国昆虫学会(ESA)のニュースリリースで、「ヒトスジシマカがジカウイルスの伝播に寄与している可能性があり、公衆衛生上の懸念となることが示唆された。この蚊は世界中でみられ、幅広い動物から吸血し、低温の気候にも適応しているため、ジカウイルスの伝播に対する影響を調べる必要がある」と述べている。

今回の研究では、ブラジルで蚊を採集し、卵を孵化させた。孵化させたヒトスジシマカのオスでジカウイルスRNAの陽性反応がみられたことから、ジカウイルスが子孫に受け継がれる可能性が示唆された。ただし、生きたジカウイルスは検出されなかった。ヒトスジシマカがジカウイルスを伝播する能力を持つのかを判定するためには、より詳しい調査が必要だという。

なお、この報告では昆虫科学者や医学研究者にも十分な警戒を呼びかけている。「ジカウイルス感染の多い地域で蚊を採集する場合は、全ての個体でジカウイルスRNA検査を実施することが重要だ。陽性であれば、移送や実験室での使用の前に、生きたジカウイルスが検出されるか検査しなければならない」とSmartt氏は述べている。

この研究は「Journal of Medical Entomology」オンライン版に4月14日掲載された。(HealthDay News 2017年4月14日)

https://consumer.healthday.com/diseases-and-conditions-information-37/zika-1007/another-type-of-mosquito-may-carry-zika-721584.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




two female young nurses having fun with tablet computer during break

新人医師の3割がフェイスブックに「不適切」投稿 ―米調査

ソーシャルメディアへの不適切な投稿が問題視されることがあるが、医師も例外ではない。米国の調査で、新人医師の72%はフェイスブックのプロフィールを個人が特定できる形で公開しており、そのうち40%には適切でない内容が含まれていることが明らかにされた。

研究を率いた米ダートマス・ヒッチコック医療センター(ニューハンプシャー州レバノン)のKevin Koo氏は、「医師の不用意なソーシャルメディア利用により、患者からの信頼を損なう可能性がますます懸念される」と述べている。

複数の医療従事者団体や医療機関が、医師のソーシャルメディアの利用に関するガイドラインを既に作成している。たとえば米国医師会(AMA)が2010年に発行したガイドラインでは、オンライン上では個人用と仕事用で投稿を分けるように勧め、患者と「適切な職業的距離を保つ」ことの重要性を説き、患者の個人情報を侵害しないよう呼びかけている。

しかし、米ジョンズ・ホプキンズ大学(ボルチモア)のMatthew DeCamp氏は、「こうしたメッセージが医師らにどの程度届いているのかは不明である」と指摘。Koo氏もこれに同意し、「これらのガイドラインの認知度すら明らかではない」としている。

今回の研究では、2015年に米国の泌尿器科レジデントプログラムを卒業した医師281人の氏名をフェイスブックで検索した。その結果、72%の医師はプロフィールを公開していた。そのうち40%では、プロ意識に欠けるような内容、あるいは「好ましくない可能性がある」内容が投稿されていた。

プロ意識に欠ける内容として、泥酔、薬物使用、違法行為への言及または写真を含む投稿や、患者の個人情報を含む投稿などが見られた。なかには、患者名の見えるX線画像や、個人を特定できる治療の詳細(特定日の手術中の合併症など)を投稿している例もあった。

これらは明らかな間違いだと言えるが、そうとは言い切れない事例もあった。「好ましくない可能性がある」投稿としては、酒を持つ医師の写真や、政治・宗教・社会問題に対する意見の表明などが挙げられた。

では、医師はオンライン上でどう振る舞うべきなのか。DeCamp氏は、医師は自分の投稿が人々に及ぼす影響を考えるべきであり、例えば医学とは関係ない政治的主張を通すためにその立場を悪用してはならないとしている。一方で、「ガイドラインでは個人用と仕事用でアカウントを使い分けるよう推奨しているが、それは不可能だと思う。患者との交流を止めたり、個人的な投稿を全て非公開にしたりする必要はない。その代わり、投稿する前に、本当に公開したい内容なのかを慎重に考えるようにしてほしい」と、同氏は勧めている。

一方、オンライン上の医師の行動が現実にも影響を及ぼすことがあると、Koo氏らは指摘する。ある調査によれば、米国の州医事当局の92%がオンラインでの職業倫理違反に関する調査を実施しており、多くは患者やその家族からの報告によるものであったという。

今回の研究は「BJU International」オンライン版に4月9日掲載された。(HealthDay News 2017年4月17日)

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/doctor-news-206/is-that-your-doctor-swearing-drinking-on-facebook-721666.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

修正履歴

2017年4月25日、記事の一部を修正しました。(編集部)

 




