image_print
1HDN6月14日「パッケージニュース」No. 3

子どもへの性的虐待、経済的な影響も甚大

子どもへの性的虐待は、その後の子どもの人生に大きな影響を与えることが分かっているが、この問題は国全体の経済にも甚大な影響をもたらすことが米ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のElizabeth Letou […]

Read More
1HDN6月14日「パッケージニュース」No. 4

仕事のストレスで不整脈リスク上昇か

仕事のストレスで参っている人は、この研究結果を知っておいた方がよいかもしれない―。ヨンショーピング大学(スウェーデン)保健福祉学部のEleonor Fransson氏らによる研究から、仕事のストレスが多い人は、過度なスト […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 1

米国同棲カップルの特徴は?

多くの人は、恋人としばらく付き合って「この人」と思えれば、次の段階は結婚と考える。しかし、米国の新たな研究によれば、結婚が唯一の選択肢とは考えていない人も多いという。米疾病対策センター(CDC)による研究で、性的な経験が […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 2

犬がカモメを追い払えば湖岸がきれいに

犬が湖岸の細菌汚染を防ぐかもしれない。カモメの糞によって大腸菌(E. coli)が広がると湖岸を閉鎖することになるが、犬に湖岸を巡回させ、カモメを追い払うことが湖岸閉鎖の減少に有効であることが、新たな研究で示唆された。こ […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 3

「老化する顔の画像」が日焼け抑止に有効か

日焼けを求める「太陽崇拝者」でも、自分の顔が紫外線を浴びて老いていく過程を画像で見せられると、日焼けの習慣を断念する可能性が高まることが、米サンディエゴ州立大学心理学部のAaron Blashill氏らによるランダム化比 […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 4

皮膚がんの診断精度、AIが皮膚科医を上回る

経験豊かな皮膚科医よりも人工知能(AI)の方がメラノーマの診断精度が高い可能性があることが、ハイデルベルク大学(ドイツ)のHolger Haenssle氏らによる研究から明らかになった。この研究では、58人の皮膚科医より […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 1

脳震盪後のフォローアップケアは不十分

米国では、年間数百万人が軽度の外傷性脳損傷(TBI)である脳震盪を起こしているにもかかわらず、患者の多くは適切なフォローアップ治療を受けていないことが、新たな研究で明らかにされた。研究の結果は「JAMA Network […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 2

重症のアトピー性皮膚炎で心疾患リスク増

重症のアトピー性皮膚炎(湿疹)がある人は、心筋梗塞や脳卒中、不整脈といった心血管疾患発症のリスクが高いことが英国の研究で報告された。これらのリスクの上昇は小さいものの、成人の10%にアトピー性皮膚炎がみられることを考えれ […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 3

サプリには心血管疾患の予防効果なし

心臓病予防のためにビタミンやミネラルのサプリメントを使用してもお金の無駄になるだけかもしれない―。2012年以降に発表された179件のランダム化比較試験(RCT)のメタ解析から、マルチビタミンやカルシウムなどの人気のサプ […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 4

HPVワクチンで自己免疫疾患リスク増は認められず

女児への4価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの予防接種は、自己免疫疾患リスクを上昇させなかったという新たな研究の結果が「Canadian Medical Association Journal(CMAJ)」5月2 […]

Read More