image_print
1-2 HDN2月20日「ヘルスハイライト」No.1

全粒穀物の効果は1日30分の早歩きと同じ?

  • By

精製穀物から全粒穀物へ切り替えることは、1日30分間の早歩きと同程度に体重が維持するための助けとなる可能性があることが示唆された。

Read More
1-2 HDN2月20日「ヘルスハイライト」No.2

風船の破裂音で難聴リスク

  • By

子どもの誕生日祝いなどで風船を膨らませるときは注意が必要だ。風船を破裂させると難聴になる可能性があると、カナダ、アルバータ大学聴覚学准教授のBill Hodgetts氏らの研究でわかった。

Read More
Young man smoking an electronic cigarette. Black background.

電子タバコは普通のタバコより毒性が少ない

  • By

喫煙者が従来のタバコから電子タバコに切り替えると、有毒な化学物質や発がん物質の摂取量を大幅に低減できるとの研究報告が、「Annals of Internal Medicine」オンライン版に2月7日掲載された。ただし、こ […]

Read More
4.1.1

ジム会員と非会員の「健康の差」

  • By

スポーツクラブの会員は非会員に比べて有酸素運動と筋力トレーニングの実施量が多く、心臓の健康状態も良いことが、米アイオワ州立大学運動学助教授のDuck-chul Lee氏らの研究でわかった。

Read More
Rear view of two professionals in formal suites who stand in front of concrete wall.

身長に関連する新しい遺伝子変異を発見

  • By

身長に大きな影響を及ぼす可能性がある新たな遺伝子変異が、英ロンドン大学クイーン・メアリー校のPanos Deloukas氏らの研究でみつかった。研究結果は、「Nature」に2月1日オンライン掲載された。

Read More
1-2 HDN2月13日「ヘルスハイライト」No.2

特定のかかりつけ医をもつと高齢者の入院リスク低下か

  • By

長期にわたって同じ医師の診察を受けることが、高齢者が入院せずに済むために役立つ可能性があることがわかった。英ロンドンの健康財団(The Health Foundation)の研究で示唆された。

Read More
Woman on wood floor in long red dress

ファッションモデルに摂食障害が蔓延

  • By

摂食障害がファッションモデルに蔓延していることが、新たな調査で判明した。調査したモデルの半数以上が、痩せたり体型を変えたりすべきだという圧力を常に感じていると答えている。

Read More
4.1.1

サッカーのヘディングが脳に与える衝撃

  • By

サッカーボールを頭で扱う「ヘディング」は、実は思いのほか脳に良くないかもしれないとの研究結果が報告された。日常的にヘディングをするアマチュア選手では、脳震盪リスクが有意に高くなるという。

Read More
3d render medical illustration of the human digestive system - side view

腸内細菌が食事と大腸がんの関連に関与か

  • By

食物繊維の豊富な食事が特定タイプの大腸がんリスクを低下させる機序として、腸内細菌が関与しているらしいとの研究結果が、「JAMA Oncology」オンライン版に1月26日掲載された。米ダナ・ファーバーがん研究所(ボストン […]

Read More
4.1.1

認知症対策になる脳の刺激方法は

  • By

精神的な刺激となる活動により、70歳以上での加齢による認知機能低下リスクを低減できることがわかった。米メイヨークリニックアルツハイマー病研究センター(ミネソタ州ロチェスター)のRonald Petersen氏らの研究で、 […]

Read More

Search

記事カテゴリ