image_print

NSAIDを使用すべきでないケース(2007.2.22掲載)

非ステロイド性抗炎症薬(non-steroidal anti-inflammatory drugs; NSAIDs、エヌセイド)は、痛みや腫れの治療に一般的に使用される薬剤である。

Read More

(2007.1.22) 朝食は抜かない

朝食を抜く習慣のある人は、その習慣を考え直す必要がありそうだ。 米Rutland地域医療センター(バーモント州)は、朝食には健康面での効果があり、体重管理の助けになるという。 これまでの研究で明らかにされていることは:・ […]

Read More

(2007.01/02) 胸やけ治療薬の副作用

胸やけの治療によく用いられる制酸薬などの薬剤は、不快な副作用をもたらすことがある。 米国家庭医学会(AAFP)によると、胸やけの薬を使用して以下のような症状がみられるときは医師に相談する必要があるという:・頻繁な頭痛・吐 […]

Read More

無視できない歯肉出血(2006.12.26掲載)

歯肉からの出血は、歯科疾患や歯周病を示す危険信号。米国立医学図書館(NML)によると、歯肉線沿いに蓄積したプラーク(歯垢)がしばしば出血の原因となる。 プラークは、適切に処置をしないと、硬化して歯石となり、除去が困難にな […]

Read More

牛乳アレルギーと乳糖不耐症の違い(2006.12.25掲載)

乳糖(ラクトース)不耐症と牛乳アレルギーはどう違うのか。 小児の健康医療サービスを提供する米国の非営利団体Nemours Foundationは、以下のように解説している: ・牛乳アレルギーは牛乳に含まれる蛋白(たんぱく […]

Read More

二日酔いの対処法(2006.12.18掲載)

職場の宴会で羽目を外しすぎ、二日酔いで辛い休日を過ごす人が、してよいことといけないことについて、米アラバマ大学(バーミンガム)は以下のように助言している: ・体調を改善させようと翌日、さらに飲酒してはいけない。「迎え酒」 […]

Read More

トランス脂肪酸とは(2006.12.14掲載)

水素添加油脂とも呼ばれるトランス脂肪酸は、食用油の生成過程で形成、含有される人工合成物質。これらは、悪玉(LDL)コレステロールを増加させ、善玉(HDL)コレステロールを減少させる。 トランス脂肪酸は、濃くて硬いことから […]

Read More

セカンドオピニオン:いつ別の医師に相談すべきか(2006.12.11掲載)

医師から特定の疾患や健康状態についての診断を受けたとき、他医を受診してセカンドオピニオンを求める方がよいのではないか、と思うことがある。 米ワシントン大学医学部によると、以下のような場合はセカンドオピニオンを受けるのが適 […]

Read More

虚血性脳卒中の警告的徴候(2006.12.11掲載)

一過性脳虚血性発作(TIA)は、しばしば重症の虚血性脳総卒中の前ぶれとなる。 すべての虚血性脳卒中でTIAが前兆になるとは限らないが、TIA経験者では前ぶれの警告的徴候として理解したほうがよい。米国心臓協会(AHA)は、 […]

Read More

末期の腎疾患(2006.12.08掲載)

腎不全とも呼ばれる末期腎疾患(ESRD)は、腎障害が重篤になり、腎機能が正常時の10%未満にまで低下した場合に発症する。ESRDでは、腎臓は老廃物を体外に排出し、体液を調整することがほぼ完全に不可能になる。 米国立医学図 […]

Read More