image_print
4.1.1

身長が伸びなくなっても骨の成長は続く

  • By

「身長が伸びなくなったら成長期は終わり」というわけではないことが、米フィラデルフィア小児病院のShana McCormack氏らによる研究で示された。米国内の5~19歳の男女2,014人を最長で7年間追跡調査した結果、1 […]

Read More
Solving Puzzle Close up

クロスワードパズルが認知機能の維持に役立つ可能性

  • By

日常的にクロスワードパズルを楽しむことで、年齢を重ねても認知機能を維持できる可能性があるという報告が、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC 2017、7月16~20日、英国・ロンドン)で発表された。50歳以上の健康な成 […]

Read More
7T8,

心筋梗塞の発症率は「月曜日」と「冬休み」に上昇

  • By

ストレスを感じやすい月曜日や冬休みは、心臓にも厳しい季節であることがウプサラ大学(スウェーデン)のJohn Wallert氏らによる研究で示唆された。約8年間に同国内で発症した心筋梗塞15万件超のデータを分析した結果、特 […]

Read More
Portrait of a beautiful young happy smiling couple - isolated

「痴話げんかの後に求める行動」に男女差

  • By

カップルがけんかをしたとき、仲直りのためにパートナーにしてほしいことには男性と女性で差がみられるとの研究結果が「Evolutionary Psychological Science」7月5日オンライン版に掲載された。女性 […]

Read More
4.1.1

男性の年齢も不妊治療の結果に影響か

  • By

子どもを授かる可能性は母親が高齢になるほど低くなることは知られているが、父親の年齢も不妊治療の結果に影響することが米国の研究で示された。母親は同年齢でも父親が高齢であるほど体外受精(IVF)による生児出生の確率が低下する […]

Read More
1-2 HDN7月20日「ヘルスハイライト」No.2

ケネディ元大統領は背部痛に苦しんでいた ―その原因と治療法は

  • By

米国の元大統領ジョン・F・ケネディは、若々しく精力的だったというイメージがあるが、実は生涯にわたり慢性の背部痛に苦しんでいた。ケネディの背部痛とその治療に関する報告書が「Journal of Neurosurgery: […]

Read More
4.1.1

寝室の騒音は男性不妊をもたらす?

  • By

強くて健康な精子は、静かな寝室で作られる可能性が、ソウル大学校(韓国)医学部予防医学のKyoung-Bok Min氏らによる研究で示唆された。この研究では、同国の成人男性20万人超を調べた結果、騒音レベルが高い環境に一定 […]

Read More
The two little baby girls two-year old playing toys in sand against green grass

公園の砂場は細菌の温床

  • By

子どもが大好きな砂場遊びは、運動技能や社会的技能の発達にも役立つ。しかし、動物にトイレとして使われたり、複数の子どもが接触する場になったりすることで、砂場は細菌や寄生虫などの感染性の病原菌の温床となっている可能性があるこ […]

Read More
baby eating

プロバイオティクスのサプリ、保育園児の感染予防には効果なし?

  • By

1歳前後の保育園児にプロバイオティクスのサプリメントを使用しても、風邪や感染性胃腸炎といった感染症を予防する効果は認められなかったとする研究結果が「Pediatrics」7月3日オンライン版に掲載された。

Read More
smiling african nurse checking senior patient's blood pressure

血圧改善のためのシンプルな7ステップ

  • By

7個の健康的な生活習慣を続けると高血圧リスクが低減するという研究結果が、「Hypertension」6月26日オンライン版に掲載された。この研究で効果が示されたのは米国心臓協会(AHA)が提唱する“Life’ […]

Read More