image_print
Image

乳糖不耐症でも乳製品の摂取は可能(2007.8.6掲載)

子供が乳糖(ラクトース)不耐症であれば、親は牛乳や他の乳製品を与えるのをためらいがちにならざるを得ない。しかし、先ごろ改訂された米国小児科学会(AAP)の新しいガイドラインでは、親に対し子供に乳製品を摂取させるのをあきら […]

Read More
Image

無糖のダイエット飲料でも心疾患のリスクに(2007.8.6掲載)

たとえ無糖のダイエット炭酸飲料であっても、1日に1本以上摂取すると、メタボリックシンドロームの発症リスクが上昇することが、米国の研究で明らかになった。

Read More

飲酒量の多い人はオメガ-3脂肪酸摂取が不足(2007.8.2掲載)

深酒をよくする人は、そうでない人に比べオメガ-3脂肪酸の値が低いことが示され、医学誌「Alcoholism: Clinical & Experimental Research」8月号に掲載された。

Read More
Image

書痙(しょけい)患者に脳の構造異常(2007.8.2掲載)

書痙(しょけい)になりやすい人の脳には、運動や感覚をつかさどる部位の組織が少ないという構造異常があることが、フランスの研究で示された。長い間、書痙には解剖学的な異常は認められないとされてきたが、解像度の高い最新の画像技術 […]

Read More

入れ墨の除去は容易ではない(2007.7.30掲載)

入れ墨(tattoo)を入れようかどうか迷っている人に対し、入れた後に除去する際の費用や苦痛について一度考えてみることを、米国の専門家が勧めている。米ミシガン大学ヘルスシステムの皮膚科医Jeffrey Orringer博 […]

Read More

健康な赤ちゃんのためへの妊娠前の準備(2007.7.30掲載)

妊娠前の計画的な準備が、新しいママにとって、赤ちゃんに人生のすばらしい第一歩をプレゼントできることになると専門家は指摘している。

Read More

「プラセボ効果」のメカニズムが明らかに(2007.7.26掲載)

「プラセボ(偽薬)効果」を引き起こす脳の領域が米ミシガン大学(ミシガン州アナーバー)のDavid J. Scott,氏らの研究によって明らかにされ、医学誌「Neuron」7月19日号で報告された。プラセボ効果とは、患者自 […]

Read More

癌(がん)と正常組織の境界を見分ける「塗料」を開発(2007.7.26掲載)

癌(がん)細胞を彩色して腫瘍の境界を見やすくする「塗料(paint)」が、米シアトル小児病院研究所およびフレッド・ハッチンソンFred Hutchinson癌研究センター(シアトル)のJames M. Olson博士らの […]

Read More

乳製品が男性の糖尿病や心疾患を予防(2007.7.23掲載)

牛乳などの乳製品を摂取する男性は、糖尿病や心疾患のリスクが低いことが、英国の研究で明らかになった。

Read More

瞑想が健康を促進させる明確な証拠なし(2007.7.23掲載)

瞑想(meditation)が健康問題を緩和するという確定的な証拠のないことが、過去の蓄積データを徹底的に検証したカナダ、アルバータ大学Capital Health Evidence-based Practice センタ […]

Read More