女性によくみられる膀胱の問題

女性には加齢とともに膀胱にさまざまな問題が生じることがありますが、恥ずかしさや、加齢による正常な現象であるとの思い込みから医師の診察を受けない人も多いようです。

以下のような症状がみられる場合は膀胱の疾患を疑いましょう。

・1日に8回以上トイレに行く。
・夜中にトイレのために起きる必要がある。
・急に強い尿意を催すことがあり、トイレに間に合わないかもしれないという不安を感じる。
・意思に反して尿が漏れることがある(尿失禁)。

情報元:Womenshealth.gov(HealthDay News 2017年11月29日)

https://consumer.healthday.com/diseases-and-conditions-information-37/urine-problems-news-687/health-tip-identifying-common-bladder-problems-in-women-728623.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




高齢者は食中毒に注意

65歳以上の人は若い頃よりも免疫が低下している可能性が高く、食中毒になるリスクも高まります。

高齢になると、身体に以下のような変化がみられるといわれています。

・消化管に食物が留まる時間が長くなるため、細菌に繁殖する時間を多く与えることになります。
・肝臓や腎臓が、有害な細菌や毒素を十分に除去できなくなることがあります。
・消化管の細菌を抑制する胃酸が十分に産生されなくなります。
・高齢になると食中毒リスクを高める慢性疾患にも罹りやすくなります。

情報元:foodsafety.gov(HealthDay News 2017年11月27日)

https://consumer.healthday.com/senior-citizen-information-31/misc-aging-news-10/health-tip-seniors-at-heightened-risk-of-foodborne-illness-728621.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




注射を怖がる子どもへの対処法

幼い子は注射をひどく怖がることが多く、親にとっても心配の種です。

そんな子どもの不安を軽くするためのヒントを紹介します。

・子どもを落ち着かせるため、お気に入りのおもちゃ、絵本、毛布などを持って行きましょう。
・抱っこしたり、歌を歌ったり、優しく話しかけたりして気をそらし、安心させましょう。
・子どもに笑いかけて目を合わせ、何も心配はないと分からせましょう。
・可能であれば、膝の上でしっかりと抱くようにしましょう。

情報元:米疾病対策センター(CDC)(HealthDay News 2017年11月23日)

https://consumer.healthday.com/public-health-information-30/vaccine-news-689/health-tip-ease-your-child-s-worry-during-vaccinations-728404.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




女性の糖尿病は男性とは異なる

糖尿病は男女とも有病率に差はありません。しかし、その特徴には性別による違いがみられるといいます。

女性の糖尿病患者は、特に以下のような点に注意する必要があります。

・最もよくみられる糖尿病の合併症である心疾患が、高いリスクで生じます。
・心筋梗塞を起こすと、その後の生存率が低く、生活の質(QOL)も低下する傾向があります。
・失明も比較的高い確率でみられます。
・うつ病リスクが高い傾向があります。

情報元:FDA 女性の健康対策室(OWH)(HealthDay News 2017年11月21日)

https://consumer.healthday.com/diabetes-information-10/misc-diabetes-news-181/health-tip-diabetes-affects-women-differently-728395.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




ペットによる健康効果

ペットを飼うと、情緒面によい効果があるだけでなく、身体の健康状態も改善される可能性があるといいます。

かわいい動物が、以下のような効果をもたらしてくれることが明らかにされています。

・血圧値の低下
・脂質値の低下
・孤独感の軽減
・社会活動への参加や人との交流の機会が増える
・定期的に運動する機会が増える

情報元:米疾病対策センター(CDC)(HealthDay News 2017年11月7日)

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/pets-and-health-news-531/health-tip-a-pet-may-improve-your-health-600530.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




難聴は脳の健康にも影響

難聴を抱える人は64~74歳で約3人に1人、75歳以上では約半数を占めるといわれています。難聴は会話に不便なだけでなく、脳の健康にも影響を及ぼすことがあるといいます。2011年に実施された研究では、難聴の高齢者は認知症になるリスクが高いことが分かっています。

