image_print

夢遊病児への対処法(2006.10.19掲載)

小児の夢遊歩行は珍しくないが、多くは10代になると治まる。 寝室を歩き回るだけの場合もあるが、階段を下りようとしたり、外へ出ようとするなど、危険な行動を見せる子供もいる。 小児の健康医療サービスを提供する非営利団体のNe […]

Read More

前立腺癌(がん)に打ち勝つ「7つの鍵」(2006.10.19掲載)

米ジョンズ・ポプキンス大学(ボルチモア)の健康情報サイト「Health Alerts」が、同大医学部と共同で発行した報告書「前立腺癌(がん)治療の7つの鍵(The 7 Keys to Treating Prostate […]

Read More

褥瘡(じょくそう)の予防(2006.10.12掲載)

褥瘡(床ずれ)は、血液供給が不十分な部位に発生する皮膚の外傷で、けがや疾患のため自分自身で自由に動けない患者に多く発症する。 米メリーランド大学医療センター(メリーランド州)は、動けない人や疼痛感覚のない人の痛みや危険性 […]

Read More

アルコールと薬剤の併用は要注意(2006.10.09掲載)

忘れられがちだが、市販薬や処方薬の多くはアルコールと併用すると重大な相互作用を生じる可能性がある。市販薬でも処方薬でも、何らかの薬剤を服用している人は、飲酒の前に医師に相談する必要がある。 米国アルコール乱用・依存症研究 […]

Read More

足底いぼの治療(2006.10.05掲載)

足底いぼは足裏に発生するウィルス性皮膚感染で、共同のシャワーやロッカーを素足で歩くことで容易に感染する。 このいぼは、「たこ」に似た外観だが、たこでは通常見られない、毛細血管の黒い斑点が認められる。 歩くと非常に強い痛み […]

Read More

赤ワインは体によい(2006.10.02掲載)

赤ワインは、食事とともに楽しめる味わい深い飲み物というだけでなく、フラボノイドと呼ばれる抗酸化物質を豊富に含んでおり、心臓を保護する働きをもつ。 最近の研究で、赤ワインを飲むと(ただし1日にグラス1杯[4オンス、約120 […]

Read More

バレット食道(2006.09.29掲載)

バレットBarrett's食道は、慢性胃食道逆流性疾患(GERD)や炎症性食道などで食道を覆う細胞が損傷し、細胞異常を来す疾患で、食道癌(がん)に進展する可能性がある。 米オハイオ州立大学医療センターによると、バ […]

Read More

顔面紅潮(のぼせ)の対処法(2006.09.27掲載)

顔面紅潮(こうちょう)はのぼせとも呼ばれ、閉経に伴って生じる症状の一つで、特に顔面、首、胸部にほてりや紅潮が現れる。このほか、発汗、冷感、頻脈などの症状がみられる。 ごく軽いのぼせであれば、冷水を飲む、風にあたるなど、家 […]

Read More

膀胱の過剰活動(2006.09.20掲載)

膀胱の過剰な活動は、膀胱が満杯になり排泄が必要なときよりも、尿の収集中に膀胱筋の収縮により発生しやすい。このため昼夜を問わず、頻繁に、切迫した尿意に襲われる。 米国泌尿器学会(AUA)によると、患者の中には遺伝的傾向の高 […]

Read More

子供の構音障害の見分け方(2006.09.18掲載)

構音(言語)障害は小児の口唇、歯、舌、軟口蓋(こうがい)の発達異常によって生じることが多い。また、聴覚障害や発語に関わる神経症状が原因となることもある。 特定の音や音の組み合わせが発音しにくい、舌がもつれる、どもるなどの […]

Read More