image_print
4.1.1

マラソンのタイムが早期から低下する人の特徴

  • By

どんなマラソンランナーでも年をとれば、いつの日かタイムは落ちはじめるものである。しかし、その時期や程度はタイムや性別により異なる可能性があることが、米ジョージア州立大学呼吸療法学部准教授のGerald Zavorsky氏 […]

Read More
1-2 HDN4月10日「ヘルスハイライト」No.2

自傷は自殺の前兆か

  • By

自傷行為をする人では1年以内の自殺リスクも高いことが、米コロンビア大学医療センター(ニューヨーク市)精神医学教授のMark Olfson氏らの研究で示唆された。

Read More
1-2 HDN4月6日「ヘルスハイライト」No.1

遺伝子マッピング技術の驚異的進歩 ―早さも費用も桁違いに

  • By

生物のゲノム(遺伝子構造)のマッピングを従来よりもはるかに安価かつ迅速に行える技術が、米ベイラー医科大学のAviva Presser Aiden氏らにより開発され、「Science」3月23日号で報告された。

Read More
Female Runner Exercising On Suburban Street

高強度インターバルトレーニングで細胞機能が改善

  • By

高齢者が高強度インターバルトレーニング(HIIT)を行うと、細胞の老化を防ぐのに役立つ可能性があるとの研究結果が、「Cell Metabolism」3月7日号に掲載された。HIITは瞬発的な高強度の運動を行ったあと、中等 […]

Read More
4.1.1

ピーナッツアレルギーでも他のナッツ類は食べられる?

  • By

1種類のナッツ類にアレルギーをもつ人でも、必ずしも他のナッツ類を除去すべきとは限らないことが、新たな研究で判明した。1種類のナッツ類にアレルギーをもつ人の半数以上は、他のナッツ類にアレルギー反応を示さなかったという。

Read More
1-2 HDN4月3日「ヘルスハイライト」No.2

減塩すると夜間頻尿が改善 ―日本人での検討

  • By

塩分摂取量を減らすと、夜間にトイレに行く回数が減る可能性があることが、長崎大学泌尿器科・腎移植外科の松尾朋博氏らの研究で示唆された。

Read More
4.1.1

エナジードリンクとアルコールを混ぜると危険

  • By

カフェイン入りエナジードリンクとアルコールを同時に摂取すると外傷リスクが上昇することが、ビクトリア大学(カナダ、ブリティッシュコロンビア)大学院生のAudra Roemer氏らの研究でわかった。これらを混ぜて飲むと、単独 […]

Read More
33169

嗅覚の低下は死期が近いことを意味する?

  • By

40代や50代でも、嗅覚が鈍くなることは早期死亡と関連することが新しい研究で示唆された。しかも、その原因は認知症ではないと思われるという。ストックホルム大学(スウェーデン)心理学准教授のJonas Olofsson氏らの […]

Read More
4.1.1

フェイスリフトが成功すれば「見た目年齢」が低下

  • By

フェイスリフトに使う時間や費用、痛みにはそれだけの価値がある可能性のあることが、米ジョンズ・ホプキンス・メディスン(ボルチモア)准教授のLisa Ishii氏らの研究で示唆された。ただし、通常のフェイスリフトでも必ず効果 […]

Read More
1-2 HDN3月27日「ヘルスハイライト」No.2

12歳未満で1つの競技に専念すると怪我リスクが高い?

  • By

12歳未満の子どもは、好きなスポーツ競技1つのみに偏って練習することは避けたほうがよいという研究結果が報告された。1つの競技に特化することで怪我をするリスクが高まるからだという。

Read More