image_print

無症状のまま蔓(まん)延する性器ヘルペス(2006.07.11掲載)

性器ヘルペスは、性感染するウイルスが原因の疾患で、多くの場合、性器や肛門またはその周辺に水疱(すいほう)が生じる。この水疱が破れると、痛みを伴うびらんとなり治癒には数週間を要する。時間がたつにつれ水疱の発生が軽度になり、 […]

Read More

虫刺されの対処法と防止法(2006.07.08掲載)

楽しい夏を虫に台無しにされないためにはいくつかのポイントがある。大部分の人では、虫にかまれたり、刺されたりしても局部的な反応ですむが、人口の約 3%の人では、発疹や蕁(じん)麻疹などのアレルギー反応を来たすことがあり、医 […]

Read More

ビールは健康によいか?(2006.07.06掲載)

ビールを飲んで得られるものは、ビール腹以外にもあるようだ。 米タフツ大学(マサチューセッツ州)Friedman栄養科学政策学部によると、ビールにはカルシウムをはじめとするミネラル類の骨組織への蓄積を助ける成分が高濃度に含 […]

Read More

関節リウマチ(2006.06.28掲載)

関節リウマチ(RA)は主に関節が侵される慢性疾患である。 米関節炎財団によると、痛みはどの関節にも生じるが、指、手および手首に出ることが多いという。他の症状として、こわばり、インフルエンザ様の痛み、熱および筋肉痛などがあ […]

Read More

A型肝炎の予防(2006.06.28掲載)

A型肝炎ウイルスは、子供、大人を問わず感染するが、1歳以上であればワクチンによる感染予防が可能である。ウイルスは人から人へ感染し、口や手の接触を介することが多い。 米疾病予防対策センター(CDC)によると、A型肝炎は慢性 […]

Read More

子供に十分な睡眠をとらせるための工夫(2006.06.22掲載)

子供を寝かせつけたり、十分な睡眠をとらせることに苦労している親に対して、米国立睡眠財団(NSF)は、子供に毎晩決まった行動をさせることを奨励している。 子供の標準的な就寝時間を設定し、1週間を通じて毎夜守らせるようにする […]

Read More

カフェインの摂り過ぎに要注意(2006.06.19掲載)

朝のコーヒーやお茶から、ランチタイムの炭酸飲料、おやつのチョコレートまで、カフェインは多くのものに含まれている。頭痛薬などの鎮痛薬にも含まれる。 米国立医学図書館(NLM)によると、カフェインは中枢神経系を刺激する物質で […]

Read More

慢性疲労症候群の症状と治療法(2006.06.14掲載)

米疾病対策予防センター(CDC)によると、慢性疲労症候群(CFS)は、極端な疲労感が6カ月以上続き、他の疾患が原因とは考えられない疾患である。CFSの症状は、睡眠で改善することはなく、身体的活動によって悪化する。 疲労以 […]

Read More

皮膚癌(がん)の自己チェック法(2006.06.14掲載)

皮膚癌(がん)を予防する最良の方法の一つは、定期的に自分の皮膚を調べることである。米国皮膚癌財団による、自己チェックのポイントを以下に示す: ・皮膚の色が濃くなっている部分、不規則なほくろや新しいほくろ、その他、新しいで […]

Read More

ハーブサプリメントの摂取は慎重に(2006.06.07掲載)

ハーブサプリメント(栄養補助食品)製造者は、関節炎、頭痛、風邪などの疾患や症状の治療や予防にサプリメントが役立つと宣伝するが、米国家庭医学会(AAFR)は、摂取するならば、自分の病気について事前にしっかり調べるべきだと忠 […]

Read More