難聴の程度と認知症リスクにも直接的な関係が認められており、軽度の難聴では認知症リスクが2倍、中等度の難聴では3倍、重度の難聴では5倍にもなります。

また、影響があるのは記憶力だけではありません。別の研究では、難聴のある高齢者は、聴力の正常な人に比べて集中力の低下が早いことも明らかにされています。

情報元:米国立老化研究所(NIA)(HealthDay News 2017年11月15日)

https://consumer.healthday.com/hearing-information-19/hearing-disorder-news-351/health-tip-hearing-loss-may-affect-brain-health-728178.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




口腔がんの症状を知ろう

口腔がんを診断される人が最も多い年齢層は主に55~64歳です。女性よりも男性に多く、2017年に診断される全てのがんのうち約3%を占めると推定されます。

口腔がんの症状には以下のようなものがあります。

・口腔内のヒリヒリした痛みや過敏が3週間以上続く。
・口腔内に赤色や白色に変化した部分がみられる。
・しこりがある。
・口腔内の通常はツルツルしている部分にザラザラした箇所がある。
・原因のわからない耳や喉のトラブルがある。
・話すときに頻繁に声がかすれる。

情報元:米国歯科医師会(ADA)(HealthDay News 2017年11月10日)

https://consumer.healthday.com/cancer-information-5/mouth-cancer-news-103/health-tip-recognize-symptoms-of-oral-cancer-727940.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




「健康リテラシー」とは

健康リテラシーとは、健康に関する情報やサービスを必要に応じて入手し、十分な情報に基づいて適切な意思決定ができる能力のことです。

しかし米国では、成人の約5%は健康リテラシーが乏しいといいます。

健康リテラシーが低いと慢性疾患の十分な管理ができず、健康的な生活を送ることができない可能性もあります。その結果、健康状態がさらに悪化し、ますます頻繁な通院が必要となる可能性が高いと、保健機関は注意を呼びかけています。

情報元:米国立衛生研究所(NIH)(HealthDay News 2017年11月7日)

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/miscellaneous-479/health-tip-defining-health-literacy-727934.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




禁煙の効果はこんなにある

たばこの害は十分に証明されていますが、たばこを止めるとどんな効果があるかも知っておきましょう。

・肺がんをはじめ、さまざまながんのリスクが低減されます。
・禁煙から2年以内に心疾患や脳卒中のリスクが低減されます。
・咳、喘鳴、息切れなどの呼吸器症状が緩和されます。このような症状は禁煙しても完全には消えないかもしれませんが、喫煙を続ければ急速に症状が進行するでしょう。
・命の危険もある慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの肺疾患リスクが低減されます。
・不妊リスクも低減されます。女性は妊娠中に禁煙すれば、低出生体重児が生まれるリスクも低下します。

情報元:米疾病対策センター(CDC)(HealthDay News 2017年11月6日)

https://consumer.healthday.com/cancer-information-5/misc-tobacco-health-news-666/health-tip-stop-smoking-727933.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




紫外線を避けて皮膚がんを予防

日光に含まれる紫外線 (UV)は皮膚がんの主な原因となります。紫外線の影響を最小限にとどめるため、以下のようにしっかり対策しましょう。

・紫外線が最も強くなるのは午前10時から午後4時です。この時間帯に外出する場合は、できる限り日陰で過ごしましょう。
・屋外に出るときは、常に日焼け止めを使用しましょう。
・できる限り肌の露出の少ない衣服を着用しましょう。
・頭部、首、顔を守るため、つばのある帽子をかぶりましょう。
・紫外線を遮断するサングラスを着用しましょう。

情報元:米国がん協会(ACS)(HealthDay News 2017年10月31日)

https://consumer.healthday.com/cancer-information-5/sunburn-and-tan-health-news-647/health-tip-avoid-uv-radiation-727688.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.