image_print

まれに存在する精液アレルギー(2006.11.14掲載)

性交後に性器のかゆみ、灼熱(しゃくねつ)感などを生じる女性は、精液アレルギーの可能性があるという。症状は、単なる刺激感からアナフィラキシー (過敏性)ショックまで幅広い。死亡例は報告されていないものの、ハチ毒やピーナッツ […]

Read More

年間300万人が高血糖で死亡(2006.11.10掲載)

高血糖に起因する糖尿病、心疾患および脳卒中によって、世界で年間約300万人が死亡していることが判明し、医学誌「The Lancet」11月11日号で報告された。研究を率いた米ハーバード大学(ボストン)公衆衛生学部のMaj […]

Read More

診断に迷った医師もGoogleの恩恵(2006.11.09掲載)

インターネット検索エンジンで最も人気があるGoogle(グーグル)。英医師会誌「British Medical Journal」11月11日号掲載の研究によると、診断が困難なケースで医師がGoogle検索に助けられること […]

Read More

家族歴があると遺伝子変異なしでも乳癌(がん)リスクが高い(2006.11.09掲

近親に乳癌(がん)患者のいる女性は、乳癌の原因とされる遺伝子の突然変異がみられなくても、依然として乳癌発症リスクが高いという知見が、医学誌「Journal of Medical Genetics」オンライン版に11月1日 […]

Read More

乳児期の鉄欠乏が10代での認知力に影響(2006.11.06掲載)

乳児期に鉄分が欠乏していた10代の子供は、同年代の他の子供と比較して、思考力、学習力、記憶力を測定した認知テストの点数が低く、特に貧困層でその差が顕著なことが米国の研究で明らかにされた。研究結果は、米医学誌「Archiv […]

Read More

新しい検査法で認知症を早期に発見(2006.11.02掲載)

標準検査(テスト)で見落とされがちな高齢者の早期の軽度認知障害が、新しい手法で検出可能なことが米国の研究で明らかになった。検査法を開発した米セントルイス大学(ミズーリ州)の研究結果は、米医学誌「American Jour […]

Read More

ニューヨーク市が糖尿病患者の追跡プログラムを実施(2006.11.01掲載)

糖尿病患者が合併症予防の適切なケアを受けているかどうかを確認するため、米ニューヨーク市で、患者の血糖値検査を追跡するというかつてないプログラムが実施される。 通常、このような追跡プログラムが実施されるのは、他の人々を脅か […]

Read More

インターネットでMRIの遠隔操作が可能に(2006.11.01掲載)

インターネットを通じて離れた場所からMRI(磁気共鳴画像診断)装置を操作するソフトウエアについて、良好なテスト結果が得られたという。米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のJ. Paul Finn博士らによるこの […]

Read More

電子レンジによる事前調理で発癌物質を低減(2006.10.31掲載)

ポテトを揚げる際に電子レンジで事前調理することにより、発癌(がん)物質として疑われているアクリルアミド(acrylamide)を低減できる ことが、トルコの研究で明らかになった。アクリルアミドは、揚げる、あぶる、焼くなど […]

Read More

10代の米国女性がスキンピアスで乳房切除(2006.10.28掲載)

人気ファッションのスキンピアスで最悪の出来事が発生した。AP通信によると、米インディアナ州在住の女性、Stephanie Edingtonさん は、18歳の誕生日に左乳房にピアスを開けたが、感染症に罹患し、悪化して左乳房 […]

Read More