image_print

子供を医師に診せるタイミング(2007.4.2掲載)

子供に下痢や嘔吐がある場合、いつ医師の所に連れて行けばいいのだろうか。 米国家庭医学会(AAFP)は、下痢や嘔吐の症状に加え、下記項目に当てはまるものがある場合は、直ちに小児科(内科)医の診断を受けるよう勧めている: ・ […]

Read More

子どもの自尊心を育む(2007.3.13掲載)

適正な自己評価ができれば、子どもは健全な判断力をもつことができ、マイナスの圧力を避けることもできる。自己評価の高い子どもは、悩みや葛藤(かっとう)にも少ない負担で対処することができる。 米国の非営利団体Nemours F […]

Read More

一時的なダイエット法には要注意(2007.3.26掲載)

一時的なダイエット法とは、素早く劇的に体重を落とす減量プラン。米国家庭医学会(AAFP)は、こうしたダイエット法は、長期的に減量効果が出ることはまれで、逆に有害な結果をもたらす可能性があると忠告している。 AAFPによる […]

Read More

骨粗鬆(しょう)症とともに暮らす(2007.3.19掲載)

骨粗鬆(しょう)症は、骨密度が低下し、骨梁(りょう)が薄くなることで発症する。加齢による発症が多いが、新しい骨の生成不足や、体による再吸収が過剰な場合にも発症する。 骨粗鬆症治療は通常、骨折やそれ以上の骨の損失を避けるこ […]

Read More

白内障の症状(2007.3.12掲載)

白内障に罹患すると、眼の水晶体が曇り、視力に影響が出るようになる。両眼に発生することもあるが、片方の白内障がもう片方に広がることはない。 患者のほとんどは高齢者で、治療法にはレンズによる矯正か手術がある。米国立眼研究所( […]

Read More

睡眠薬が必要なとき(2007.3.29掲載)

不眠を解消するのに、必ずしも処方睡眠薬が最良の手段であるとは限らない。人によっては食事、運動、睡眠環境などの行動面を改善する方が、有効でリスクも少ない。 米国立睡眠財団(NSF)によると、処方睡眠薬の使用に適しているのは […]

Read More

MRI検査を受けてはいけない人(2007.3.15掲載)

MRI(磁気共鳴画像診断)は、臓器をはじめとする体内の組織を詳細に見ることができる診断方法である。 ほとんどの人が問題なく使用できるものの、MRIは誰にでもお勧めというわけではない。 米ペンシルベニア州立大学Milton […]

Read More

受診が必要な咳(せき)(2007.3.8掲載)

咳(せき)が3週間以上続くときは、医師を受診する方がよい。 米国家庭医学会(AAFP)によると、このほかにも、医師の診察を要する咳には以下のような徴候があるという: ・粘性の黄色ないし緑色の喀痰(かくたん)。・呼吸に伴う […]

Read More

胎児の超音波検診(2007.3.5掲載)

産科的超音波検査は、高周波の音波を利用して子宮内の胎児の画像を映し出す走査法で、胎児の健康確認のため、妊娠期間中、間隔を開けて行われる。 北米放射線医学会(RSNA)によると、超音波診断で以下のことが確認できる: ・&n […]

Read More

失神の対処法(2007.3.1掲載)

失神は、主に脳への血流の不足が原因で生じる一時的な意識の喪失である。米国立医学図書館(NLM)は、失神を起こした人には以下のように対処することを勧めている: ・呼吸があること、負傷や出血がないこと、すぐに意識が回復したこ […]

Read More