image_print

EUで新しい前立腺癌(がん)検査法が可能に(2006.11.23掲載)

尿中のバイオマーカー(生物学的標識)PCA3 mRNAに着目した新しい前立腺癌(がん)の検査法が欧州連合(EU)で使用可能となった。この検査法は米国では未だ承認されていない。 研 究段階では、前立腺癌の95%以上において […]

Read More

加齢と乳癌(がん)リスクの関係(2006.11.21掲載)

加齢に伴う乳癌(がん)リスクの変化に、自然のプロセスが強く影響していることが、癌関連医学誌「Journal of the National Cancer Institute」11月15日号に掲載された、米メイヨー・クリニ […]

Read More

学力テストの効用(2006.11.20掲載)

ほとんどの学生にとって学力テストは煩わしいものだが、テストを受けることにより、出題されなかった情報さえも良く思い出せることが、米医学誌「Journal of Experimental Psychology: Genera […]

Read More

尿中のカリウム濃度で食習慣が判(2006.11.17掲載)

尿中のカリウム濃度を調べる簡単な検査で、患者の食習慣を評価できることを示したカナダの研究が、米サンディエゴで開催された米国腎臓病学会(ASN)年次集会で発表された。 食 生活は、心疾患、脳卒中、癌(がん)をはじめとするあ […]

Read More

簡易な作業療法が認知症に効果的(2006.11.16掲載)

家庭生活の単純な作業を訓練する作業療法が、アルツハイマー病などの認知症患者や、その世話をする人の生活を向上させることがオランダの研究で明らかにされた。研究結果は、英医師会誌「British Medical Journal […]

Read More

まれに存在する精液アレルギー(2006.11.14掲載)

性交後に性器のかゆみ、灼熱(しゃくねつ)感などを生じる女性は、精液アレルギーの可能性があるという。症状は、単なる刺激感からアナフィラキシー (過敏性)ショックまで幅広い。死亡例は報告されていないものの、ハチ毒やピーナッツ […]

Read More

腕の運動が末梢性動脈疾患患者の足を動かす(2006.11.14掲載)

有酸素(エアロビック)の腕運動により、末梢性動脈疾患(PAD)患者の脚の痛みが軽減し、より楽に歩けるようになることが米国の研究で明らかに なった。PDAでは、四肢(通常は脚)の動脈が、プラークの形成、血管狭窄などで、筋肉 […]

Read More

年間300万人が高血糖で死亡(2006.11.10掲載)

高血糖に起因する糖尿病、心疾患および脳卒中によって、世界で年間約300万人が死亡していることが判明し、医学誌「The Lancet」11月11日号で報告された。研究を率いた米ハーバード大学(ボストン)公衆衛生学部のMaj […]

Read More

診断に迷った医師もGoogleの恩恵(2006.11.09掲載)

インターネット検索エンジンで最も人気があるGoogle(グーグル)。英医師会誌「British Medical Journal」11月11日号掲載の研究によると、診断が困難なケースで医師がGoogle検索に助けられること […]

Read More

家族歴があると遺伝子変異なしでも乳癌(がん)リスクが高い(2006.11.09掲

近親に乳癌(がん)患者のいる女性は、乳癌の原因とされる遺伝子の突然変異がみられなくても、依然として乳癌発症リスクが高いという知見が、医学誌「Journal of Medical Genetics」オンライン版に11月1日 […]

Read More