image_print
4.1.1

妊娠中、少しだけなら飲酒しても大丈夫なのか

  • By

妊娠中には飲酒すべきでないと考えられているが、1、2杯のビールやワインでも本当に胎児に悪影響があるのだろうか―。多くの妊婦が抱くこの疑問に対し、現代の科学は最終的な結論を導き出せていない。しかし今回、妊娠中の少量のアルコ […]

Read More
Dog sleeping on the bed by owners feet

ペットのイヌと同じベッドで寝ると睡眠効率が低下

  • By

ペットとして飼っているイヌと寝室を共にしても睡眠への影響はないが、ベッドを共有すると睡眠効率が低下する可能性があるという小規模研究の結果が「Mayo Clinic Proceedings」9月号に掲載された。

Read More
1-2 HDN9月19日「ヘルスハイライト」No.1

胃酸逆流による喉症状、食事療法に薬と匹敵する治療効果

  • By

胃酸の逆流によって喉のかすれや痛み、咳といった咽喉頭の症状が生じる病態は咽喉頭逆流症と呼ばれ、その治療には胃食道逆流症(GERD)の治療薬としても知られるプロトンポンプ阻害薬(PPI)が広く使用されている。こうした中、咽 […]

Read More
4.1.1

「嗅覚の衰え」あるとパーキンソン病リスク5倍に

  • By

嗅覚の減退がパーキンソン病の前兆である可能性を示した後ろ向き研究の結果が「Neurology」9月6日オンライン版に掲載された。この研究では、米国の高齢者約2,500人を約10年間追跡した結果、嗅覚検査の成績が不良だった […]

Read More
4.1.1

運動嫌いは遺伝のせいかも?

  • By

スポーツジムに行くと笑顔でなく、しかめっ面になってしまうなら、運動嫌いの遺伝的素因がある可能性がある―。こんな研究結果が「Psychology of Sport and Exercise」7月号に掲載された。VUメディカ […]

Read More
579043

妊娠中の携帯電話使用、胎児の脳への影響みられず

  • By

妊娠中に携帯電話で通話しても、胎児の脳の発達に悪影響はないとするノルウェーの母子約4万5,000組を対象とした研究の結果が「BMC Public Health」9月5日オンライン版に掲載された。この研究では、妊娠中に母親 […]

Read More
4.1.1

「あくびが伝染する理由」に新たな手がかり

  • By

疲れているわけではないのに、近くにいる人があくびをすると自分もあくびをしてしまうのはなぜだろうか。その手がかりとなる研究結果が、「Current Biology」8月31日オンライン版に掲載された。この研究では、あくびの […]

Read More
Young student in green pullover sleeping on desk with books, coffee cup and computer keyboard

学校の始業時間を遅らせれば830億ドルの経済効果に?

  • By

米国内の中学校や高校の始業時間を午前8時30分以降に遅らせれば、10年以内に830億ドル(約8兆9640億円)の経済的な利益がもたらされる―。米国のシンクタンク、ランド研究所がこのような分析結果をまとめた報告書を発表した […]

Read More
Melanoma, skin cancer, mole.

ほくろにメラノーマが発生する可能性は意外に低い?

  • By

ほくろ(母斑)には皮膚がんの1種であるメラノーマが発生しやすいと考えている人が多い。しかし、過去に発表された38件の観察研究をメタ解析した結果、ほくろから発生したメラノーマの割合は3割ほどで、残る7割は皮膚のほくろがない […]

Read More
4.1.1

コーヒーを飲むと長生きできる?

  • By

朝のコーヒーは頭をすっきりさせるだけでなく、寿命を延ばす可能性がある―こんな研究結果が、欧州心臓病学会(ESC 2017、8月26~30日、スペイン・バルセロナ)で発表された。スペインの中年の男女約2万人を平均10年間追 […]

Read More