image_print

睡眠薬が必要なとき(2007.3.29掲載)

不眠を解消するのに、必ずしも処方睡眠薬が最良の手段であるとは限らない。人によっては食事、運動、睡眠環境などの行動面を改善する方が、有効でリスクも少ない。 米国立睡眠財団(NSF)によると、処方睡眠薬の使用に適しているのは […]

Read More

MRI検査を受けてはいけない人(2007.3.15掲載)

MRI(磁気共鳴画像診断)は、臓器をはじめとする体内の組織を詳細に見ることができる診断方法である。 ほとんどの人が問題なく使用できるものの、MRIは誰にでもお勧めというわけではない。 米ペンシルベニア州立大学Milton […]

Read More

受診が必要な咳(せき)(2007.3.8掲載)

咳(せき)が3週間以上続くときは、医師を受診する方がよい。 米国家庭医学会(AAFP)によると、このほかにも、医師の診察を要する咳には以下のような徴候があるという: ・粘性の黄色ないし緑色の喀痰(かくたん)。・呼吸に伴う […]

Read More

胎児の超音波検診(2007.3.5掲載)

産科的超音波検査は、高周波の音波を利用して子宮内の胎児の画像を映し出す走査法で、胎児の健康確認のため、妊娠期間中、間隔を開けて行われる。 北米放射線医学会(RSNA)によると、超音波診断で以下のことが確認できる: ・&n […]

Read More

失神の対処法(2007.3.1掲載)

失神は、主に脳への血流の不足が原因で生じる一時的な意識の喪失である。米国立医学図書館(NLM)は、失神を起こした人には以下のように対処することを勧めている: ・呼吸があること、負傷や出血がないこと、すぐに意識が回復したこ […]

Read More

経口避妊薬の副作用(2007.2.26掲載)

多くの女性は、特に問題もなく経口避妊薬を服用しているが、体が薬によるホルモン変動を調整しようとする際に、副作用が発現する場合がある。

Read More

マンモグラフィー受診にあたっての心得(2007.2.5掲載)

40歳以上の女性は、乳癌(がん)検査のために1~2年に1度マンモグラフィー(乳房撮影)を受けるよう勧められている。

Read More

NSAIDを使用すべきでないケース(2007.2.22掲載)

非ステロイド性抗炎症薬(non-steroidal anti-inflammatory drugs; NSAIDs、エヌセイド)は、痛みや腫れの治療に一般的に使用される薬剤である。

Read More

(2007.1.22) 朝食は抜かない

朝食を抜く習慣のある人は、その習慣を考え直す必要がありそうだ。 米Rutland地域医療センター(バーモント州)は、朝食には健康面での効果があり、体重管理の助けになるという。 これまでの研究で明らかにされていることは:・ […]

Read More

(2007.01/02) 胸やけ治療薬の副作用

胸やけの治療によく用いられる制酸薬などの薬剤は、不快な副作用をもたらすことがある。 米国家庭医学会(AAFP)によると、胸やけの薬を使用して以下のような症状がみられるときは医師に相談する必要があるという:・頻繁な頭痛・吐 […]

Read More