image_print

薬剤溶出ステントが年間2,000人以上の死亡原因に(2006.10.12掲載)

薬剤溶出ステント使用が、米国で毎年2,000人以上の死亡原因となっているとする論説記事が、米国心臓学会(ACC)のウェブサイトに掲載された。 ステントは、狭窄または閉塞した動脈を開存するために使用する小さな金属性のディバ […]

Read More

出血を瞬時に止めるゲル(2006.10.10掲載)

創傷部を覆い即座に出血を止める透明ゲル状の物質が、米マサチューセッツ工科大学(MIT)および香港大学の研究グループにより開発中だという。こ れまでにも圧迫法、焼灼(しゃく)法をはじめ、血液凝固促進剤や強力接着剤の成分の使 […]

Read More

新しい男性避妊法へ高まる期待(2006.10.10掲載)

精管切断術に替わる、可逆的な男性避妊法の臨床試験の規模が拡大されるという。この避妊法が、予想以上に関心を集めていることを受けての決定である。 英タイムズ紙(The Times)によると、IVD(Intra Vas Dev […]

Read More

乳癌(がん)に短期放射線療法の試み(2006.10.04掲載)

乳房腫瘤摘出後の再発リスクを軽減するために放射線療法が必要だが、多くの女性にとって、乳房全体に対する週5日、6週間の照射を行う従来型の放射 線療法は困難で不便なものとなっている。ここ数年、短期の放射線療法が実施されるよう […]

Read More

期待される花粉症ワクチンの効果(2006.10.04掲載)

米国では何百万という人が秋のブタクサ花粉症に悩まされているが、長期効果の期待できるワクチンが数年以内に登場しそうだ。従来のアレルギー減感作 療法では何年間にもわたる注射が必要だが、新しいワクチンは短期間の治療で数年間効果 […]

Read More

誤診や診断遅れは医師の手違いが多い(2006.10.03掲載)

患者に被害が及ぶ誤診や診断遅れの約60%が医師の基本的なミスで発生していることが、米医学誌「Annals of Internal Medicine」10月3日号掲載の米国の研究で明らかになった。こうしたミスには、患者の追 […]

Read More

小児にも脂肪性肝疾患の多いことが判明(2006.10.02掲載)

米国の小児の650万人もが、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に罹患している可能性が示された。NAFLDは肝細胞に脂肪が蓄積する疾患 で、肝硬変、移植を要するような末期肝疾患および肝癌(がん)に至ることもある。これ […]

Read More

若年肥満者に憩室炎リスク(2006.10.01掲載)

これまで50歳以上の疾患とされていた結腸疾患の急性憩室炎が、今では若年肥満者にも見られることが、米メリーランド大学医療センターの研究で明らかになった。 急性憩室炎には共通して低繊維食が関与している。これが原因で結腸への圧 […]

Read More

肝臓移植後の生存状況は女性のほうが良好(2006.09.28掲載)

肝臓移植後の生存状況は、男性より女性で良好なことが英クイーンエリザベス病院(バーミンガム)の研究で明らかになった。 英医学誌「Gut」9月28日オンライン版掲載の同研究は、1985~2003年に肝臓移植術を受けた約2,7 […]

Read More

赤ワインがアルツハイマー病を防(2006.09.27掲載)

赤ワインを飲むとアルツハイマー病の予防に役立つ可能性が、米マウントサイナイ医科大学(ニューヨーク)の研究で示された。 米 実験生物学誌「FASEB Journal」11月号に掲載予定のこの研究は、アルツハイマー病型の脳変 […]

Read More