image_print

胸焼けと心臓発作の見分け方(2007.3.12掲載)

「胸の痛みが、単なる胸焼けによるものなのか、あるいはより深刻な心臓発作によるものかが不明な場合は検査が必要」と専門家が忠告している。 冠動脈性心疾患(CHD)の一般的な症状としては、胸痛(アンギナ)、あるいは肩、腕、首、 […]

Read More

細胞の「指紋」により感染症を特定(2007.3.29掲載)

米国の研究グループが、疾患の残す「指紋」を用いて、小児によくみられる感染症の原因となるウイルスや細菌を特定する方法を突き止めたという。 疾患を引き起こすウイルスや細菌は、血液のような簡単に調べられる場所には姿を現さないこ […]

Read More

培養細胞からエナメル質を再生(2007.3.29掲載)

日本の研究チームが、培養細胞を用いて歯のエナメル質を再生することに成功、先ごろ米ニューオーリンズで開催された国際歯科研究学会(IADR)で発表された。 歯のエナメル質を形成する細胞層は、歯が生えるまでには消失してしまい、 […]

Read More

歯磨きがてんかん発作の引き金になったケース(2007.3.15掲載)

てんかん患者の中には、歯磨きによる特定の脳領域への刺激が引き金となって発作を起こす人のいることが、オーストラリアの研究で明らかになり、米医学誌「Neurology」3月6日号で報告された。 メルボルン大学St. Vinc […]

Read More

パートナーのいびきで2年分の睡眠が奪われる(2007.3.15掲載)

いびきをかく人は、生涯で2年分に相当する睡眠をパートナーから奪っているという知見が、英国いびきおよび睡眠時無呼吸協会(BSSAA)の調査により示された。 成人2,000人を対象に実施した調査によると、3人に1人がいびきを […]

Read More
Image

肺癌(がん)を検知する呼気検査を開発中(2007.3.8掲載)

米国では、男女ともに肺癌(がん)が癌による死因の第1位となっており、早期発見が重大な目標となっているが、簡単で安価な呼気検査で将来、肺癌を検出できる可能性が医学誌「Thorax」オンライン版で2月26日に報告された。 ヒ […]

Read More

生乳による健康リスク(2007.3.8掲載)

生乳(殺菌していない乳)にはさまざまな有害菌が含まれており、食中毒や死亡の原因となることもあると、米国疾病管理予防センター(CDC)および米国食品医薬品局(FDA)が消費者に注意を呼びかけている。 CDCによると、199 […]

Read More
Image

ADHD治療薬のメーカーにガイド作成を命じる(2007.3.5.掲載)

米国保健当局は先ごろ、注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬のメーカーに対し、心血管や精神疾患のリスクを警告する、患者向けガイドの作成を命じた。米食品医薬品局(FDA)によると、米国の学齢児の3~7%、成人の約4%がAD […]

Read More

母乳育児が社会的成功の鍵(2007.3.5掲載)

母乳で育った人は、人工栄養で育った人に比べ、成人後に高い社会的地位につく傾向にあることが、米医学誌「Archives of Disease in Childhood」オンライン版2月16日号掲載の、英国の研究で明らかにな […]

Read More
Image

血圧値から心房細動リスクを予測(2007.3.1掲載)

脈圧(最大血圧と最小血圧の差)の増大が、心房細動と呼ばれる危険な異常心拍の発症リスクの重要な指標となることが示され、米国医師会誌「JAMA」2月21日号で報告された。 米国立衛生研究所(NIH)の支援により研究を行う民間 […]

Read More