image_print

腸内産生の蛋白(たんぱく)が疾患を予防(2006.08.24掲載)

侵入した細菌から腸を守る蛋白(たんぱく)が腸管内に存在することが、米テキサス大学サウスウェスタン医療センターの研究グループにより明らかにさ れ、科学誌「Science」8月25日号に掲載された。腸が病原菌を撃退する方法に […]

Read More

高カロリー、低食物繊維食が子供の肥満の原因に(2006.08.22掲載)

高カロリー、低食物繊維食はホルモンのインバランス(不均衡)を招き、子供の過食につながると、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究者らが警告。また現在の食品製造業界は「有害な環境」を作り、子供に過剰な体重 […]

Read More

虫歯予防の新しいチューインガム(2006.08.21掲載)

虫歯予防を助ける乳酸菌を含有するチューインガムを、ドイツの大手化学薬品会社BASFが開発し、2007年には販売開始予定だという。 英ヘラルド紙によると、このガムに含まれる乳酸菌は、歯の表面に貼りつき、エナメル質を溶かす強 […]

Read More

小児癌(がん)を経験した成人で高い自殺リスク(2006.08.18掲載)

小児期に癌(がん)を経験した成人生存者の8人に1人が、自殺未遂の経験や自殺念慮(ねんりょ)のあることが、米ダナ・ファーバー癌研究所(ボストン)のChristopher Recklitis氏らの研究で明らかになった。 米医 […]

Read More

恒久的効果もつしわ取り剤に賛否両論(2006.08.17掲載)

たった1回の注射で、顔のしわを永久に消すことができるかもしれないという。7月末にサンディエゴで開催された米国皮膚科学会(AAD)の年次集会 で、米食品医薬品局(FDA)の承認待ち段階の新しい注入剤「ArteFill」が取 […]

Read More

オンラインゲームが社会性を促進(2006.08.17掲載)

オンラインゲームは人を孤立させる、時間の浪費だなどと批判されることも多いが、米国の研究によると、一部の人気オンラインゲームが実は「社会性を促進し、新しい世界観を生み出している」という。 米 イリノイ大学およびウィスコンシ […]

Read More

テレビアニメが小児の痛みを紛らす(2006.08.16掲載)

クリニックに、バッグス・バニー、クービー・ドゥー、パワーレンジャーなどアニメキャラクターの居場所ができそうだ。テレビアニメが簡単な医療処置の痛みから子供を紛らす役割を果たすことがイタリアの研究で明らかになった。 シ エナ […]

Read More

運動が脳の老化を予防(2006.08.11掲載)

運動は、加齢による脳機能への影響を遅延させるとともに、鋭い認知能力を維持させ、認知症様疾患の予防となることが、先ごろニューオリンズで開催の米国心理学会(APA)で発表された米イリノイ大学(イリノイ州)の研究で明らかになっ […]

Read More

炎症と癌(がん)の関係解明に光(2006.08.11掲載)

慢性炎症と、癌(がん)やアテローム性動脈硬化症のような疾患との化学的な関係について新たな知見が示され、生物化学誌「Nature Chemical Biology」7月号に掲載された。 感染が起きると、免疫細胞がその部位に […]

Read More

子供と親で異なる目線(2006.08.10掲載)

10代の子供の行動に対して、怒鳴る、語りかける、罰を与えるなどの対処法は、その方法が状況にふさわしくないと子供が感じた場合には功を奏さないことが、米ブリガムヤング大学(ユタ州)の研究者らによって明らかにされた。 10 代 […]

Read More