image_print
Chernobyl Nuclear Power Plant and shelter facility. Front view

NYで多発したまれながん、チェルノブイリ事故と関連か

  • By

ニューヨーク市で短期間に多発した極めてまれながんの症例が、1986年に発生したチェルノブイリ原子力発電所事故と関連している可能性があるとする調査結果が発表された。この4年間に同市だけで10人がまれな眼のがんである硝子体網 […]

Read More
33137

「働き続けること」に脳卒中後の脳保護効果?

  • By

働き続けることは脳卒中を発症した後の脳の健康に良い影響を与える可能性があることを示唆する研究結果が国際脳卒中学会(ISC 2018、1月24~26日、米ロサンゼルス)で発表された。テルアビブ・ソラスキー医療センター(イス […]

Read More
' %*

インフルエンザは呼吸するだけで感染する?

  • By

米国では現在もインフルエンザの大流行が続いているが、さらに悪いニュースだ。これまで、インフルエンザの主な感染経路は感染者のくしゃみや咳で飛び散ったウイルスを含むしぶきを吸い込むことで感染する「飛沫感染」か、ウイルスが付着 […]

Read More
4.1.1

サイクリングによる性生活への影響は認められず

  • By

男性が自転車に何時間乗ってもベッドやトイレで問題が生じることはなさそうだ。以前の研究で、男性が自転車に長時間乗ると臀部や会陰部が圧迫され、性機能や排尿機能が低下する可能性が示唆されていたが、米カリフォルニア大学サンフラン […]

Read More
Young sleeping woman and alarm clock in bedroom at home .

寝る前にTo-Doリストを書き出すと良く眠れる

  • By

意外かもしれないが、翌日やらなくてはならないことのリスト(To-Do リスト)をベッドに入る前に書いておくと、早く眠りにつける可能性が高まることが、米ベイラー大学のグループによる研究から明らかになった。詳細は「Journ […]

Read More
˜@

初経が早かった女性は心臓病や脳卒中のリスクが高い?

  • By

12歳未満で月経が始まった女性は、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患を発症するリスクが高いことを示した研究結果が「Heart」1月15日オンライン版に掲載された。この研究では、初経が早かった女性だけでなく47歳未満で閉経 […]

Read More
4.1.1

くしゃみの我慢は危険? 喉が破裂する可能性も

  • By

くしゃみが出そうなときは我慢しない方が良いかもしれない―。くしゃみを我慢しようと鼻をつまみ、口を閉じたところ、喉の奥が破裂して話すことも飲み込むことも困難な状態に陥った男性がいるという。この男性の治療に当たった英レスター […]

Read More
 ã

インフル大流行で米国の輸血用血液が不足

  • By

この冬、米国を襲った厳しい寒さとインフルエンザの大流行は、輸血用血液の供給にも打撃を与えている。インフルエンザの感染者は献血できないため、献血者が減少したことに加え、悪天候で献血活動の中止が相次いだことから、輸血用の血液 […]

Read More
4.1.1

バストに不満あると乳がんチェックを怠りがちに?

  • By

乳がん予防には普段から自分の乳房にしこりなどの異変がないかどうかを調べるセルフチェックが役立つとされている。ところが、バストサイズに不満がある女性はセルフチェックを怠りがちであることが英国の研究から明らかになった。この研 […]

Read More
4.1.1

体外受精は新鮮胚と凍結胚のどちらが良い?

  • By

排卵のある女性に対する体外受精では、新鮮胚と凍結胚のいずれを移植しても生児出生率に差はないとするランダム化比較試験の結果が「New England Journal of Medicine」1月11日号に掲載された。第1回 […]

Read More