image_print

(2007.01/05) 悪夢と自殺未遂に関連性

睡眠障害および悪夢が自殺未遂と強く関連していることを示したスウェーデンの研究が、医学誌「Sleep」1月1日号に掲載された。 Sahlgrenska大学病院(エーテボリ)のNisse Sjostrom氏らは、自殺未遂で同 […]

Read More

オリーブ油が発癌(がん)物質から体を守る(2006.12.23掲載)

毎日スプーン数杯のオリーブ油を摂取することにより、癌(がん)細胞の成長を促進するフリーラジカル(遊離活性基=細胞を傷害し、癌の原因ともいわれる)の過剰な生成を食い止められる可能性があるという。 ヨーロッパ人男性182人を […]

Read More

外科医にはハンサムが多い(2006.12.22掲載)

外科医は他の医師に比べ、背が高く容姿のいい傾向があるとするスペインの研究が、英国医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」12月23日号で報告された。 カナダCBCニュースによると、バルセロナ大 […]

Read More

脚から首への体液移動が睡眠時無呼吸を招く(2006.12.19掲載)

人が横になったときに脚から首への体液移動が生じることにより、喉(のど)周辺の軟組織が狭窄し、気流抵抗が100%以上増大して閉塞性睡眠時無呼吸のリスクが高くなることが、米医学誌「American Journal of Re […]

Read More

耳鳴りはタイプにより重症度、症状が異なる(2006.12.18掲載)

耳鳴りは、その臨床的特徴により患者の間でもさまざまに異なることが、ドイツ、マインツ大学およびローゼンエック行動科学センター(プリーン)によ る研究で示され、医学誌「Archives of Otolaryngology-H […]

Read More

乳癌(がん)治療の反応を予測する遺伝子検査を開発(2006.12.15掲載)

乳癌(がん)患者のホルモン療法や化学療法への反応を、より確実に予測する2種類の遺伝子検査法が、米国の研究者らによって開発され、先ごろ米サンアントニオ(テキサス州)で開催されたサンアントニオ乳癌シンポジウムで、その詳細が発 […]

Read More

多剤耐性結核が加速度的に広がる(2006.12.15掲載)

多剤耐性結核(MRD-TB)が、予測以上のスピードで世界中に蔓延(まんえん)していることが、英医学誌「Lancet」12月16日号の記事で明らかにされた。MRD-TBは、イソニアジドやリファンピシンなど最も効果的な薬剤2 […]

Read More

運動で女性喫煙者の肺癌(がん)リスクが低減(2006.12.13掲載)

運動によって女性喫煙者の肺癌(がん)リスクが低下することが米国の研究で示され、米医学誌「Cancer Epidemiology Biomarkers & Prevention」12月号に掲載された。 AP通信によ […]

Read More

ヒステリー症状に神経学的根拠(2006.12.11掲載)

いわゆる「ヒステリー」は、正式には「転換性障害または解離性障害」と呼ばれ、患者は腕や脚の麻痺(まひ)や体の一部の感覚が鈍くなるという症状を 訴えるものの、何ら医学的原因が認められない病態を指す。これが架空の症状ではないと […]

Read More

喫煙量を減らすことが禁煙のきっかけに(2006.12.07掲載)

禁煙の意思が固まっていない人でも、たばこの量を減らすことで思いがけなく禁煙できることが、医学誌「Nicotine and Tobacco Research」12月号に掲載された米国の研究で明らかになった。 米 バーモント […]

Read More