image_print

股関節骨折が世界的に大発生の兆し(2006.06.16掲載)

  • By

加齢による骨粗鬆(しょう)症の増加に伴い、世界的に股関節骨折がまん延する危機が迫っているという見解が英医学誌「Lancet」6月17日号に 掲載された。オーストラリア王立ノースショア病院のPhilip Sambrook博 […]

Read More

西洋風生活は清潔すぎて病気に弱い(2006.06.16掲載)

  • By

研究室で飼育されたマウスおよびラットを野生のものと比較した研究から、免疫系が自然の病原菌に曝露することによって疾患に対する防御力が形成される、という考えを裏付ける結果が示された。 米 デューク大学(ノースカロライナ州)実 […]

Read More
Image

歯周病は糖尿病や心疾患にも影響(2006.06.15掲載)

  • By

乳口腔内の衛生に留意することは、歯を白くして虫歯をなくすだけではなく、全身の健康も向上させることが、多数の研究で明らかにされている。こうした研究は、同時に歯周病がさまざまな健康障害を引き起こすことを示している。 歯周病は […]

Read More
Image

調合乳の鉄分がパーキンソン病に関与(2006.06.15掲載)

  • By

乳児用調合乳で育った乳児は高容量の鉄分を摂取しており、成人後のパーキンソン病リスクを上昇させる可能性のあることが、マウスの研究で明らかにされた。 米 医学誌「Neurobiology of Aging」オンライン版6月1 […]

Read More
Image

しわの多い喫煙者は肺疾患のリスク大(2006.06.14掲載)

  • By

顔にしわの多い中高年喫煙者は、しわの少ない喫煙者に比べ、慢性閉塞性肺疾患(COPD)にかかる可能性が5倍であることがわかったという。英王立Devon & Exeter病院のBipen Patel博士によるこの研究 […]

Read More

慢性疲労症候群の症状と治療法(2006.06.14掲載)

  • By

米疾病対策予防センター(CDC)によると、慢性疲労症候群(CFS)は、極端な疲労感が6カ月以上続き、他の疾患が原因とは考えられない疾患である。CFSの症状は、睡眠で改善することはなく、身体的活動によって悪化する。 疲労以 […]

Read More

皮膚癌(がん)の自己チェック法(2006.06.14掲載)

  • By

皮膚癌(がん)を予防する最良の方法の一つは、定期的に自分の皮膚を調べることである。米国皮膚癌財団による、自己チェックのポイントを以下に示す: ・皮膚の色が濃くなっている部分、不規則なほくろや新しいほくろ、その他、新しいで […]

Read More
Image

コーヒーが肝硬変リスクを軽減(2006.06.13掲載)

  • By

コーヒーを飲むことで、飲酒による肝疾患を予防できる可能性があるという。米国の非営利医療保険組織Kaiser Permanenteの研究グループによるこの報告は、米医学誌「Archives of Internal Medi […]

Read More

少量の運動でも定期的に行うことで健康増進効果(2006.06.12掲載)

  • By

太り過ぎのいわゆる“カウチポテト族”にとって、「エクササイズ」という言葉は、気忙しいエアロビッククラスやランニング、ジムでの長時間のトレーニングを連想させ、試みる気持ちをくじかせてしまいがちになる […]

Read More
Image

新生児の泣きぐずりは親の抱きパターンと関連(2006.06.09掲載)

  • By

新生児が過剰に泣いたり、夜寝なかったりするのは、親の抱く時間が影響することが、英ロンドン大学研究者のIan St. James-Roberts氏らの研究で明らかになった 今 回の研究でSt. James-Roberts氏 […]

Read More

Search

記事カテゴリ