1-2 HDN4月24日「ヘルスハイライト」No.1

失業や再就職により脳卒中リスクが上昇 ―日本人研究

失業すると脳卒中による死亡リスクが高まる可能性があることが、大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学客員准教授のEhab Eshaks氏らの研究で示唆された。

同氏らは、40~59歳の日本人約4万2,000人(男性約2万2,000人、女性2万人)を対象に、雇用状態の変化が脳卒中リスクに及ぼす長期的な影響を分析した。1990~1993年から15年間の追跡期間中に1,400件超の脳梗塞または出血性脳卒中が発生し、そのうち400件超が死亡に至っていた。

解析の結果、継続的に就業していた対象者に比べて、失業したことのある対象者では脳卒中リスクが高いことが分かった。男性が失業すると、脳卒中を発症するリスクは1.58倍、脳卒中による死亡リスクは2.22倍に上昇した。女性でも同様に、失業すると脳卒中の発症リスクは1.51倍、死亡リスクは2.48倍に上昇した。

また、再就職した男性では脳卒中リスクがさらに高まり、脳卒中の発症リスクは2.96倍、死亡リスクは4.21倍にも上っていた。一方、再就職した女性では、これらのリスクはほとんど上昇していないことが分かった。

ただし、今回の研究では自己都合による退職と人員整理や解雇による退職を区別しておらず、失業と脳卒中リスクの因果関係も示していない。

Eshak氏は、「雇用の安定が脳卒中リスクの低減につながる可能性がある。日本では米国と異なり、労働者は“終身雇用制度”に組み込まれており、男性は安定した仕事に専念する傾向がみられる。失業した場合、通常は再就職すると地位が下がる」と説明。再就職した男性では雇用が不安定になり、新しい職を維持するプレッシャーを感じ、体調不良で休んだり病院に行ったりするのを躊躇する可能性があると述べている。

研究の詳細は「Stroke」4月号に掲載された。(HealthDay News 2017年4月13日)

https://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/heart-stroke-related-stroke-353/another-downside-to-unemployment-stroke-risk-721634.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




Beautiful young female patient is having a medical attendance at the optometrist.

周辺視野には大きな個人差があると判明

視野の中心にない物体を見る能力、すなわち周辺視野にある物体を見つける能力には著しい個人差があることが、英ロンドン大学(UCL)のJohn Greenwood氏らの研究で分かった。

例えば、左側にある物を見つけるのが得意な人もいれば、右側にある物の方がよく見えるという人もいたという。Greenwood氏は、「全ての人は独自の感受性パターンを持っており、見えにくい領域とよく見える領域がある」と述べている。

今回の小規模研究では、数年間にわたって対象者12人にさまざまな知覚テストを実施した。このテストでは、スクリーンの中心点に眼の焦点を合わせたままで、視野のさまざまな場所に時計の画像を表示した。時計は1つのみの場合と、側にさらに2つの時計が表示される(混雑している)場合があった。

その結果、個人差はあるものの、目標が眼の高さから上下に離れており、混雑している環境では、時計を見つけることが困難であった。他の時計が近くに表示されるほど、中心にある時計を読み取ることは難しくなった。この現象は「視覚的混雑(visual crowding)」として知られる。

こうした周辺視野のパターンは、捜し物を見つける能力などにも影響するとGreenwood氏は指摘し、「例えばテーブル上に鍵が置いてあって、それが眼の焦点よりも左にある場合、その横に本や書類まで置いてあると、鍵を発見できなくなる人もいる。しかし、左側の視野が強い人であれば、鍵が本のすぐ隣にあっても見つけられるだろう」と話している。

周辺視野の違いを理解しておくことは、運転時に特に役立つという。車高の高い車を運転すると、低い車に比べて歩行者や自転車に気付きにくい。都市部のように視覚的な混雑があるとさらに困難になる。また、車の近くにいる人でも周辺視野に個人差があることを知っておく必要があると、Greenwood氏は述べている。

本研究は「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」オンライン版に4月10日掲載された。(HealthDay News 2017年4月13日)

https://consumer.healthday.com/eye-care-information-13/eye-and-vision-problem-news-295/peripheral-vision-varies-from-person-to-person-721491.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




「乳糖不耐症」の症状

「乳糖不耐症」の人では、乳製品を食べたり飲んだりすると、腹部の膨満感、ガス、下痢などの症状が起きます。こうした症状がある人は、以下の点に注意する必要があります。

・乳糖を消化できないため、不快な消化器症状が起こることがあります。
・乳製品を十分に摂取できないため、カルシウムやビタミンDの不足につながることがあります。
・骨粗鬆症に気をつけましょう。この病気になると骨量が低下して骨が脆くなり、骨折しやすくなってしまいます。

情報元:米国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所(NIDDK)(HealthDay News 2017年4月11日)

https://consumer.healthday.com/gastrointestinal-information-15/lactose-intolerance-news-437/health-tip-recognizing-symptoms-of-lactose-intolerance-721140.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.