image_print
young blond woman having a headache close up

片頭痛予防に携帯型TMS装置が有効か

患者が自宅で使用できる携帯型の単一パルス経頭蓋磁気刺激(sTMS)装置(商品名SpringTMS)が片頭痛の予防に有効であることを示した研究結果が「Cephalalgia」3月4日オンライン版に掲載された。この装置は既に […]

Read More
結婚指輪をした男女の手

いとこ婚の子ども、成人後の精神疾患リスク2~3倍に?

いとこ同士の両親から生まれた子どもは、成人後にうつ病などの気分障害や精神病性障害を発症するリスクが高い可能性があることが、クイーンズ大学(英領北アイルランド)ベルファスト公衆衛生センターのAideen Maguire氏ら […]

Read More
1-1 HDN4月12日「パッケージニュース」No.1

「悪夢のスーパー耐性菌」アウトブレークの可能性も、CDC警告

米疾病対策センター(CDC)は4月3日、全米の保健局から提出された薬剤耐性菌のサンプルを分析した結果、それまで米国ではほとんど確認されていなかった型の耐性遺伝子を保有する「悪夢の細菌(nightmare bacteria […]

Read More
american dollars in the hands

中年期に財産失うと死亡リスク1.5倍に

中年期になんらかの理由で財産のほとんどを失う経験をすると、余命が短縮する可能性があることが、米ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部のLindsay Pool氏らの研究から明らかになった。貯蓄や不動産、株などを含む財産 […]

Read More
33241

高たんぱく質食、高齢男性の筋肉増加にはつながらず

「筋肉量を維持するには、たんぱく質の摂取量を増やせばよい」と考える高齢男性は少なくないだろう。しかし、少なくとも筋肉トレーニングなどの習慣がない高齢男性では、たんぱく質の摂取量を増やしても筋肉量には影響しないことが小規模 […]

Read More
beauty salon, mustache depilation, facial skin treatment and care

女性の多毛症に新ガイドライン、米学会

米国内分泌学会(ENDO)はこのほど、閉経前女性の多毛症の診断と治療に関するガイドラインを10年ぶりに改訂し、全文を「The Journal of Clinical Endocrinology & Metabol […]

Read More
Worried couple doing their accounts in the living room at home

米国民が恐れているのは病気よりも医療費

米国人が恐れているのは病気よりも高額な医療費であることが、米シカゴ大学全国世論調査研究センター(NORC)と米ウエストヘルス研究所のグループが実施した調査で分かった。調査では、医療費の高さを理由に勧められた治療や検査を受 […]

Read More
young female smoker smoking e-cigarette outdoors. Head and shoulders, side view

電子たばこ規制の先延ばしでFDAを提訴、米学会など

米食品医薬品局(FDA)が予定していた電子たばこや葉巻(シガー)の規制を延期したのは違法であり、公衆衛生に脅威をもたらすとして、米国小児科学会(AAP)など複数の学会・団体が3月27日、米メリーランド州の連邦裁判所に提訴 […]

Read More
4.1.1

がん治療薬、「軽い朝食とともに服用」で減量可能か

米国では、前立腺がんの治療でアビラテロン酢酸エステル(商品名ザイティガ)を使用すると、1カ月当たりの治療費は約1万ドル(約106万円)に上る。しかし、軽い朝食とともにザイティガを服用すれば、使用量を減らし、治療費を節減で […]

Read More
1-1 HDN4月9日「パッケージニュース」No.4

歯に貼るだけで食べた物が分かる超小型デバイス開発

歯に貼り付けるだけで食べた物や飲んだ物を識別するセンサーチップを搭載した超小型のウェアラブルデバイスが開発された。このデバイスを歯の表面に装着すると、摂取した食物や飲料に含まれるグルコースや塩分、アルコールの情報が無線で […]

Read More