image_print

ネコもアルツハイマー病にかかる(2006.12.06掲載)

ネコがアルツハイマー病を発症することが英国および米国の研究によって判明し、獣医学誌「Journal of Feline Medicine」最新号に掲載された。研究グループは、ネコの脳細胞に形成され、知的機能の低下をもたら […]

Read More

携帯電話は発癌(がん)リスクを高めな(2006.12.05掲載)

携帯電話が発癌(がん)の原因になるとの説は根拠のないことが、デンマークの大規模研究で明らかにされた。研究では、携帯電話の使用は、長期・短期にかかわらず癌リスクに影響しないとしている。 携帯電話のアンテナは、ヒトの脳に浸透 […]

Read More

ニューヨークの飲食店でトランス脂肪の使用が禁止に(2006.12.05掲載)

米ニューヨーク市公衆衛生局が実施した投票の結果、同市が米国で初めて飲食店でのトランス脂肪使用を禁止することが満場一致で決定した。2007年 7月までに、飲食店ではトランス脂肪の含まれる揚げ油のほとんどを使用できなくなり、 […]

Read More

牛乳が造影剤の替わりに(2006.11.29掲載)

炎症性腸疾患の一つであるクローン病などの腸管造影検査の際に、牛乳がバリウム含有の造影剤の替わりになることが、先ごろシカゴで開催された北米放射線学会(RSNA)で報告された。 米St. Luke's-Rooseve […]

Read More

喫煙本数を減らしても死亡リスクは減らず(2006.11.28掲載)

喫煙者の健康状態は、喫煙量を減らしても改善するとは限らないことが、ノルウェーの研究で明らかにされた。研究者は、単に1日あたりのたばこの本数を減らすだけでは、ヘビースモーカーの早期死亡リスクは低減しないとしている。 英 医 […]

Read More

食品を大腸菌から守る「食べられる」ラップ材(2006.11.27掲載)

病原性大腸菌O-157:H7をはじめとする有害な微生物から生鮮食品を守るための、食べられるラップ材が米国農務省(UDDA)により開発中だと いう。今年(2006年)9月、米国ではホウレンソウによるO-157感染で200人 […]

Read More

射精を抑制する男性用避妊薬(2006.11.27掲載)

男性の射精を抑える避妊薬が英国で開発されていると、英BBCニュースが報じた。 ロンドン大学キングズ・カレッ ジの研究グループによると、血圧および統合失調症に利用される薬剤に射精を抑える作用がみられたものの、めまいや眠気な […]

Read More

EUで新しい前立腺癌(がん)検査法が可能に(2006.11.23掲載)

尿中のバイオマーカー(生物学的標識)PCA3 mRNAに着目した新しい前立腺癌(がん)の検査法が欧州連合(EU)で使用可能となった。この検査法は米国では未だ承認されていない。 研 究段階では、前立腺癌の95%以上において […]

Read More

肥満児は足が大きく、歩行に問題(2006.11.23掲載)

肥満によって小児の足の大きさが縦横ともに大きくなり、歩行能力に影響を及ぼしているという2つの研究による知見が、英BBCニュースによって報じられた。2研究はいずれも、英国ブライトンで開催された英国足専門医協会(Societ […]

Read More

加齢と乳癌(がん)リスクの関係(2006.11.21掲載)

加齢に伴う乳癌(がん)リスクの変化に、自然のプロセスが強く影響していることが、癌関連医学誌「Journal of the National Cancer Institute」11月15日号に掲載された、米メイヨー・クリニ […]

Read More