image_print

食器の大きさが人を肥やす(2006.07.25掲載)

  • By

「体重を減らせたいならば食器のサイズを小さくする。」-これは、米コーネル大学(ニューヨーク州)の研究者が、85人の食品・栄養の専門家を招いて行ったアイスクリームを提供する会合を観察して出した結論。 会合の参加者は、17オ […]

Read More

肥満が画像診断の妨げに(2006.07.25掲載)

  • By

X線や超音波などの画像技術に医学が大きく依存するようになってきているが、肥満が原因で画像検査による決定的な診断ができない事例がこの15年で 2倍に増加していることが明らかになった。肥満はさまざまな疾患のリスクを増大させる […]

Read More

魚油が心機能を助ける機序が明らかに(2006.07.24掲載)

  • By

魚油(フィッシュオイル)が高齢者の心臓の電気的活動を調節することにより、心機能を助けることが米国の研究で明らかになった。オメガ-3脂肪酸を 豊富に含む魚を、週2-3回、揚げないで焼くか、煮て食べることにより、その効果が得 […]

Read More

原因不明の痛みを緩和する治療法(2006.07.21掲載)

  • By

腰痛、頭痛、疲労、筋骨格系や神経系、消化管系の障害などを含む、医学的に説明できない症状が、米国の何百万もの人に影響を与えており、医師、患者双方にとってストレスとなっている。これら原因不明の症状に対する「治療計画」(tre […]

Read More

鼻汁には抗生物質の効果は期待できない(2006.07.21掲載)

  • By

「色の付いた分泌物を伴う鼻汁(鼻水)の治療には、抗生物質を処方は必要ない」という、これまでの一般的な治療法に反する結果が、ニュージーランドの研究で明らかになった。 オークランド大学のBruce Arrol博士らは、英医師 […]

Read More

肺癌(がん)の熱焼灼療法に高い延命効果(2006.07.18掲載)

  • By

高周波エネルギーにより腫瘍を焼いて癌(がん)細胞を死滅させる熱焼灼(しょうしゃく)療法(thermal ablation)と呼ばれる非外科的治療によって、末期肺癌患者に数年の延命が認められることが、米ロードアイランド病院 […]

Read More

新しい埋め込み型避妊薬をFDAが承認(2006.07.18掲載)

  • By

長期埋め込み型避妊薬Implanon(Organon オルガノンUSA社)が、このほど米食品医薬品局(FDA)により承認された。低用量のプロゲスチン(黄体ホルモンであるプロゲステロンに類似の合成薬) が3年持続して放出さ […]

Read More

運動が癌(がん)化学療法の副作用を緩和(2006.07.14掲載)

  • By

癌(がん)の化学療法や放射線療法には、体重の増減、吐き気や嘔吐などの副作用が伴うが、患者が経験するこうした副作用が、運動により緩和されるこ とが、米ミズーリ-コロンビア大学(ミズーリ州)の研究で明らかにされた。研究者らは […]

Read More

妊娠中の喫煙が児の行動障害の原因に(2006.07.13掲載)

  • By

妊娠中に喫煙した母親の子供は、喫煙しなかった母親の子供と比較して、後年に行動障害(behavior problems)を起こす可能性が高く、こうした障害は、早ければ生後18~24カ月で現れることが、米英の研究者チームによ […]

Read More

長時間労働が女性の食習慣に強く影響(2006.07.13掲載)

  • By

長時間働くことにより不健康な習慣が身についてしまう傾向は、男性よりも女性に強いという研究結果が報告された。長時間働く女性は、糖分・脂肪分の 高い間食やカフェイン摂取が増え、喫煙者の場合、喫煙量が増えるという。ただし男女と […]

Read More