image_print

バレット食道(2006.09.29掲載)

バレットBarrett's食道は、慢性胃食道逆流性疾患(GERD)や炎症性食道などで食道を覆う細胞が損傷し、細胞異常を来す疾患で、食道癌(がん)に進展する可能性がある。 米オハイオ州立大学医療センターによると、バ […]

Read More

顔面紅潮(のぼせ)の対処法(2006.09.27掲載)

顔面紅潮(こうちょう)はのぼせとも呼ばれ、閉経に伴って生じる症状の一つで、特に顔面、首、胸部にほてりや紅潮が現れる。このほか、発汗、冷感、頻脈などの症状がみられる。 ごく軽いのぼせであれば、冷水を飲む、風にあたるなど、家 […]

Read More

膀胱の過剰活動(2006.09.20掲載)

膀胱の過剰な活動は、膀胱が満杯になり排泄が必要なときよりも、尿の収集中に膀胱筋の収縮により発生しやすい。このため昼夜を問わず、頻繁に、切迫した尿意に襲われる。 米国泌尿器学会(AUA)によると、患者の中には遺伝的傾向の高 […]

Read More

子供の構音障害の見分け方(2006.09.18掲載)

構音(言語)障害は小児の口唇、歯、舌、軟口蓋(こうがい)の発達異常によって生じることが多い。また、聴覚障害や発語に関わる神経症状が原因となることもある。 特定の音や音の組み合わせが発音しにくい、舌がもつれる、どもるなどの […]

Read More

睡眠時無呼吸とは(2006.09.15掲載)

睡眠時無呼吸は、睡眠中に呼吸が止まる疾患で、呼吸停止は最大で30秒間続く。呼吸が止まるたびに、夜何度も目覚めることになり、睡眠不足を生じる。 ほとんどは「閉塞性睡眠時無呼吸」と呼ばれるもので、これは喉(のど)の中で何かが […]

Read More

BMIの算出方法(2006.09.13掲載)

肥満指数として用いられるBMI(ボディマス・インデックス)は、身長と体重の比から、体重が適正であるかを判定する計算方法である。 糖尿病、高血圧症、心疾患など、肥満が原因となる疾患のリスクを予測するために用いられることが多 […]

Read More

先天性欠損の予防(2006.09.07掲載)

先天性欠損には、遺伝的要因、環境的要因、原因不明な要因以外に、母親の生活行動が出産異常のリスクを高める。 小児の健康医療サービスを提供する非営利団体のNemours Foundation(米デラウェア州)は、健康な出産を […]

Read More

カルシウムの重要性(2006.09.05掲載)

カルシウムは、丈夫な骨、強く健康な歯、正常な筋肉や組織の形成と維持に不可欠なミネラルである。 高齢期の骨を保護し、骨粗鬆(しょう)症を予防するためには、若年期(特に青年期)に十分なカルシウムを摂取することが重要である。 […]

Read More

慢性腎疾患が心臓の負担に(2006.08.31掲載)

慢性腎疾患は、腎臓が体内のミネラルと水分のバランスを正常にコントロールできなくなることで発症する。その際、腎臓は体内の老廃物を効率的に排出する能力も失ってしまう。 米国腎臓財団(NKF)は、腎疾患を治療せずに放置しておく […]

Read More

十分な食物繊維の摂取を(2006.08.29掲載)

食物繊維には、コレステロールの低下を助ける作用や、心疾患および糖尿病のリスクを軽減させる働きがあることがわかっている。 健康的な食生活に欠かせない食物繊維は、さまざまな食材に含まれているほか、サプリメント(栄養補助食品) […]

Read More