image_print

A1c検査とは(2006.12.07掲載)

糖尿病患者の多くは毎日自宅で血糖値をチェックしているが、医師にとっては患者の長期的な疾患管理の状態を知ることも重要である。 A1c検査は、糖化ヘモグロビンまたはHbA1c(検査)とも呼ばれ、過去120日(赤血球のおおよそ […]

Read More

ビタミンCが欠乏しやすい人(2006.11.27掲載)

ビタミンCには、体が創傷から回復するのを助ける重要な働きがある。しかし、米国立医学図書館(NLM)によると、健康状態によってはビタミンCが不足し、サプリメント(栄養補助食品)を利用する必要があるという。 以下にあてはまる […]

Read More

白血病の症状(2006.11.23掲載)

白血病は、異常な白血球が増大することにより生じる血液の癌(がん)である。 米カリフォルニア大学サンフランシスコ小児病院によると、よくみられる白血病の危険信号には以下のようなものがある: ・貧血により、皮膚が青白くなり、脱 […]

Read More

食事日誌をつける(2006.11.20掲載)

食事日誌は、減量を行う上で優れたツールになる。1週間や1日単位での食事内容を認識できるだけではなく、カロリー計算により、わずかと思える間食でも体重に大きな影響を与えることが良く分かる。 米国家庭医学会(AAFP)は以下の […]

Read More

細菌性とウイルス性の違い(2006.11.17掲載)

細菌(バクテリア)性感染症とウイルス性感染症の症状は類似しているが、治療法は異なる。知っておくべき点は、抗生物質(抗菌薬)が有効なのは細菌感染症のみで、ウイルス感染症には効果がないこと。 National Informa […]

Read More

血栓と塞栓の違い(2006.11.16掲載)

血液が凝固してできる塊を血餅(けっぺい、clot)という。この血餅には、形成される部位や形成のされ方によって異なる呼び名がある。 米国立医学図書館(NML)によると、血管または心臓内で形成され、他の部位に移動しないものを […]

Read More

肺高血圧症とは(2006.11.10掲載)

肺高血圧症は、肺動脈が狭窄して、心臓から肺への血流が妨げられることで発生する。狭窄した肺動脈の血圧は上昇し、その結果、右心室が衰弱して機能不全を起こす。 米クリーブランド・クリニック(オハイオ州) 健康情報センターは、症 […]

Read More

湿疹の発生を防ぐ(2006.11.08掲載)

湿疹は、皮膚が部分的に赤くなり、刺激および痒みを生じる疾患である。気候、ストレスまたは洗剤のような特定の物質が引き金となって突発的に発生する。 米プリンストン大学(ニュージャージー州)ヘルスサービスは、湿疹の発生を予防す […]

Read More

コンピューターによる眼精疲労を防ぐ(2006.10.31掲載)

コンピューターの画面を長時間連続して見ていると、眼精疲労を起こしやすくなる。米国失明予防協会は、仕事場の環境を少し変えるだけで、眼精疲労を予防できるとしている。 同協会の助言は:・ スクリーンは、顔から約50~66cmの […]

Read More

肺炎の危険信号(2006.10.30掲載)

肺炎は、ウイルス、細菌、真菌などの感染により肺の内面に炎症が生じる疾患で、迅速な治療が不可欠である。米国立医学図書館(NML)によると、以下のような徴候には注意が必要である: ・緑色や黄色の痰(たん)を伴う咳または喀血。 […]

Read More