image_print

自閉症児は写真の人物の目は凝視できる(2007.5.14掲載)

自閉症スペクトラム障害(ASD)の幼児は、アイコンタクトや人の顔を見つめることが苦手だが、写真の人物の顔であれば問題なく見ることができ、また、顔写真を見る際、目を眺めるのに多くの時間を費やすことが、米エール大学(コネチカ […]

Read More

糖尿病の男性は精子が損傷されやすい(2007.5.10掲載)

糖尿病により精子が損傷され、男性の生殖能力が低下する可能性のあることが英国の研究で示され、米医学誌「Human Reproduction」に掲載された。

Read More

「狂牛病」ワクチンがマウスで有効性示す(2007.5.10掲載)

狂牛病に似た脳症状からマウスを保護するワクチンが、米国の研究グループにより開発され、ボストンで開催された米国神経学会(AAN)年次集会で報告された。

Read More
Image

前立腺癌(がん)の診断率を向上させる新しい検査法(2007.5.7掲載)

前立腺癌(がん)細胞から産生された血中蛋白(たんぱく)の検査により、癌の診断精度が向上する可能性のあることが、医学誌「Urology」5月号掲載の研究で明らかにされた。この前立腺癌抗原-2(EPCA-2)と呼ばれる蛋白は […]

Read More

1回の高脂肪食で血圧が急上昇(2007.5.7掲載)

高脂肪食を1回摂取するだけで、食後急激に血圧が上昇することが、米医学誌「Journal of Nutrition」4月号掲載の、カナダ、カルガリー大学の研究で明らかになった。 カナダ紙「トロントスターToronto St […]

Read More

過敏性腸症候群にまつわる誤解(2007.4.30掲載)

過敏性腸症候群(IBS)は、米国人の10~15%が罹患する一般的な疾患だが、米ミシガン大学ヘルスシステム消化器病専門医のWilliam D. Chey博士は、患者だけではなく多くの医師がIBSを誤解していると指摘する。 […]

Read More

不健康な若者は心臓の血管を痛めつけている(2007.4.30掲載)

喫煙習慣、過体重、血圧やLDL(悪玉)コレステロール、血糖が適正値以上を示す不健康な若者は、健康的な若者に比べて、15年後に心臓を養う動脈(冠動脈)にカルシウムが沈着するリスクが3倍高くなることが、米国での若者を対象とし […]

Read More

膣を通しての胆嚢摘出術に成功(2007.4.26掲載)

フレキシブル内視鏡を使用し、患者の膣を通して胆嚢を切除する新しい手術が臨床試験の一環として実施された。痛みや瘢痕(はんこん)の軽減、回復にかかる時間の短縮につながるものとして期待されている。 NOTES(natural […]

Read More

癌(がん)ワクチンの有望性を裏付ける研究が多数報告(2007.4.26掲載)

致死率の高い膵癌および頭頸部癌に対するワクチンについて、複数の研究で有望性が認められ、ロサンゼルスで開催された米国癌学会(AACR)年次集会で発表された。 米ピッツバーグ大学(ペンシルベニア州)医学部のAndrew Le […]

Read More

ヒトの骨髄から初期段階の精子細胞を作製(2007.4.23掲載)

ヒトの骨髄を用いて初めて初期段階の精子細胞が作製され、精子細胞が作られていく過程をより深く理解する上で、役立つことになりそうだ。また、さらなる研究で、男性不妊の治療に用いられる可能性も期待される。 米医学誌「Reprod […]

Read More