image_print

テレビアニメが小児の痛みを紛らす(2006.08.16掲載)

クリニックに、バッグス・バニー、クービー・ドゥー、パワーレンジャーなどアニメキャラクターの居場所ができそうだ。テレビアニメが簡単な医療処置の痛みから子供を紛らす役割を果たすことがイタリアの研究で明らかになった。 シ エナ […]

Read More

炎症と癌(がん)の関係解明に光(2006.08.11掲載)

慢性炎症と、癌(がん)やアテローム性動脈硬化症のような疾患との化学的な関係について新たな知見が示され、生物化学誌「Nature Chemical Biology」7月号に掲載された。 感染が起きると、免疫細胞がその部位に […]

Read More

運動が脳の老化を予防(2006.08.11掲載)

運動は、加齢による脳機能への影響を遅延させるとともに、鋭い認知能力を維持させ、認知症様疾患の予防となることが、先ごろニューオリンズで開催の米国心理学会(APA)で発表された米イリノイ大学(イリノイ州)の研究で明らかになっ […]

Read More

子供と親で異なる目線(2006.08.10掲載)

10代の子供の行動に対して、怒鳴る、語りかける、罰を与えるなどの対処法は、その方法が状況にふさわしくないと子供が感じた場合には功を奏さないことが、米ブリガムヤング大学(ユタ州)の研究者らによって明らかにされた。 10 代 […]

Read More

生涯独身は寿命を縮める(2006.08.09掲載)

生涯独身を貫くことは健康によいとはいえない、という知見が報告された。結婚が長寿や心疾患リスクの低下に関係していることはこれまでにも知られて いたが、今回の研究は、別居・離婚・死別した人と、一度も結婚の経験のない人との違い […]

Read More

カレーに大腸癌(がん)の予防効果(2006.08.02掲載)

タマネギやカレーに含まれる化学物質が、大腸癌(がん)予防に役立つことが、米ジョンズホプキンス大学(ボルチモア)医学部の研究で明らかになった。 米 医学誌「Clinical Gastroenterology and Hep […]

Read More

テレビ視聴時間が長くなればなるほど運動量が減少(2006.07.31掲載)

テレビの視聴時間が長くなればなるほど運動量がより減少するということが、万歩計を用いた米国の研究で明らかになった。 ボストンの低所得者向け住宅の居住者486人を対象とした研究では、1時間の視聴で運動量が1日144歩減少する […]

Read More

肥満予防ワクチンの実現に期待(2006.07.31掲載)

肥満を防ぐワクチンが実現に近づいたとの報告が、米国科学アカデミー誌「Proceeding of the National Academy of Sciences」7月31日-8月4日号に掲載された。米スクリップス研究所( […]

Read More

初の「世界幸福度マップ」、日本は178カ国中90位(2006.07.28掲載)

世界初の「世界幸福度マップ」(world map of happiness)なるものが完成した。英レスターLeicester大学社会心理分析学のAdrian White氏らが、ユネスコ、世界保健機関(WHO)、米国中央情 […]

Read More

乳癌(がん)検診には父系の家族歴聴取が重要(2006.07.26掲載)

乳癌(がん)検診の一環として女性の家族歴を聴取するとき、父系の親類についても漏らさず情報を集める必要があることが米国の研究で明らかになり、医学誌「American Journal of Preventive Medici […]

Read More