image_print

癌(がん)ワクチンの有望性を裏付ける研究が多数報告(2007.4.26掲載)

致死率の高い膵癌および頭頸部癌に対するワクチンについて、複数の研究で有望性が認められ、ロサンゼルスで開催された米国癌学会(AACR)年次集会で発表された。 米ピッツバーグ大学(ペンシルベニア州)医学部のAndrew Le […]

Read More

ヒトの骨髄から初期段階の精子細胞を作製(2007.4.23掲載)

ヒトの骨髄を用いて初めて初期段階の精子細胞が作製され、精子細胞が作られていく過程をより深く理解する上で、役立つことになりそうだ。また、さらなる研究で、男性不妊の治療に用いられる可能性も期待される。 米医学誌「Reprod […]

Read More

血圧低下にはお茶よりもダークチョコレート(2007.4.23掲載)

ダークチョコレートのようにカカオの豊富な食品には、血圧を低下させる作用があるのに対し、お茶ではその効果の弱いことが、ドイツの研究者らによる医学文献の調査で明らかになった。チョコレートは健康食品として注目されているが、この […]

Read More

ダイエットをした人の多くがリバウンド現象(2007.4.19掲載)

ダイエットをしても、結局は元の体重以上に戻ってしまう人が多いとの研究結果が、米医学誌「American Psychologist」4月号に掲載された。 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究グループが過去の […]

Read More

コーヒーやたばこ好きはパーキンソン病リスクが低い(2007.4.19掲載)

「喫煙やコーヒーを飲むことでパーキンソン病が予防される」という意外な可能性を示した米国での家族ベースの研究が、医学誌「Archives of Neurology」4月号に掲載された。 過去の研究でも、コーヒー摂取、喫煙、 […]

Read More

薬草コリウスが難治性の尿路感染症に効果(2007.4.16掲載)

減量効果のあることで知られるインドの薬草が、抗生物質治療に抵抗を示す尿路感染症に効果のあることが、米デューク大学(ノースカロライナ州)医療センターの研究で明らかになった。 尿路感染症における治療上の問題のひとつに、抗生物 […]

Read More

睡眠が分断される女性では痛みを訴えるリスクが増す(2007.4.16掲載)

睡眠の質が悪い女性では疼痛リスクが高くなることが、医学誌「Sleep」4月1日号掲載の研究で明らかにされた。研究者は、深夜の中途覚醒がある女性、当直の医療従事者、乳児の親のように睡眠が分断されるで女性は、痛みを抑制・コン […]

Read More

太極拳で高齢者の免疫能が向上(2007.4.12掲載)

ゆっくりとした武術の動作を行う運動として知られる太極拳。この太極拳によって、帯状疱疹(ほうしん)の原因となるウイルスに対する免疫能が高齢者で有意に向上することが、医学誌「Journal of the American G […]

Read More

先天性欠損に関わる遺伝子変異を特定(2007.4.12掲載)

ヒトの二分脊椎などの神経管異常に関わる遺伝子の突然変異を、カナダの研究グループが初めて突き止めた。マッギルMcGill大学(モントリオール)生化学教授のPhilippe Gros氏によると、この遺伝子はVANGL1と呼ば […]

Read More

定期的な健康診断が癌(がん)検診の動機づけに(2007.4.9掲載)

50歳以上で1~2年に1回、医師のもとで健康診断を受ける人は、癌(がん)のスクリーニング検査を受ける傾向の高いことが、米医学誌「Archives of Internal Medicine」3月26日号掲載の研究で明らかに […]

Read More