image_print

口から胆嚢(のう)を切除摘出(2007.7.2掲載)

現状の胆嚢(のう)摘出術では、術後の回復に時間を要し、多くのケースで痛みが伴う。外科医らは、長年にわたりこうした問題を軽減するために、腹腔鏡を用いて切開部分を小さくする、侵襲性の低い手術法の開発を試みてきた。

Read More

果糖含有飲料は動脈に悪影響もたらす(2007.7.2掲載)

甘味飲料による(冠)動脈の健康への影響度は、含有されている糖分の種類で異なることが、新しい研究で明らかにされた。研究者らは、過体重成人の動脈への脂肪沈着が、ブドウ糖含有飲料に比べ果糖含有飲料で多いとしている。

Read More

米国人男性の多くが15人以上との性経験あり(2007.6.28掲載)

米国人男性の29%、女性の9%が過去に15人以上と性的関係をもったことがあると回答していることが、米国政府による調査で明らかになった。

Read More

大規模な乳癌(がん)研究が中止される(2007.6.28掲載)

米国立癌研究所(NCI)が、高リスク女性での新世代アロマターゼ阻害薬の乳癌(がん)予防効果を検討する1億ドル(約123億円)規模の研究(臨床試験)を中止した、と米ワシントンポスト紙が報じた。

Read More

心臓と腎臓の密接な関係(2007.6.25掲載)

心臓と腎臓はそれぞれ体内で重要な働きをもつ臓器だが、両者は互いに密接な関係のあることが、心臓と腎臓の疾患との関連性に焦点を当てた2件の研究により明らかになった。

Read More

クロスワードパズルが脳の活性を高めることを証明(2007.6.25掲載)

日常的なクロスワードパズルやsudoku(数読)などの高度な集中を必要とする作業が、集中力を研ぎ澄ます手助けとなり、精神を若く維持させることが、米国の研究で明らかになり、シカゴで開催された国際ヒト脳機能マッピング学会(O […]

Read More

週末の朝寝坊は子どもの成績に悪影響(2007.6.21掲載)

週末に朝寝坊する生徒は、普段どおりの起床時間を保っている生徒に比べて学校の成績が劣る可能性を示した研究が、米ミネアポリスで開催された睡眠専門家協会(APSS)の年次集会で報告された。

Read More

減量薬の承認をFDA諮問委員会が否決(2007.6.21掲載)

肥満治療薬rimonabant(リモナバント)の米国食品医薬品局(FDA)承認について、自殺念慮(ねんりょ)のリスクを増大させる可能性が否定できないとして、諮問委員会が14対0で否決したとAP通信が報じた。rimonab […]

Read More
Image

世界のアルツハイマー病患者数が2050年までに1億人に(2007.6.18掲載)

現在、アルツハイマー病の患者数は世界で2,660万人だが、2050年には1億人を超えるかもしれないという新しい分析結果が、米ワシントンD.C.で開かれた米アルツハイマー協会(AA)主催の認知症予防国際会議(Interna […]

Read More
Image

高用量のビタミンDが癌(がん)リスクを軽減(2007.6.18掲載)

ビタミンDの摂取量を高めることにより、乳癌(がん)をはじめとする癌リスクが劇的に軽減されることが、米Creightonクレイトン大学(ネブラスカ州)の研究者らによって明らかにされた。

Read More