image_print

尿失禁(2006.08.16掲載)

尿失禁は、膀胱から尿が漏れたり、尿意をコントロールできなくなることで生じる。男性よりも女性に多く、特に出産後の中高齢の女性によくみられる。 筋肉の衰えや老化が原因であることが多いが、米保健社会福祉省(HHS)によると、こ […]

Read More

肺塞栓症とは(2006.08.11掲載)

肺塞栓症は、体のある部位(多くは脚)で発生した血栓が肺に達することで発症する。この血栓が肺動脈に定着して血流をふさぎ、肺などの臓器に深刻な損傷を与える。肺塞栓症は死に至る危険性がある。 米国心肺血液研究所(NHLBI)に […]

Read More

心房細動の治療法(2006.08.10掲載)

心房細動(AF)は、心臓上部にある2つの部屋である心房に不規則で無効な収縮が生じるものである。心臓から血液が正しく送り出されないため、危険な血栓の形成を招き、最終的には脳卒中に至ることもある。 米国心臓協会(AHA)は、 […]

Read More

パニック障害を見逃さない(2006.08.02掲載)

パニック障害は、重いストレスや、結婚、子どもができるというような人生での大きな出来事がきっかけとなり発症する。パニック障害の特徴は、人により異なるパニック発作(突然襲ってくる強い恐怖感)が生じることである。 米国精神医学 […]

Read More

子供の偏平足は心配ない(2006.08.02掲載)

子供の偏平足は、足関節の接合がゆるいことで発生する。座っているときには正常に見えても、立って足に体重が乗ると、土踏まず部分が落ちてくる。偏平足は片足か、あるいは両足に生じる。 米国家庭医学会(AAFP)によると、2~3歳 […]

Read More

夏場に多い腎臓結石(2006.07.27掲載)

ピクニック、野球、腎臓結石の共通点は何か。答えは、いずれも夏場によくみられることである。 腎臓結石が夏に多い理由は、水分摂取量と関係があり、気温の高さを十分補う量の水を飲まない人が多いためだと、米ベイラーBaylorメデ […]

Read More

ジェネリック医薬品の活用(2006.07.26掲載)

処方薬の価格が上昇し続ける中、患者も医師もジェネリック(後発)医薬品を求める傾向が増えている。しかしこうした医薬品は、開発メーカーのものと違いはないのだろうか? 米食品医薬品局(FDA)は、同じものだという。両者は、化学 […]

Read More

アルツハイマー病患者の徘徊(はいかい)を減らす(2006.07.18掲載)

徘徊(はいかい)は、アルツハイマー病では一般的だが、危険な症状でもある。患者は、突然外出して道に迷い、自分の居所がわからずに怯(おび)えて混乱する。多くは、どこへ行こうとしているかさえ知らない。また、身元や住所も言えない […]

Read More

血糖値の自己測定(2006.07.17掲載)

糖尿病の人なら、血糖値が危険なレベルまで上昇ないし低下するのを防ぐために、定期的な血糖値の測定が重要であることはすでに知っている。 正確な測定値を得るためには、適切な機器を正しく使用することが重要である。米国家庭医学会( […]

Read More

統合失調症(2006.07.12掲載)

統合失調症は、認知機能、情緒(感情)安定性、現実認識に影響を与える脳障害で、患者の多くは、10代か20代前半で症状が現れる。米国立精神疾患同盟(NAMI)によると、一般的な症状として、妄想、幻覚、コミュニケーション困難、 […]

Read More